google 検索アルゴリズム アップデート6月3日の要点
google アルゴリズム

 

2021年6月3日にgoogle 検索のアルゴリズムアップデートで順位が落ちて_| ̄|○ガックリされている方もいることと思いますが、私も含めて、ブログの初心者さんや後発組の人達には未だ先のハナシかもしれません。ただブログ記事のネタには最適なので、まだまだ、先のことかもしれませんが、今回のアルゴリズムアップデートには検索順位に関わる部分が変更・重視されているようなので、その部分を取り上げたいと思います。

google 検索

今回のGoogleのコアアルゴリズムアップデートでは7月以降に検索結果が大きく変わることが予想されるので、SEO担当者の方にとっては、どう影響が出るのか気になる思います。
今回のコアアルゴリズムアップデートは2度に分かれているので、7月以降のサイトの動向に注意が必要です。
コアアップデートの影響を考慮して、今後の行うべきSEO対策担当者の方はぜひ最後まで読んで下さい。

今回のGoogleのコアアルゴリズムアップデートで最も注目すべき点はコア ウェブ バイタル(core web vitals)というWebサイトの健全性を示す重要な指標でしょう。 SEO対策にも役立つ指標で、訪問したユーザーの満足度を高めることにも役立つ指標です。コア ウェブ バイタル(core web vitals)の指標は3つに分かれています。

コア ウェブ バイタル(core web vitals)3つの指標

LCPLargest Contentful Paint)の略称
LCPとは、Webページのメインコンテンツが読み込まれて、ブラウザに表示されるまでの最大の時間です。・・コンテンツに使用されている画像やテキストブロックのレンダリング時間を測定した指標のことです。
LCPの評価を高めるには、ページの読み込みが開始されてから最初の2.5秒以内に最大の要素・・殆どは使用されている画像が表示される必要があります。
LCPの測定は、一定期間不特定多数のユーザーが読み込んだデータをもとに計測がされます。つまり読み込み時間(速度)が早い方が評価が高い。
そこで、GoogleはLCPという評価基準を採用することによって、サイトやブログの読み込みの早いページを優先的に表示させるようになりました。  (コンテンツのスピードテストを行うと・・・  に分類されるテストがあります。)PageSpeed Insights のことです。

FIDFirst Input Delay) の略称
FIDとは、ユーザーがページ内で最初に行ったアクションに対して、ブラウザが反応するまでに要した時間を指した指標のことです。
要はサイト内で最初にユーザーが起こしたアクション時の反応の速さを指します。
反応の数値はミリ秒で計測され、その値が小さければ小さいほど高い評価が得るようです。
ユーザーがリンクをクリックしたり、フォームにテキスト入力した時に、サクっと反応するかどうかを表す指標ですが・・・
高い評価とは計測された数値が100ミリ秒未満で反応することが理想的な値とされています。数値が100ミリ秒未満でれば300ミリ秒未満でれば300ミリ秒以上でればに分類されるテストがあります。

CLSCumulative Layout Shift) の略称
CLSとはコンテンツの執筆者が意図せぬレイアウトの歪みがどれぐらい発生したかを表す指標です。画面の操作中に突然バナー広告が出現し、誤ってユーザーがタップしてしまうことがよくあります。その結果、ユーザーが全く興味のないサイトに飛ばされてしまい、ユーザー体験が損なわれます。
これではユーザーの真の目的を的確に叶えることができませんし、ストレスを与えてしまうことになります。
意図せず発生したズレに対して、その影響範囲の大きさと最大移動距離から独自のレイアウトスコアを算出しています。
そのため値は小さければ小さいほうが高い評価を受けます。数値はスコアで表され、0.1未満が理想的とされています。
このような事例をGoogleのAddy Osmani氏ががTwitterで動画にして紹介してくれています。

google 検索アルゴリズム アップデートの要点

GoogleCore Web Vitalsと以下の「4つのシグナル」を組み合わせて、検索順位の指標として発表しています。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとはWebサイトがスマートフォン対応しているかどうかを評価する指標です。
モバイルフレンドリー化をしていなければ、検索順位の低下などの無視できない影響が出てしまいますので、しっかりと対応しておきましょう。
Webサイトがモバイルフレンドリーなのかどうかはモバイルフレンドリーテストで確認することができます。


HTTPS

HTTPSは「Hypertext Transfer Protocol Secure」の略で、安全にデータをサーバーとWebブラウザなどの間でやり取りする際の「通信手順」を意味します。
ページのURLがhttps~ではなくhttp~で始まっている場合は、第三者によるデータの閲覧・改ざんのリスクにもなるため、対応が必要です。
詳しくはHTTPS でサイトを保護するをご確認下さい


セーフブラウジング

セーフブラウジングとは悪意あるコードやソフトウェアなどによって感染したWebサイトや不正なWebサイトにアクセスした時に、ブラウザ上に警告を表示させる仕組みのことを指します。
Webサイトが安全に閲覧できるかどうかの確認は「セキュリティの問題」レポートをご覧ください。


邪魔をするインタースティシャルがない

インタースティシャルとは「隙間」のことで、邪魔をするインタースティシャルがないとは「ページのコンテンツにユーザーが容易にアクセスできること」を示します。
どれだけインタースティシャルによってコンテンツへのアクセスが困難になるか?は下記のページ(日本語未対応)が参考になります。https://eow.alc.co.jp/search?q=interstitial

googleアルゴリズム

 

【まとめ】

今回のアップデートは6月と7月にかけてアルゴリズムのアップデートがされるようです。 わかり易い周知があったり、1度目のアップデートで起きた順位変動が翌月もあると思うと何故か暗い気分になります。コアアルゴリズムアップデートの度に、他のサイトやブログで云われてわれていると思いますが、アップデート後の順位変動に一喜一憂していてはいけません。

最もグーグルが今回のアップデートで言いたいのは「ユーザーファースト」の姿勢です。今後は【 コア ウェブ バイタル(core web vitals)3つの指標 】がGoogleのコンテンツ作りの指標となるでしょう。

Googleが云っているようにコンテンツやユーザーファーストの姿勢に配慮し、ユーザーが求めている情報を提供しようという姿勢を心掛けておけば、必ず上位表示されるようになっていきます。コンテンツやユーザーファーストの姿勢は幾つもできるものではありませんが、執筆者や管理者・担当者の方はどっしりと構えて、「これだけ対策したのだからアップデートがきたら自サイト自社サイトの検索順位は必ず上位になる」といえる内容にしておくことが大切です。

当ブログ記事の「ブログ集客方法はSEOとタイトル情報が鍵!知らないと絶対損してる」にはグーグル検索で上位表示される為に必要な基礎知識11項目+αが明記してあちます。
勿論、検索順位でも1位と2位です。
コンテンツやユーザーファーストの姿勢を具体的な方法で解り易く示しているので誰でも判ると思います。「本当にブログ集客方法はSEOとタイトル情報が鍵!知らないと絶対損してる」の中のブログアフェリエイト初心者さんや後発組の人達がアフェリエイトで収入を得る為に身に付けるべき基礎知識ですので、しっかり工夫して自分のサイトやブログに落とし込んで下さい。