google search console

 

googleのsearch console(サーチコンソール)の使い方なんて今更という声が聞こえてきそうですが、Web体験やwordpressを使ってなにかコンテンツやブログのページを作ったり、そのサイトのデータやseoの効果やパフォーマンスをチェックするツールとしてアナリティクスやサーチコンソールは初心者さんにはおすすめの最適なサービスです。

とくに、ネット作業をするのが不得意な初心者さんでも、自分のコンテンツであるサイトやブログのページの状況は気になるところです。集客数やクリック率などは、どんなに経験を積んだ上級者でも気になる部分です。

Googleのsearch console(サーチコンソール)の使い方なんて今更という声が聞こえてきそうですが、Web体験やwordpressを使ってなにかコンテンツやブログのページを作ったり、そのサイトのデータやseoの効果やパフォーマンスをチェックするツールとしてアナリティクスやサーチコンソールはおすすめがの最適なサービスです。ということで今回はGoogleのsearch console(サーチコンソール)の設定方法や使い方と活用法を初心者さんでもわかるように説明していきます。

Search Consoleの設定方法

Google Search Console

サーチ コンソール

サーチ コンソールの登録ページに飛んで来ます。

👇

サーチ コンソール

 

プロパティとは自サイトやブログサイトのurlに「WWW」が有るか無いかのことです。例えば私のサイトなら・・・

サーチ コンソール

こんな具合で、「WWW」がいついています。

わからない時はsearch console ヘルプ」を参照して下さい。

「プロパティを検索」ページで「プロパティを追加」して取得したいサイトを登録してください。

基本的な活用術

●:「検索パフォーマンス」を活用してウェブサイトを改善する。
●:特定ページの問題を見つける「URL検査」機能
:問題あるページを見つける「カバレッジ」機能
●: サイト全体のインデックスを加速させる「サイトマップ」登録
●:他記事でも取り上げたページスピード改善のための「指標に基づく改善」方法
●: モバイルの最適化を助ける「モバイルユーザビリティ」機能
●: 人気が高いページがわかる「リンク」機能

 

基本編:これだけは活用したい、基本機能と活用方法

googleのSearch Console には多様の機能がありますが、まずは基本的な内容の把握と改善策を知るための機能を解説したいと思います。
以下に方法があることを知って損は無いです。


「検索パフォーマンス」を活用してウェブサイトを改善する。

オーガニック検索 やSNSからの流入を多く得ようとするなら、知っておくべき機能が「検索パフォーマンス」でしょう。重要なポイントですから、確認しながら当記事を参考にしてください。

search console

「青」「紫」「緑」「朱色」の部分は左側から
合計クリック率はユーザーがサイトをクリックした総回数
合計表示回数はアナタのサイトがブラウザ上に表示された回数
CTRはクリック率ことです。アナタのサイトが表示されてクリックされた割合を示します。
掲載順位はアナタのサイトが検索結果画面に表示された平均掲載順位を表しています

searchconsole

クエリ とは 検索者が検索に使用した語句を指しています。つまり、検索キーワード です。

クエリ では意図したキーワードでの対策の評価がでますが、意図(思いもよらない)していなかったキーワードを発見することができます。 思いもよらない キーワードでの表示回数が多ければ、そのキーワードを軸に新しいコンテンツを考えるチャンスやヒントにもなります。・・検索キーワードにはユーザーのニーズが表れていることが多く、上手く読み取ればユーザー満足度につながるアナタのサイトやブログ改善に活かすことも出来ます。

サーチ コンソール

ページ」を選択した後、URLをクリックすると該当URLだけを表示します。


グーグル サーチ コンソールですが、初心者さんの使い方は其々の個人ユーザー次第ですが、本当に検索上位を目指すのであれば、検索キーワードと共起語をしっかりと多方面から観察する必要と姿勢が大事です。それと、文章を書く時は必ず「見出し」(h2・h3・h4・h5 など)を付けて下さい。何故ならコンピュータはタグや機械後しか判断できないからです。

索で上位表示の可能性は誰にでもありますが、 検索キーワード を考える時に最も重要なことは有利な選択と警告(ペナルティ)を受けない(注意する)ことも大切です。つまはり、ライバルや「競合性」は少ないに越した事はありません。

Google search consoleサーチコンソール初心者の使い方

search console で私が最も「参考になるなぁ~・・」 と感じた部分は 特定のページの流入キーワードが判るということです。検索SEO対策で最も考える検索キーワードなのですが・・・・事前に想定していた流入キーワードに対して、実際におキーワードが判るということです。

この部分については良い例が他サイトにありましたので是非、下記を参考にしてください。(プロの意見のようです。)

searchconsole
参考図

掲載順位が高いのに、CTRが低い場合Google検索の上位に表示されていてもユーザーのクリック率が高いとは限りません。 スマホが普及し、ユーザーの多くが Google 検索に慣れた今、ユーザーは検索結果画面内のタイトルやスニペット(説明文)から、クリックする価値があるかどうかを判断しています。サイト管理者は実際に該当のキーワードで Google 検索して、検索結果画面を確認してみましょう。
自社サイトのタイトルやスニペットがユーザーが求めている内容にマッチしているか、競合のタイトルやスニペットよりも魅力的かなどを分析しましょう。分析できたら、早速サイト改善です。 ページのタイトルやディスクリプションを適切なものに改善しましょう。表示回数が多いのに掲載順位が低い場合他サイトの方が優れている要因により、上位表示ができていない可能性があります。掲載順位を上げたい場合は該当クエリの検索結果上位のコンテンツを分析してみると良いでしょう。
自社のサイトに足りないものが何か、逆に自社が優れたポイントは何かに気づくヒントになります。想定外のクエリでクリック数が多い場合実際に該当のクエリで検索して、検索結果画面やどのページへランディングしているかを確認しましょう。
Google アナリティクスでは、そのページ流入がコンバージョンにつながっているかを確認できます。コンバージョンにつながっているようなら、想定していなかった良質のクエリを発見できたことになります。該当クエリでのランディングページを強化して、コンバージョン数の増加をねらっていきましょう。コンバージョンにつながっていなければ、検索クエリとページ内のコンテンツが合っているかを確認したり、直帰率が高ければ導線を見直したりして、コンバージョンにつながる可能性を模索しましょう。

https://www.waca.associates/jp/knowledge/44362/から転載。
キーワードプランナーに登録されている検索キーワードの競合性を低にした方が検索順位が上がる

上記の参考図で示した通り。検索キーワードは5組までリクエストが可能ですが、やはり初心者さんは「競合性」は低の方が初心者さんは表示回数を稼げます。指標としての「サジェストワード」を業界では推奨していますが検索順位という点では首を傾げる結果を連発しています。但し、マネタイズの面からみると「検索キーワード」とコンテンツのタイトルが合う方が収入的には増えるようです。

在宅ワークとパソコン仕事とは

贅沢な暮らしや誰かに自慢できる生活がしたければ,20代30代の内はが真剣に働いて下さい。
その後、儲けたお金を種銭にして、資産投資でお金を増やすことだけに真剣に取り組むことが成功者になる方法です。但し、金銭欲にまみめると必ずお金を溶かしてしまいます。
・・例えば芸能人で成功すればお金を稼ぐことはできますが、全てのプライバシーやプライベートを切り売りしたりするなど、ブサイクな プライベートを 見せることは御法度です。
カッコイイ時代はあっという間に過ぎて、後はお金の為に「哀れな姿」までも晒す事にもなります。
当ブログ記事の「バズる方法は11項目のseo対策をコピペすればOKです?とは。」と「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。」と「ブログの集客は検索SEOとタイトルが鍵!知らないと絶対損してる」お見て読んでいただければ検索SEO対策はほぼ、マスター出来ます。
但し、検索SEO対策はドメインパワーがあってこそ有効な力が発揮できる仕組みになっているようです。
なので、「ドメインパワーとは副業ブログのマネタイズには欠かせません。」も宜しければ読んで下さい。

https://www.uncle-blog.com/?p=16337より転載

【後書き】

私自身、このブログというメディアを通してWebに私のブログを公開するまでは「副業」という概念も必要もありませんでした。検索順位とかランキングとかに興味を持ち、アナリティクスや「サチコ」を見るようになったのは自分の ランキング がどの程度のモノかを知ってからでした。実際、私が以前に運営していたNBの評価ブログPVが1月に10万人程度の集客(アクセス)で、私のランキングは「トップアマチュア」クラスというものでした。


NBの評価ブログの更新を続けている時はアナリティクスやサーチコンソールや検索エンジンは無論、Googleのsearch consoleとか Googleの ロボットといわれる検索エンジンでもあるクローラー(クロール)の仕組みや運用には全く関心はありませんでた。しかし、ネタに困りチットは、その仕組みや使い方を勉強しました。なので、記事は書けるようになりましたが、サイトの機能改善やパフォーマンスの修正や向上はyoutube動画コンテンツを見て納得しているだけの毎日を送っています。


ハッキリ言ってしまえば アナリティクスやサーチコンソール を使って情報の解析や削除などのメンテナンスなどはプロフェッショナルとして、ある程度の収入があるぐらいになってからぐらいで十分だと思います。googleの search consoleやアナリティクスの画面に映し出される項目の情報を分析して有効に生かす手順や方法は初心者を脱してからで十分です。‥ンなことより下部にある画像の方が検索SEO対策の11項目を可視化した画像で、検索対策には価値があります。

search engine optimization