記事執筆者のイメージ画像
スニペットのテキストを打つイメージ画像

今回は「副業初心者が検索上位を狙うならソースコードとスニペットが重要とは」という記事タイトルですがGoogleのような検索エンジンで検索表示されるサイトの情報や仕組を最適化することを「SEO」と云い、アクセス数やPV数を増やす方法として利用されてきました。
が、今のGoogleのガイドラインではコンテンツが重要視され、初心者や後発組にはたいへん不利な状況です。Googleサイドのアテンションではdescription(スニペットタグ)を重要視し、表示順位の参考にすると書いてありました。当サイトは「スニペット」の意味や働きを明記し
副業 ブログが上位表示される仕組と必要なソースコードを記載します。

descriptionとは日本語にすると「説明」になります。
記述、叙述、描写、(品物・計画)などのトリセツ説明書などど解釈することも可能です。

スニペットは3種類あります。◆

スニペットとは、いわゆるスニペット(snippet)とリッチスニペット・強調スニペットの三種類があります。

・画像や店舗へのレビューテキストなどの情報が含まれたスニペットを「リッチスニペット」と言います。

強調スニペットとはユーザーが疑問を投げかけるような検索を行った際に、回答として検索結果上部に表示されるスニペットを指します。

いわゆるスニペット(snippet)とは

上部の画像の赤枠のある部分を見て下さい。
GoogleやYahoo!やBingなどの検索表示では、このように上の図では結果が表示されるサイトやブログの短い説明文が入るようになっています。表示されるこの説明文を「スニペット」と呼びます。
「スニペット」はサイトやブログに含まれているコンテンツ情報から内容が判るように抜き出され、読者・ユーザーに向けて表示されています。

Dynamical.bizというデータ分析企業がアイ トラッキングデータを調査してみた結果です。・・・
ホームページ・サイトやブログのタイトルよりもスニペット(書かれているコンテンツ内容)の方が、ユーザーからの視線が固定される時間が長いという結果が出ていました。(図表の赤線で囲まれている数字)



スニペットが重要とは


特に強調スニペットが重要ですがブログ記事が上位表示(検索1ページ目にある)されている場合は検索表示の1~2位に関わるので「強調スニペット」を意識した書き方を知ることが大事です。 

descriptionとは日本語にすると「説明」になります。
が、記述、叙述、描写、(品物・計画)などのトリセツ説明書などど解釈することも可能です。

2020年以降は検索SEOの仕様に大きな変化が加わりました。
一つは検索行為の多様化です。
一つは音声による検索行為層の増加です。
そこで
今後の検索SEOで重要になるのが【強調スぺニット】です。

因みに、 同じキーワードを何度も繰り返して使用した場合、Google検索エンジンからスパムと認識される可能性があり・・検索順位が下がる可能性が大きくなります。
同一キーワードは1度、多くても2までは許してもらえますが・・・。
【注意】2回までは許されるようですが、3~4回となるとGoogleからペナルティーが有るようです。たとえばですが、検索順位が全く、上がらない)
らしいです。

強調スぺニットって何?


Googleサーチコンソールに説明されていますが「強調スぺニット」とは記事説明スぺニット(一般的なスぺニット)が上部に表示されるリスティングとは表示形式が特別な逆の表示ボックスを指します。

強調スニペットの具体的な表示例

Google の強調スニペットの仕組

一部の検索では、関連するウェブサイトのコンテンツ スニペットを使用して、簡単な回答やサマリーが提供されます。このような強調スニペットが表示される傾向が最も高いのは、検索が質問の形式で入力された場合です。

強調スニペットについて

強調スニペットは、検索結果の上部にある専用ボックスの中にあり、リンクの上には説明文が表示されます。Google アシスタントで検索すると、強調スニペットが音声出力されることもあります。ほとんどの場合、強調スニペットにはリスティングが 1 つしか含まれません

強調スニペットに含まれるもの

第三者のウェブサイトから引用された情ページへのク           ページのタイトル                           ページの URL

強調スニペット内の引用コンテンツは、段落、リストまたは手順、表などの形式で表示されます。

強調スニペットの選択方法

強調スニペットは、ウェブ検索結果から作られます。Google では、あるページが特定の検索リクエストに対してハイライト表示すべきスニペットとして適しているかどうかを、自動システムで判断します。お寄せいただいたフィードバックは、検索アルゴリズムと検索結果品質の向上に役立てられます。

ヒント: ウェブマスターの方を対象に、Google 検索での強調スニペットの管理方法が用意されています。https://support.google.com/websearch/answer/9351707より転載

強調スニペットで表示される種類は数種類に及びますが、ほとんどの強調スニペットは「テキスト型」タイプですが、「リスト型」や「テーブル型」や「動画タイプ」に分けられますが、稀に「その他」やダイレクトアンサーとして表示されます。

「テキスト型」

「その他」

ダイレクトアンサー

レクサスのダイレクトアンサー画像


ブログを無料ブログサービスで書いている場合は・・・


全ページにtitleタグが無いアナタのページが検索された場合には「meta title」と「meta description」か無いので、表示する情報がないため、Googleが書き換えすることになります。
全ページに「meta title」と「「meta description」 タグを設定しましょう。


(HTMLとWordPress)「meta description」 タグの設定方法


WordPressにYoast SEOとAll In One SEO Packのプラグインを導入すると
「meta description」 タグが自動生成されますが・・・
ワードプレスで「meta title」や「meta description」を設定する場合には、通常は「All in one SEO Pack」などのプラグインが必要となります。
しかし、TCDテーマでは、各投稿ページに容易に「meta title」と「meta description」を設定できるようにテーマが作成されています。
下が画像がTCDテーマの設定画面です。
ここにテキストで設定したい内容を入力するだけで設定が出来ます。

TCDテーマとはデザインにこだわっていることが特徴です。
各業種に合わせたデザインの種類が多いので、作ろうとするサイトのイメージに合ったテーマを見つけることができます。 特に画像を多用するサイトデザインが多く、美しい画像を使う可能性や予定がある場合にTCDテーマは向いていますが、多少はソースコードやPC言語が解らないと業者にぼったくられる可能性が少なからずあります。

これからは、上位を狙うならスニペットが重要

文頭にも書きましたが、Googleのような検索エンジンで検索表示されるサイトの情報を最適化「SEO」する・・といい、アクセス数やPV数をを増やす方法として、これまでは利用されてきました。
しかし、今のガイドラインではコンテンツ重視で、初心者や後発組にはたいへん不利な状況です。
 しかもサイトやブログを上位させるには8ヵ月から1年もかかるとGoogleのガイドラインに宣言されていては意気消沈です。

しかし、スニペットの重要性を知れば、今後の狙い目であり、疎かにはできない部分です。
■:スニペット                 
■:リッチスニペット
■:強調スニペット
3種類のスニペットがあります。
今回はザックリと「スニペット」について説明させて頂ました。

ブログ初心者や後発組は諦めないことが大切です。

このブログは始めたばかりなので、大した順位ではありませんが、このuncle-blogの以前は違うタイトル名で5年近くブログ運営をしていました。
ですので、私はブログ初心者からは程遠い存在かもしれません。
以前の独自ドメインは・・かなりの高額で売買されました。
今、思えば勿体ないことをしました。
ドメインパワーが強いと管理会社からのメールに記載されていましたので多分、そのせいで取引されたのでしょう。

ブログ初心者や後発組の方々が稼げるようにブログが育つはでには正直なところ、かなりシンドイです。
しかし、世の中の成功者やお金持ちになるような人は「負けず嫌い」「諦めない」「コツコツと粘る」「勝まで続ける」など・・かなり粘り強い方が多く… っま、そんな方ばかりですし良い意味で「馬耳東風」「ご都合主義」「自分勝手」です。
このブログ記事を読んで感化されない「アンチ系」の方もいると思いますが・・世間は案外、素直な奴が生残るもんです。