blogは備忘録やメモとは違いSEOの再現性が大事です。

今回のテーマは「blogは備忘録やメモとは違いSEOの再現性が大事です。」というものですが、毎月毎にブログの集客数やCV数を上げるには書いた記事の再現性は絶対、「信用情報」でなければなりません。

今回のテーマは「blogは備忘録やメモとは違いSEOの再現性が大事です。」というものですが、毎月毎にブログの集客数やCV数を上げるには書いた記事の再現性は絶対、「信用情報」でなければなりません。

ブログやアフェリエイトを上位表示させる知識やスキルは説明されるよりは自ら得た知識や方法のほうが確実に自分のスキルになります。
が、サイトやブログが上位表示されるまでには色々なステップ(試行錯誤)を経験することも必要かもしれません。
しかし、ブログやアフェリエイトの初心者さんには、どれが良い知識やスキルかも判らないと思いますの、
最低限、サイトやブログが上位表示される為に必要なスキル(思考)を下部に明記します。

①▶検索 KW(キーワード語句)は必ず記事タイトルに含める。文字数は27文字迄です。
②▶リード文章は300~8・900字くらいにして、必ずKWを含める。
③▶文章構成は(h2・h3・h4・h5)と見出しを付けて分けて書くようにする。
④▶文章の補足としての画像やグラフは著作権フリーのモノを使う。
⑤▶画像やグラフはピクセル数を確認してページの表示速度の負担にならないようにする。
⑥▶内部リンクは必ず貼る。言葉の意味を補足する外部リンク「ウイキペディア」などへのリンクは貼ってもイイ。
⑦▶文字数は3,000字程度が目安だが「網羅性」で多くなるのはかなわない。(2,000)文字程度での検索1位になれる時もある。
⑧▶記事文章には検索KWを含めると共に共起語は必ず含める必要がある。
⑨▶「E–A–T」とYMYLは常に意識する。
⑩▶スニペット文章には必ず検索KWを含める。
⑪▶記事タイトルで推測できる内容以上の+αな記事を書き「読者満足度」を高める。
①:検索 KW(キーワード語句)とは
  いわゆる、検索フォーム(検索窓)に書き込む疑問や問題解決に為の関連語句のことです。

①:検索 KW(キーワード語句)とは
  いわゆる、検索フォーム(検索窓)に書き込む疑問や問題解決に為の関連語句のことです。
②:リード文章は300~8・900字くらいとは
  検索結果が上位のサイトやブログのリード文字数の殆どは文字数が300~8・900字ぐらいだった。
③:ブログの文章構成は必ず見出しの(h2・h3・h4・h5)に分けて文章を書く。
④:画像やグラフは必ず著作権フリーのモノを使いサイトやブログを補足する。
⑤:画像やグラフはピクセル数を減らして表示速度を上げる
⑥:内部リンクは必ず貼る。(相互リンクはなお良)
⑦:ブログサイトなどの文字数は3,000強字程度が上位表示されている。
  但し、網羅性がある場合は文字数が1,0000文字程度でもOK。
⑧:ブログ記事内には検索KWとを共起語は必ず含める含める。
⑨:検索品質にガイドラインにも明記されている「E–A–T」とYMYLは常に意識して文章を構成する。
⑩:スニペット文章には必ず検索KWを含める。
⑪:記事タイトルで推測できる内容以上の情報を検索クリエに提供する。もじ
特に初心者さんやネットビジネスで副業をして間もない人は「E–A–T」とYMYLを意識して下さい。
「E–A–T」とYMYLはグーグルのブログ品質評価ガイドラインに

https://www.uncle-blog.com/?p=7817

検索品質評価ガイドライン アイレップ(irep)私訳版(日本語版)

再現 性

上位表示されていない記事に関しては「要素11選」が未だ解明されていない記事や要素の中のピースが抜けている記事や順位に興味が無くてリライトを行わない記事や未だリライトの最中の記事などで、明らかに検索上位の為の施術をしていない記事ばかりです。
中には「ドメインパワー」が足りない(経験値)記事もあります。

下の画像は当ブログの順位を表したものですが、個々のブログ記事は100を超えました。 ブログ記事の100を超えたモノの中で約、30%の記事が上位表示され、それを含めた50%の記事は50位以内にいるようですが詳しくは調べていません。
しかし、どの記事も上記の「要素11選」「リンクが貼ってある「ブログのマネタイズ要素11選+α(多分、真実)」に書かれている検索SEO対策の内容通りの思考で書いています。
特に①③④⑤⑥⑧⑨⑩⑪の内容はハズせません。
加えて「要素11選」が書いてあるドメインパワーとは副業ブログのマネタイズには欠かせません。」 ドメインパワー」とは、平たく言えば、ちゃんとしたサイトから「被リンク」を貼ってもらい、加えてGooglのデータベースに自分のコンテンツの情報がインデックスされることなのです。

blog

 

blogは備忘録やメモとは違いSEOの再現性が大事です。

最も blog (ブログ)を書く上で心掛けなければイケないのがの中の「共起語」です。共起語とは、あるキーワードと一緒に使われることの多いコトバ(語句)です。共起語をコンテンツ(ブログなど)の色々な場所や文章として コトバ(語句)を用い使うことで、コンテンツの情報をGoogleのクローラー(ロボット)の伝え、グーグルの検索順位を付ける判断材料になり、上位表示が可能になる大切な要素です。

早く成果が欲しい人や初心者ブロガーはドメインパワー要素11選を実施してみて下さい。

ブログというのは日々の体験や個人の備忘録を綴ったメモではありません。重要なのは再現できるテーマを書くことであり、再現性を伴う文章です。  再現性が伴う文章 であれば企業が作成したブログにも勝つことが可能です。個人が行う媒体を使ったビジネスの中では執筆者の環境や時間に関係の無い真実だけが支持される一番の要素だからです。