経済産業省の資料(pdf)には「サラリーマン家庭とう概念に付きもののサラリーマンの妻は専業主婦で定年後は夫と共に年金暮らし」という「昭和の人生すごろくのコンプリート率は既に低い」とか「人生100年時代では二毛作三毛作が当たり前」とか「人類が経験したことのない変化に直面したにもかかわらず、日本の社会システムは変化できていない。」などの文章が書かれています。
つまりは、既に「未来」は始まっているのです。私を含む「昭和時代の生残り世代」「上の世代」は余生は「国」が面倒をみてくれると不安を感じながらも高を括っています。


1970年には納税できる若者の8.5人が1人の高齢者を支えている状況でしたが
👇
2025年には納税できる若者の2.1人が1人の高齢者を支えるようになり
👇
2035年には納税できる若者の1.2人1人の高齢者を支える状況になると予想され
既に現在の年金システムでは維持できないのが判ります。


日本の国が財政的にもグレーであり、将来性もグレーであり、出生率も下がり「老齢化社会」を支える「若い人世代の就業率」も低下している現在、「65歳定年退職ののち、その後は年金生活が始まる」というのは、もはや幻想です。システムは選択性に変わり、既に現実的ではありません。

人生 100 年 時代

特に現在50歳代のミドル世代の人達は色々な意味で「成功」している方々は選択肢が幾つも有り、将来的に困ることは無いだろうと思いますが、「人生100年の時代」は働いても働いても、生活が豊かに成るのはテレビドラマの世界だけです。今後の100年時代は個人がビジネスに必要な多様なスキルと経験やキャリアを持つ者が組織や企業に必要な人材とされ、ビジネスマンとして経営(マネジメント)にも関わり企業を成長させる人物(ビジネスパーソン)として社会から活躍する社会人として賞賛をうけるような時代になるかもしれません。


当ブログ記事の「オックスフォード大学も認定した10年後の未来に無くなる職業とは」にも書きましたが、今後の企業や組織に必要なのはビジネスのスリム化を図るために経営と業務へ、AIの導入による将来に予想されるコストの削減と従業員の職場への満足度の向上です。経営サイドが問題を改善するために最も始め易いのが、AIの導入による職場の改善なようです。


最近では小学生の教育という名目でパソコンを怖いがらない為のカリキュラムとして小学校からプログラミングの授業が必修化され、子ども保護者も、この流れには賛成なようですし、たま~に無料体験学習と銘打って全国展開しているような学習スクールで子どもたちにプログラミング言語のレッスンを展開っしているようです。


てなワケで、私もプログラミングを学んだせいか、PC言語には少々ウルさいのですが、最近のコンピュウータ開発は正に日進月歩です。「量子コンピュウータ」は既に技術的には開発されていて、その処理速度は既存のコンピュウータの1億倍以上だそうで、従来型のコンピュウータの計算速度では2年半は掛かる「問題」も「量子コンピュウータ」に掛かると2.3秒で「問題」を処理したそうです。(@_@)

人生100年の時代の会社や仕事や副業と企業が欲しがるスキルはこれ1択です。

スキル

人生100年時代に合う副業とスキルとして挙げられるのは「ITスキル」これ1択です。近未来に予想される職場へのAIの進出ですが、「AI」を理解出来る能力は「ITスキル」だけですし、費用対効果いや投資対効果がべらぼうに効果の幅が大きく、「お得」と言える一生もんのスキルであることは間違いないでしょう。


「ITスキル]と聞くとやたらと難しく感じられると思いますが、正直なところ、一番、大切な能力は飽きない・しょげない・腐らない 、などの粘り強さだと・・40年以上の経験から浮かぶ想いです。私は今迄に本格的なプログラミングの勉強の為に教室通った経験は一瞬と言えますが、その時に出来た友人とは今でも交流(やり取り)があります。どうしても解らないプログラミングコードやソースなどの理解へのヒントをもらったり、人脈を紹介し合ったり、くだたない企業の情勢や業界の動向などをメールやスカイプでやり取りしています。・・これが結構イイ息抜きや豆知識として役立っています。


実は今どきのネットワーク環境を駆使すれば解らない事などは粗、ありませんが、「答」に行き着くまでに掛かる時間は不確定極まりない状況です。私の様な「ぷ~」ならば時間が有り余っていますが、時間に余裕が無い人はプログラミングスクールやパソコン教室に通うのが効率的で結局は安上がりの方法だと60歳を越した今は思います。

会社の仕事を変えたい(転職)ならキャリアアップが重要です。

自分の履歴書書けるビジネスや可能性の項目を増やしたいのならば、会社や企業での経験は重要ですが、そんな経験は若いうちから有る方が稀であり、貴重なのです。ですから「無いものは作る」という原則と考え方が役職世代には好まれることを知って下さい。


「無いものは作る」という原則と考え方を自分に置き換えればビジネスにおけるゼロから1を生むには知識が最重要であることが判ります、判れば、自分(アナタ)が行うべき事は知識を身に付ける為に学ぶ事が最重要であることは明白です。知識は今の社会において企業や仕事においては欠かすことの出来ないパスポートであることは間違いありません。自分のお給料(お金)の額に不満があったり、仕事にやりがいや意味を求めたいにのならば自分の価値とキャリアを向上させるために現状を変えなけれがなりません。


上の段落のきじにも書きましたが、知識を得るには独学でも何とかなるのですが、忙しくて時間に余裕な無い人はスクールや教室に通いを知識を知り、身に付けることが最善の方法です。また、今はスマホたパソコン一つで全国、どこでも知りたいことが解る時代です。


若い世代の方は、ともかく悩むことより現状から未来の自分の為に何かを始めることが一番、重要です。それが無理なら、考え始めることです。ともかく組織や企業などの会社は経験と知識を組織という人間関係や仕事(チーム)にどう生かせる能力と行動を取るのかを厳しく査定しています。社会人基礎力とは企業に属する人材の価値基準のことで、課題に向かっての創造力と行動力と他人の個性を尊ぶと人間力を指していまます。社会人基礎力の重要性に気付いた個人は相対的に社会では評価が高いようです。社会人基礎力の重要性に早く気付き、そうなろうとする行動が早い人ほど、得るモノも多いのでしょう。

アナタが生涯を通じて良い人生を送りたいなら他人から求められる人間に成るだけです。

未だ若い世代の人達は社会人基礎力に早く気付けば、無料でスクールや教室が有り「学」や「稽古」を受けることが可能な時代です。このことは当ブログ記事のミドル世代やシニア世代の方々は何もかもが有料で多少のハードルは障害は覚悟せねばなりません。将来に可能性や活躍が期待される世代はいつの時代でも「配慮とサービス」が期待できます。まぁ~、・・人間社会では歳を取れば、その分、収入も多くなるハズと設定されているのでの多くの場合、一定年齢を過ぎれば、しかるべき「料金」が掛かるのが一般的です。


よくプログラミングスクールや教室で無料を謳い集客を図る広告を見たり聞いたりしますが、「無料」には何か「シバリ」が有る(隠れている)のが当たり前であり、普通でしょう。と考えるのが当たり前です。何事にも「タダよりコワいものは無い」ということです。この事については当ブログ記事の「プログラミングスクールの闇でドツボにハマる」という記事でスクール側と受講者の思い込みによるトラブルの一部を記載していますが、プログラミングスクールの「無料」とは精々、受講者の年齢が30歳代までと考えた方が無難だと思います。何故なら40歳から上の年齢では「プログラマーの新人」としては採用する企業も仕事で発生した人間関係がスムーズに問題が処理される期待は薄く、厄介事が発生する可能性が高いと判断される為です。


しかしながら、未だ若い世代の人達ならば、プログラミングスクールやパソコン教室を1度は体験した方が人生で得をすることが多いと思います。独学も出来ますが、敢えて時間や根気が必要な方法を選択する必要など更々なく、自由で友人の出来るプログラミングスクールや教室を経験した方が本当に人生のプラスになると私は思うのです。なぜなら、疑問への「答」の速さやです。上にも明記しましたが共に学ぶ友人の存在は心強いだけでは無く、学びへの安心感すらも得れるからです。また、気心の知れた仲間は上手く付き合えば一生の友人にもなるからです。


社会人になり、様々な経験や体験で、きっとアナタは立派な社会人だと思います。しかし、プログラミングスクールは立派な社会人より半人前の好奇心旺盛な若者が将来に希望を燃やして切磋琢磨する学びの場所や時間を提供しているので、16歳から34歳までの人間は受講が可能です。・・大体どこのプログラミングスクールや教室でも同じようなもので、理由としては、就職先の企業群から学校側が支援という名の投資を受けて学校(企業運営)しているので、新規採用者が中年以上の人間ではトラブル発生の率が高くなると共に、ぶっちゃけ・・ウザイからです。

年齢が35歳以上の人は独学で最低限、これだけは理解?しよう

年齢が35歳以上の人はジャバスクリプトHTML5言語とCSSPHP言語が解る程度の勉強でも十分に社会では通用しますが、怠け者では社会に通用しませんが。・・とりあえず、4種類言語を知っていれば、余り困るような事態にはなりません。何故ならジャバスクリプトとHTML5言語とCSSとPHP言語が解る程度に成る頃にはパソコンが怖くなくなるからですし、パソコンの色々な操作が出来るようになるからです。


もう一つ、年齢が35歳以上の人は社会的な経験があるので、上に挙げたジャバスクリプトとHTML5言語とCSSとPHP言語を理解できれば十分に起業の可能ですし、税制度を上手く利用すれば「フリーランス」的な副業で大きく稼ぐことも可能です。「捨てる神あれば拾う神あり」です。詳しく税制度のことが知りたければ当ブログ記事の「不労所得を得られる人のタイプ公開と方法とは」や「マイクロ法人を知ってから独立する個人事業主」のカテゴリーで検索1位の「知ってから独立する個人事業主の完璧な税金対策とは【有料級】」などの記事を読んで下さい。