seo とは

 


【建前】

具体的なGoogle検索のseo対策でサイトやブログコンテンツのり方で検索順位を上げる情報

独自ドメインを取得し、 独自ドメインをのアドレスで自分のサイトやブログコンテンツを運営する。
独自ドメインのアドレスはウイルス感染対策をしっかり施術しておく。
独自ドメインのサイトやブログコンテンツはモバイルフレンドリー化しておく。
独自ドメインコンテンツの表示速度の改善をする(早い方がイイ。)
キーワードは自分のレベルの「競合性」に合わせ選定し、コンテンツで最適な位置に表示する。(タイトル・見出し・文章)
検索クリエを意識したコンテンツを作る。
世間一般で話のネタにされる事柄や事件や話題を交えた文章の構成を意識する。
【E–A–T】などのオーソリティーを高める姿勢が大切である。(検索品質評価ガイドライン3.2)

Google検索でコンテンツの表示順位が決まる仕組み

Googleの検索順位が決まる仕組みとはネット上にあるGoogleロボット(クローラーと呼ばれるプログラム)でWebサイトのデータを収集します。そして、クローラーによって収集された各コンテンツデータはGoogleにインデックスされた後、独自の検索アルゴリズムと照らし合わされ、各カテゴリー検索に使われたキーワード(検索クエリ)との関連性に合わせて順番が決定します。

検索SEOとグーグルのアルゴリズムの関連性は、大体、以下の4つの要因です。

検索クエリに使用されたコトバとの 関連性
コンテンツの関連性
ページソースの専門性(マークアップ言語やHTML5やCSS)など

Googleにとって価値があるページやWebサイトとして評価されるコンテンツを提供することが企業としての役目であり、企業が生残り続ける最大の条件です。
その為にはアルゴリズムアップデートはコンテンツ品質を保つ欠かせない措置ですがGooglは検索クエリのもつ性質(各カテゴリー)によって異なる因子が存在するとグーグルはアルゴリズムのエレメントの公表は控えています。

検索順位は同じ記事を更新する毎に上がるのが常識.

seo とは

 

【検索順位はいつ上がるの?】

一般的には ブログ記事の更新による検索順位の成果が出るまで時間が掛かることは 通常で4 か月から 1 年 くらいとされていますが、あくまでも公証であるということを忘れないでください。

【検索順位が変わるのは何故?】

競合他者がSEOを強化している(同じ記事を新に新しい情報を加えて更新している。)
Googleの検索アルゴリズムにアップデートが行われた。

Googleの検索アルゴリズムにアップデートがは2ヶ月に1度は行われますが、検索ユーザーファーストなので、コンテンツ制作者は受け入れることは必然です。

ネットマーケティングに取り組む企業が増えたことで、SEOもより マーケティング が行われるようになってきており、検索結果の表示順位争いが益々、激しくなって来ています。SEOの一度行えがば良いというものではありません。定期的に順位のチェックを行い、 SEO の更新を図ることも大事です。

【検索順位はタダで上位に出来る?】

SEOの知識を理解することが大事です。
Googleが行うアルゴリズムのアップデートを理解することも大事です。
検索ユーザーの検索意図を想像し、推測し、理解し、SEOに反映させる努力を怠らないことも大事です。   

自コンテンツの検索順位を把握し、コンテンツに適したキーワードを探し出すにはキーワードプランナーなどのツールも使用すべきでしょう。
自分の想い描く成果が出るまでは、それなりの根気と努力と時間が必要です。

上部の内容を把握できれば当然、 検索順位はタダで上位に出来 るようになります。

【検索順位を効率良く上げる】

Google検索の順位を上げる取り組みは、誰もが行えますが、実はかなり地道な作業の繰り返しです。
効率良くGoogle検索の順位を順位を上げるには、専門家に頼ることが早いですが料金もキッチリと掛かります。
SEOの専門家は様々な分野の経験を通し、アナタば行うトライ&エラーの回数を減らせることが期待できます。
しかしながら、専門業社に依頼することで、アナタが獲得できるスキルは無くなるでしょう。

ユーザーファーストに立てばコンテンツの検索順位は上がる

Googleの検索順位を上げるには、今回挙げたものが公式の発表ですが…私、独自のSEOの場合も10項目前後+αがありました。私が言えることは、「ユーザーに快適で良質な情報を届ける」という姿勢が大事ということです。

 

具体的な検索seo対策のやり方で検索順位を上げるとは

私が6年間のトライ&エラーの 繰り返しで得たGoogle検索上位表示の為のSEOの施策を当ブログ記事の「ブログのマネタイズ要素11選+α(多分、真実)」と「ブログでアフェリエイトを行っていて検索順位の変動が嫌ならsns流入を活用しよう。」と「ブログの集客は検索SEOとタイトルが鍵!知らないと絶対損してる」と「働かないニートの末路は悲惨しかないゾ!。」に記載しています。

コンテンツ制作者が最も気を引き締めて配慮しなければならない点

▶スマホで見にくい
▶表示速度が遅い
▶見出しだけで内容が伴っていない
▶欲しい情報ではない

普段、見逃してしまうことが多い点ですが、見逃してしまうと当然、順位は上がりません。初心者の人達は特にユーザー目線を徹底して気を付け、検索順位が上がるように取り組んで下さい。

 

【まとめ】


【ブログ運営で得た事実】

私も最初はキーワードを使ったアフェリエイトブログで副業を考えたのですが、直ぐに副業も必要が無くなり、純粋に検索順位を上げる為のSEOのトライ&エラーを繰り返して成果を公開するだけのブログ記事の更新になりました。検索エンジンやアルゴリズムなど専門的な用語は多少は知っていましたが、全体的な部分では最初は初心者であり、後発組です。…ただし、時間と暇だけは十分過ぎるほどあるので、毎日欠かさず記事を書いていますが、やはり人間ですので、たま~にサボりますが、内向的作業が性にあっているのか今だに続いています。

検索SEO対策ではブラックハットSEOは好みでは無いので単純にユーザーファーストのホワイトハットSEOの方法だけですが、公開に当たっては胸を張れる思考だけを記載しています。検索順位を上位表示にする為には SEOの は勿論、タイトルや集客の大事ですし、収入の為にはマネテイズ用の見出し文章も必要です。また、内部リンクや外部リンクなどの要素は欠かせません。

検索順位の表示結果がほしれれば、当ブログ記事の「ブログのマネタイズ要素11選+α(多分、真実)」がSEOの核になりますが。一昨日に書いた記事の「ドメインパワー」が基本中の「 基本 」です。この 「ドメインパワー」 は真面目に地道にコンテンツ運営を続けた人だけが得られるランキングに不可欠で重要な順位を決定する要素です。どんなにSNSから評価を受けようが、Search Engine Optimizationを施そうがモバイルフレンドリーだろうがページの表示速度が早かろうが ドメインパワー」が 欠けていればGoogleからの評価は期待できません。

まず、初心者や後発組の人達は 「ドメインパワー」 を得ることに気を向けて下さい。それが出来たと思った人は詮索SEO対策や集客やSNSからの流入方法を確立して下さいこれは追記ですが、 上部の 【検索順位はいつ上がるの?】 に関して私が感じた意見ですが、1週間ないし、10日もあれば、検索順位は上がっていました。