ブログの検索意図と自分で書くseoの書き方とは
ブログ の 書き方

 

今回のテーマは「ブログの検索意図と自分で書くseoの書き方た時…更新)しているのに「思うような成果が出ない?」そんな思いにくれているのではないでしょうか?
当ブログを書いている私もそんな悩みを常に抱えています。要素として活用しています。 ハッキリ言いますが、小手先の技術や他人の理論でGoogleのアルゴリズムアップデート対策を施しても結局は順位は変動して打撃を受けてしまいました。
ですから、他人や専門業者のSEO対策は【再現性】が無ければタダの【能書き】であり、戯言です。
グーグルが公表しているガイドラインを読んでGoogleが目指しているのは、やはりユーザーの意図を正確に把握して、ユーザーが求めていることに合う「答」や「ヒント」を提供することです。
つまり、SEOの本質は「ユーザーニーズに合うコンテンツ」を作ることです。これが出来ればGoogleのアルゴリズムに左右されないコンテンツということです。

Google検索順位

ユーザーの検索意図を本気で知る為には、 検索意図 が如実に表れるキーワードのボリュームを確認することができるGoogleが提供している「キーワードプランナー」をみることです。‥只、私の場合は「競合性」は「低」と決めています。何故ならキーワードのライバルが少ないからです。ユーザーが読むべきコンテンツやブログを選ぶ、一番の決め手は キーワード や記事タイトルや前書の内容の読み易さとインスピレーションです。ですから結論的な文章は必ず前書コンテンツや見出しに書くことをオススメします。また、前書きの文章は「読者・ユーザー」が読み易いことが大前提です。


例えば、 「初心者さんのブログの始め方」のキーワードを キーワード プランナーで探そうとした場合が 「初心者 ブログ 始め方」という検索キーワードで探すだろうなぁ~・・と考えて、実際に手順を考慮して作業したところ、下記のような結果でした。いわゆるロングテールキーワードってヤツです。

ブログ の 書き方
検索 seo

 

読者やユーザーが求めることは検索キーワードで想像できる

これらの中から、月間検索数が自分の求めるもので記事を構成できそうなワードで、必要とする文字数を埋めるだけの内容が書けそうなものを探します。
キーワード のボリューム数(検索数)が適当なものを狙うことで、より上位表示されやすく、それにより集客数も確保できるからです。 選んだキーワードでブログ記事の内容が充実すれば、アナタのサイトやブログ自体の評価も高まり、やがてビッグ キー ワード やミドルキーワードを選んでも検索上位に表示され易くなるハズです

E-A-Tであり圧倒的な記事量(文字数)を目指す

ブログ の 書き方

 

アナタが狙ったキーワードで検索の上位表示をする方法というのは、他の上位サイトよりも質・量ともに、それらを凌駕する記事の書き方でなければライバルサイトには勝てません。( E-A-T は絶対に必要な要素)です。
その為には、実際に狙ったキーワードや記事タイトルで同じタイトルのカテゴリーに表示されているライバル記事を調べて上位表示されている、コンテンツを見て感心できる部分や書き方は参考にします。
何故なら、検索エンジンから見たアナタのサイトやブログはユーザーのニーズを満たしていると判断されているか?・・実際にGoogleのデータベースにインデックスされないと判らないからです。
つまり、ライバルサイトは実際に位表示されているからです。
自分のコンテンツを作ろうとするなら、上位20サイトよりも情報量が多く、質の高い答えを準備する必要があります。
だからこそ、上位20サイトを調べて研究しておくことが不可欠です。・・とは書いたものの文字数に関しては私のブログ記事でも1500字前後でも検索表示順位が1位を取れているモノも有り、自分でも驚いているからです。

アフェリエイトコンテンツの副業ブログ書き方やり方始め方

アフェリエイトコンテンツの副業ブログの検索意図検索上位を狙う為のseoの書き方とは、当ブログ記事の「ブログのマネタイズ要素11選+α(多分、真実)」の中のテキストリンクの「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。」はアフェリエイトやマネタイズの初心者ブロガーが副業ブログを行う上で絶対に身に付けるべき検索SEOに必要な基本的なスキルなのですが、初心者が身に付けるべき基礎知識は、私がトライ&エラーを繰り返してアルゴリズムのアップデートでも順位を変えること無く順位を保てた再現性の有るスキルです。

但し、ドメインパワーというスタートラインに立つ為の基準とでも言うべき基本的なブロガー 基準 を獲得していないと上記に書いた再現性はありません。

私のブログではドメインパワーが副業コンテンツやマネタイズにとってどれほど重要な要素なのかを述べています。
ドメインパワーとはコンテンツ、たとえばブログの更新(書く)を続けることで得られる副業に必須の「収益化」の為のパスポートです。
この「ドメインパワー」は誰でも得ることが出来ますが、魔法じみた、手っ取り早い方法や奥の手はありません。但し、ドメインパワーを増やすコツは存在しますが実践者はあまりイマセン。
なので、ブログを書くのは簡単だと早合点して、誰かと繋がるを利用した副業の実践者の殆どは途中で挫折しています。

てなワケで、比較的、かんたんに成功する必須条件は、「被リンク」を獲得することです。但し、 被リンク であれば何処の何のサイトでも良いワケではありません。ましてや、胡散臭いツールを利用した 被リンクを いくら増やしても Google からは違反行為とみなされ、圏外に飛ばされるか、ペナルティの警告が届きます。
被リンク は、それなりに世間一般に評価されたサイトにリンク されている事と、被リンクサイトが、Webの世界では一定の「力」と「運営歴」が有ることが望まれています。もしくは企業が運営しているサイトです。
また、ドメインパワーとはGoogleのデータベースにアナタのコンテンツが 一定数の 何かの回答になるような文章(情報)がインデックス(保存)されていることも条件の一つです。

ドメインパワーと SEOのスキルを身に付け検索意図に沿ったコンテンツ作りを目指しましょう

ブログとはユーザーがインターネット(Web)にある情報で何を求めているかが判るWEBサイトであり、アフェリエイターやブロガーが、ユーザーの検索意図を知る為のお金が掛からな扱いが自由なツールです。
ユーザーが 求めている答(情報)を想像して、判り易く(情報)を記述するのが私達、ブロガーや アフェリエイター やサイト管理者や運営者の役割です。必要な情報を理解しやすく文章にすることでユーザー満足度に繋がり、Googleから検索結果の上位表示が与えられ順位が上位になり、評価されるのだと思います。
また、アフェリエイトでは、記事タイトル(表題)をユーザーが検索目的や抱えている問題を解決できそうなタイトルを付けることが大事です。

上記の内容を満たすことは簡単ではありませんが、ブログなどに書く文章は「網羅性」が認めれれているので 説明的であったり、個条書きでも・・執筆者にとっては自由で、差し支えがありません。
ライティングは自由であり、文章を補足する為の画像やリンクボタンやダウンロードボタンの作成も認めれれている非常に目的の為には可能性や効果が出る自由な媒体です。