特に中年に差し掛かる男性や超えてしまった男性諸氏にオススメしたいのがアタマやヘアのニオイ(臭い)を消してしまう頭皮環境専用の男性用シャンプーです。人の頭皮環境の中でもクサイ臭いを出す原因は皮脂(アブラ)です。
男性も30歳を超えてしまうと特に頭皮ケアが必要です。人の匂いが頭部のニオイが特に激しく際立ってきます、だからこそ、ほんとうに男性専用の薬用シャンプーでの頭皮ケアが必要です。


私も50歳に差し掛かった頃に妻からアタマがクサイ!と言われました。
で、対策として専用のシャンプーを探しました。テレビCMの商品で例えばスカルプDのスカルプシャンプーは高いばかりで、メーカーのただの訴求行為ですので、価格は高いですが効果は期待以下という代物ばかりであることを以前の職業経験でよく知っていました。
ですので、本当のアタマのクサイ臭いを消すシャンプーのことなら、専門家であるが美容師の方が一番知っていると思い、調べました。

その結果が下のYoutube動画です。

頭皮のクサイ臭いが消えるシャンプーはこれ

特に男性にオススメのクサイ頭の臭いを消すシャンプー


MARO /  :¥1000-(税抜)ドラックストア

Lucido /  :¥861-(税抜)ドラックストア

ULOS /    :¥2400-(税抜)ドラックストア

私が使ったのはノンシリコンシャンプーMARO / 1本 :¥1000-(税抜)ドラックストアの商品で近くのドラックストア私の場合は(Vドラック)に行くと直ぐに見つかりました。・・薬用の医薬部外品で役、2ヶ月で1本を消費しましたが、頭のニオイはシャンプー直後は全くかゆみうや臭いは消えてしまいました。ノンシリコンタイプのヘアシャンプーとううこともあり、爽やかなにおいだったのですが翌日には多少の臭いが出て来ました。しかしながら、余分な手間も無く使い続けると頭の臭いを消す効果があることが判りました。但し、ネット通販で買うと1本が1,367円+送料498円になっていました。

シャンプー,

ちなみに私は今は詰め替え用のシャンプーですので、852円です。薬用の医薬部外品で役、400ml以上(440 ml )です。

正式名称は薬用スカルプシャンプーDE 440mL 医薬部外品 です。

頭皮の臭いは頭髪に専用の男性用シャンプーがオススメです

アタマの香りが中年を過ぎた頃から気になり出して、決定打がパートナーからのキツイ!、一言だったのを覚えています。「頭‥クサイ!」  …結構、カラダの匂いや汚れには関心が高く、高校生の時には父が使っていたコロンの「アラミス」を カラダに振りかけていました。

匂いモノが好きで「エゴイスト」を結婚するまで使っていましたが、少々・・香りが「イヤラシイー」との パートナー からの申し出もあり、今はカルバンクラインから出ているSOLOを使っています。

男性も中年を越すと頭皮は無論、身体の皮脂や地肌の洗浄は乾燥や臭いを防ぐには朝でも夜でも毎日のバスタイムが欠かせません。ただし、カラダの洗い過ぎは逆に カラダ の外的要因で起こるトラブルを防いでくれる皮脂や色々と必要な成分も洗い流してしまいます。

弱酸性で、洗い上がりに、潤い(うるおい)を感じられる市販の商品が手軽で便利でリフレッシュした心地よい気分をあじわえます。

頭皮 臭い

ヘアケアや肌の香りにおすすめできること

最近は潔癖症が高じて、やたらと「洗う」ことに重きをおく人が増えてきているようで、不衛生がの様に捉えられる風潮が拡大しています。チョット前にかかりつけ医と雑談に興じたのですが、昭和中期までは、そんなに 潔癖症 と言われる人達もおらず、アレルギー反応を示す人達も今ほどは多く無かったと担当の内科医先生が云っていました。私も昭和生まれの昭和育ちですが、 先生が云っていた内容の事には、頷きます。

アレルギー反応に関しては、わたしが未だ会社を経営していた頃に数人の「アトピー性皮膚炎」の人間がいました。いずれの社員の未だ若い世代の人達でした。・・・かかりつけ医その先生とそんなハナシをしていた時なのですが、 先生 曰く、 「アトピー」も「コロナ」も解決策は同じようなモノで、体内の免疫抗体が鍵を握っているとのでした。

つまりは、 「アトピー」 を発症する人は体内に何らかの抗体細胞を持っていないか不足しており、原因は体内に多少の菌も取り込まれなかった為に体内で生成される抗体細胞の情報が無かったのが原因だということです。

日本は高度成長期に入り、核家族世帯が増えて、兄弟の人数も減り、その分・・親の目が行き届く生活が一般的になり、昔のような「鼻垂れ小僧」がいなくなったということです。

私は妻からよく言われるのですが、何でも拾って食べちゃダメ!!私は少々の汚れなら構わず食べてしまう癖があります。‥それを妻は汚いから止めなさいと言うのですが、止めれません。つまり私は普段から多少の菌を体内で抗体細胞が除去しているか、抗体を作っているワケで、かなりの丈夫なカラダの持ち主なのです。



リッチに幸せな人生とは

そりゃぁ~・・少しばかりお金が自由に使えて自分の夢や理想をまっしぐらに追いかけれて人間的に真っ当な社会常識があり、素直な考え方が出来ればイイに決まってますけど、人間は何処か・・いびつで未完成な生き物ですから、理想通りに生きれるハズがありません。しかし、当ブログ記事の「大富豪に成ることや金を得ることは、そんなに重要ですか?」を読んで下さい。

これからの世界に必要なのは理解力や応用力や仕事のルールの中で、その力を発揮できる冷静さを備えた人ではないでしょうか・・トランプのカードゲームでも平常心を保てる人間が最後まで勝ち残るようにビジネスで金持ちに成り、沢山なモノを手に入れる人間は「先を冷静に選べる」人達です。

https://www.uncle-blog.com/?p=12011より転載

また、2040年の未来予測を書いた 成毛 眞氏は、さるニュース番組のインタビューコーナーで、「今から20年後の未来はおそらく、【不死】の医療が始まり、私達がその境目になるだろう」とのことです。私は「シニアと高齢者って、どっちの呼び方がイイの?とは。 」の中でシニアの方がイイとほざいていますが、それは人生に終焉があるからです。

頭皮や身体がクサイという女性陣からの指摘に狼狽えながらも 指摘にを無いモノにする為に努力することやカッコイイおっさんになるための一番、効果が有ると思われる「簡単な食事制限はノーベル賞受賞博士もお薦めのダイエット方法。」は人には起承転結という決まり事が有るからこそのダイエット方法ではないでしょうか?

まぁ~、・・この先の未来がどう変わろうが、私には当り前の人生が有ると思うので、あまり欲張らず、当ブログ記事の「普通でいる勇気とは」のように限る有る中での幸せに感謝する生活を満喫して行こうと思います。

因みに普通でいる勇気とは、Alfred Adler(アルフレッド・アドラー)はフロイトやユングと並んで現代「心理学」理論を築いた3人の巨星の一人です。また、「足るを知る」とは、中国の老子が記した仏教の教えの「道徳教」のことわざで現代的には身分相応に満足することを知る。ことが「足る事を知る者は富む」と解釈されています。