職業

 

高校や大学を卒業して希望の仕事に付き、人生という時間を生きる間に、転職でもして職業を変えれば将来や未来の夢や希望は叶いますか?
マジに考えて将来や未来での自分のキャリアプランをイメージすれば専門スキルを身に付けるのは確かに実現的な選択方法です。
今後の社会では将来の社会人として…アナタには、仕事の面での転職活動や仕事の実績を物語る(ポートフォリオ)などがズバリ!、アナタという自分を理解してくれるツールですから絶対に必要です。
特に専門性の高い仕事の場合は仕事内容にリスクはつきものです。上司と仕事環境での相互理解は不可欠です。
また、同じような職種の仕事ばかりを熟(こな)していると、ワークライフバランスやキャリアアップよりも独立という選択も考えてしまうのが人間です。


就職や転職活動での企業面接で志望動機は必ず述べる

仕事で最も重要で大切な要素は志望動機と志望動機を助けるアナタが持っているスキルやキャリアです。
無論、前向きな考え方は就職や転職理由においては大事ですが、入社後や今後のアナタの生活や勤務姿勢が決済権者に連想出来るような受け答えが面接では重要です。

求人の採用面接で仕事への意欲を示す。

将来性や採用へのアナタの勤務に対する・・コトバでは表せない思いを動作や身振り手振りで伝える努力はアナタの熱意が伝わるハズです。
就活というのは今後のアナタの生活や社会人としてのアナタの人間関係とイメージを一変させてしまうほどの選択であり出会いになるかもしれません。

職業を変えれば将来や未来の夢や希望は叶いますか?

文頭にも書きましたが 同じような職種の仕事ばかりを熟していると、ワークライフバランスやキャリアアップよりも独立という選択も考えてしまうのが人間です。がイザ!独立となれば、日本という国は、構造上、免許や専門知識を裏付ける「肩書」が必要な国です。

誰もが想うことですが、 独立後も確かな収入の確保を裏付けるのは無理ですし、雑費や人件費、また‥謎の経費計算は小難しくて面倒臭いし、ハッキリ云えば、再度、明記しますが収入の保証も確約できません。・・・ですから独立なんて、「ムリポ‼」が今迄に多くの人達が抱くイメージでした。

この記事テーマは「マイクロ法人を知ってから独立する個人事業主」というものですが、事業や独立して仕事を始める(考ている時)とは、お金が無くなることの不安と恐怖と親族への説明内容との戦いです。・・・「稼げなくて破綻したらどうしよう」ということへの不安が、大多数の人達が転職や職場にある不満を我慢して今の仕事を続けることを選ぶ「安心」ということになります。
「マイクロ法人」とは個人の仕事(または個人事業主)が会社「企業」になることです。個人として仕事を受けてい たのが2005年から個人=誰でも簡単で直ぐに法人化(企業化)が出来るようになりました。 但し、マイクロ法人は大きな法人会社とは違って個人事業主に似たような形態です。但し、法人化することにより税制も優遇化され、個人代表とには「企業マイクロ法(会社)」は「法律上の人格(法人格)」が与えられます。

https://www.uncle-blog.com/?p=6042

要は、お金の不安や恐怖の内容を先に知ってしまえばよいのです。
つまり、先に独立後の個人事業主の完璧な税金対策を知ってしまえば不安や恐怖やお金を大損することも無くなります。
税金対策とは違法なことではありません。
不要なお金の出費を避けるための、れっきとした合法的な手段です。
日本は自由民主主義で資本主義国です。
資本主義で法治国家なのです。
皆さんや今、悩まれている方々は資本主義で法治国家である日本の節税対策を知らないから無用の不安や恐怖を感じて心配してしまうのです。
この記事を読む事で、皆さんが独立する為の知っておかなければならない財務ノウハウ&節税ノウハウが判ります。
此処に書く内容は【高額塾】で知る様な大切な節税テクニックです。
会社を辞めて、いつか独立しようと考えている人に100%!役に立つ知識です。
また、副業や将来・・高額所得者を目指す人は絶対に知っておくべき知識です。

https://www.uncle-blog.com/?page_id=1088

私も以前はIT関連の株式会社を経営していましたが、病気を患いリタイアして独りになって感じたのです。…今なら「独りで気楽に仕事ができる」と・・・今はパソコンと情報を精査できれば、多額の収入が現実になることは珍しくありません。大手企業のサラリーマンよりも大盤振る舞いが出来て、気楽に生活が出来るのです。

私も今は只の一般的な小市民として暮らしています。しかし、お金に困ることも、急な出費も…年齢が上がれば必ず掛かる医療費も心配していません。何故ならば、色々な情報を精査出来るだけの経験と知識を身に付けているからです。ですから、皆さんも若いうちから様々な体験や情報に触れて自分自身を鍛えてください。そして、情報を嗅ぎ分ける力を下さい。

但し、言ってはなんですが、只の凡人や平均的なパンピーは 情報を嗅ぎ分けられませんから、アナタが発する情報や「ハナシ」はアナタ以外の人にとっては「胡散臭いハナシ」に聞こえるのが関の山です。

テキストリンク記事テーマは知ってから独立する個人事業主の完璧な税金対策とは【有料級】というものですが、事業や独立して仕事を始める(考ている時)とは、お金が無くなることの不安と恐怖と親族への説明内容との戦いです。

もしも・・アナタがサラリーマンで年間所得が一般的平均年収の400万円の場合を仮定して今後に独立した場合を(例)として考えてみました。

年収が400万円で、副業収入が月に6~7万円となり、年商が80万円程度ある場合
合法的な税務対策の方法を知った上で副業を始めましょう。

 

たとえばブログで月に6~7万円稼ぎ年商が80万円の場合

この法人の損 益計算書


売上       :800,000
役員報酬        :540,000
社会保険料             :131,000(会社負担分)
利益          :129,000
法人税・住民税     :    95,800
税引後純利益   :     33,200

売上は 80万円
売上に対しての経費の内訳
・役員報酬(社長の給与) 54万円
・社会保険料(会社負担) 13万円
=経費が         67万円
利益が           13万円

利益に対しての税金が:96,000円

税金を全て差引いた残りが3万3000円です。

ということで、この会社の役割は社会保険料を払う為の会社です。

 

ですから、独立した時に上記の税金と保険料金さえ払うことが出来れは、利益はトントンでかなわないのです。

上部の損益計算書は当ブログ記事の「知ってから独立する個人事業主の完璧な税金対策とは【有料級」より転載したものです。

また、マイクロ法人として行う仕事個人事業主として行う仕事は全く違う仕事でなければなりません。ブログアフェリエイトで商品のインセンティブを狙う場合は当ブログ記事のgoogleのseo対策とはをご覧ください。検索SEO対策の要点が11項目の個条書きで記述されている他、検索上位表示には絶対欠かせない「ドメインパワー」と「E-A-T」や「YMYL」などのグーグルの指標であり、ガイドラインにも詳しく記載されている姿勢について詳しくかかれていますので参考にして下さい。

また、グーグルのガイドラインは全て英語表記ですが「irep」というpdfは全て翻訳されています。https://www.irep.co.jp/press/pdf/google_general_guidelines_all.pdf