google 検索アルゴリズム アップデート6月3日の要点でもある
今後のGoogleのSEOランキング(検索順位)の新指標になる「コアウェブバイタル(Core Web Vitals)」について私なりに紹介します。
まぁ~・・、ひらたく言えば今後はホームページの表示速度が重視されるとのことですが、自コンテンツのスピードテストPageSpeed Insights でじコンテンツの速度を確認することができますが、ハッキリ言って、あまりあてになるとは思えません。
まぁ~・・、グーグルが出しているツールなので大きいことは言いませんが、私のコンテンツをテストすると・・テストを行う度に数字が変わるので、信頼ができません。

しかし、ズバリ言えば、Googleは今後の検索順位の評価の指針はコア ウェブ バイタル(core web vitals)表示スピードが重視されるよ!‥的な方針のようです。

【コア ウェブ バイタル(core web vitals)3つの指標】

LCP(Largest Contentful Paint)

メインコンテンツが読み込まれるまでの時間です。
メインとなる要素(殆どは使用されている画像)が読み込まれるまでの時間です。

FID(First Input Delay)

メインコンテンツ(ページ)にアクセスして最初のクリック等の行動をした後、その行動結果が反映されるまでの時間です。
コンテンツ内のリンクをクリックしてから読者が遷移するまでの時間を計測します。

CLS(Cumulative Layout Shift)

一部の要素が遅れて読み込まれることなどにより、他の要素が読み込み当初の位置からずれる場合のずれの幅です。
画像や写真や図表、サイドバーなどページの同一部分が、ページの読み込みから、最終的に表示されるまでの間に、ユーザーの移動がどの程度あったかを計測したことを指します。

GoogleCore Web Vitalsと4つのシグナルを組み合わせて、検索順位の指標として発表しました。

▶モバイルフレンドリー
自コンテンツがモバイルフレンドリーが問題視されます。

▶HTTPS
HTTPSは「Hypertext Transfer Protocol Secure」の略ですが、
安全にデータをサーバーとWebブラウザなどの間でやり取りする際の「通信手順」を意味しますが暗号化で守られれいるかを指します。

▶セーフブラウジング
セーフブラウジングとは悪意あるサイトや感染したWebサイトや不正なWebサイトにアクセスした時に、ブラウザ上に警告を表示させる仕組みのことを指します。
独自ドメインや自分のパソコンの「セキュリティの備え」を指しています。

▶インタースティシャルが無い
インタースティシャルとは「隙間」のことです。
邪魔をする「隙間」ば無いことはコンテンツへのアクセスが困難になるということです
インタースティシャルについては、以下のページで把握して下さい。

2021年からの初心者(アフェリエイト)seo対策とは

サイトコンテンツがGoogleの検索エンジンにインデックスされて検索される準備が出来る。

ユーザーにとって検索が出来る仕組みはGoogleの検索エンジンやロボットが全てのWeサイトやブログなどのコンテンツから収集したキーワードや情報を専用のデータベースに其々、分類され、ユーザーに必要な回答がある時に、それこそパソコンやスマートフォンかれでもアクセスし、調べるという検索の対象に初めてなります。2021年からの私達が施策できるSEO対策とは、そのユーザーに必要な情報を如何に安全で早く表示できるのかがSEO対策として改善が施されている上位表示を獲得するGoogle検索での今後の必須の指標として今年の6月3日に行われ「google 検索アルゴリズム アップデートの要点です。

特に上部に書いた LCP(Largest Contentful Paint)が重視されるようでが、コンテンツの表示速度が速いとは、人それぞれの感性によっても違うので、少々・・曖昧な部分でもあります。なので、私は「Pingdom Website Speed Test」というサイトでスピードテストを行っています。

 seo とは

つまりは、アナタの サイトコンテンツがGoogl の検索エンジン にインデックスされて検索される準備が出来るとは、 特に LCP(Largest Contentful Paint) の施策がされ、SEOの取り組みも独自目線で最適化されてこそ、検索表示での上位表示も期待できる「検索SEO対策」が施されてる信頼できるメディアとして公開できえるとGoogleから判断されるコンテンツだということです。

再度、云いますがGoogleは今後の検索順位の評価基準はコア ウェブ バイタル(core web vitals)3つの指標】施されたSEOです。

三度、述べますが、Googleが検索表示に掛けれる最低限の要素は「ドメインパワー」です。

今後の検索順位の評価基準は今後コア ウェブ バイタル(core web vitals)の3つの指標を施されたSEOですが、 独自目線で最適化 (SEO)は当ブログ記事の「オーガニックなキーワードやseo方法で集客するとは」「働かないニートの末路は悲惨しかないゾ!。」や「ブログのマネタイズ要素11選+α(多分、真実)」という記事の内容で確認できますので、よろしければ見て下さい。アナタのコンテンツにも活用して下さい。

Googleが検索表示に掛けれる最低限の要素は「ドメインパワー」ですが、「E-A-T」や「YMYL」の内容を把握してブログ記事を書かないと、絶対に上位表示どころか順位も付かず圏外の飛ばされてしまいます。つまりは、誰にも読んで頂けない状態になります。・・それを回避するためにが当ブログ記事の「googleのseo対策とは」の下部の部分を読み込んで、内容をしっかり確認して下さい。・・でなければ、アナタの ブログ記事のは日の目を見ることはありません。

また、「ドメインパワー」を得る為には「奥の手」や「魔法」じみた解決策は無く、ひたすらコツコツとブログ記事の更新を続けるだけが、唯一の方法です。パソコンやスマホのキーを叩くのに疲れたら、当ブログ記事の「ブログの更新や記事を書くのが面倒だ」や「ブログの執筆はモバイル機能の音声入力を使って時間短縮しよう。」や「あのね、初心者なんだからブログにアンチコメントはNOです。」などのブログ記事にはブログ文字や記事構成を早く行こなえる方法や考え方が書いてあります。是非アナタのトライしてみて下さい。お役に立てれば幸いです。

最後になりましたが、今は時代の過渡期だと私は思っています。当ブログ記事の「オックスフォード大学も認定した10年後の未来に無くなる職業とはには、2030年の未来には消えてしまってもイイとされ、コンピュウータのプログラムでも十分の代行できる職業がズラッと個条書きされていますが、どれも、ある一定の法則がある職業です。簡単にはAIで十分!代行が可能と書いていますが、今その駆逐されてしまうかもしれない職業をされている方はたまったもんじゃ~ありません。10年後20年後の近未来に備えて若い世代の人達は今からでも十分にその為の備えをしてください。