https://www.youtube.com/watch?v=ioOXezJ3G4g

世界中に8億人以上のユーザーがいる「TikTok」
tiktok

 

「TikTok」とはダウンロードアプリケーションです、日本語読みではティックトックです、世界で8億人以上のユーザーを持つ、正式名TikTokという(動画アプリ)です。(日本では殆んどユーザーが中・高校生です。)なのですが、ソーシャルメディア(SNS)としては世界で7位の人気を誇っています。
しかし、全ユーザーの60%以上が中国に住んでおり、ユーザーの70%弱はZ世代などで、・・・若い世代であるミレニアル世代(とZ世代)が彼らの親世代の人達に与える影響力が大きいのが特徴です

私が「TikTok」を「すげえ!なぁ~」と思っている点のは、ターゲット層がハッキリしているという理由だけではなく、今の若い世代(とZ世代)が彼らの親に与える影響力が大きいからです。
「TikTok」には思いもよらない効果があります。
プラットフォームを利用する若い世代はもちろんですが、彼らの両親や友人にも何らかの形で影響を与えているのは明白です。

小売事業者の間で、「TikTok」はまだ広まっていませんが、TikTokを利用した動画の投稿が、ブランドや小売事業者向けの新しい広告として利用されいるように最近なりました。
何故ならば、商品訴求の為のコマーシャルなどの製作費や雑費が非常に安く抑えられる上に効果が大きいのです。そればかりか、幅広い層の閲覧も期待できるからです。主に公開先がユーチューブ動画ですので、タイトル次第ではバズる可能性を秘めています。 なので機材や動画の編集する作業もプロフェッショナルではなく素人が少し勉強すれば資格も必要ありません。 時間や経費が膨らこともなく、加工も簡単な方法で済んでしまいです。・・・映像とBGMがメインの短尺動画のアプリは 製作 が簡単で利用範囲や製作意図はアイデア次第なので、中小企業やスタートアップ企業の広告展開や戦略には、もってこいかもしれません。
「TikTok」が小売事業者向けの新しいマーケティング計画に加わり、新しい事業展開のツールとして認知されるのも時間の問題でしょう。

そもそも 「TikTok」 とは?

そもそも 「TikTok」 とは自分や誰でも簡単にBGM付きの短尺動画を作ることができる中国発祥のアプリケーションツールです。簡単に云えば、「動画」という情報を簡単に作れて、誰でも閲覧が可能なツールソフトのアプリケーションです。

しかしながら、令和という時代入っても「TikTok」で広告掲載している小売事業者は僅か5%にとどまり、米国の前大統領であるトランプ氏の中国のソーシャルメディアアプリに制限を課すとの行政命令の影響も低くなく、「TikTok」を敵視する傾向も消えず、少なからず影響しているようです。ですから、 「TikTok」の機能を残して疑惑の部分は削除したアプリケーションを別名で、しかもニッチな市場で販売展開すれば新しい市場を独占することも夢ではありません。

「TikTok」は2020年6月にマーケティングに使ってもらえるよう、「TikTok for Business」を立ち上げました。
しかし、「TikTok」を利用して広告を出稿するには、「TikTok」の広告担当者を介する必要があるため、Facebook、Twitter、Instagramのマーケティング担当者の間で混乱が発生しました。今現在は、「TikTok」の「キャンペーンを作成する」担当者は機能を使って広告を出稿することができますが、先ず、ビジネスアカウントの登録が必要です。
「TikTok」の社外秘プレゼン資料によると、インフィード動画広告が2万5,000ド(約、日本円で270万円以上)また、6日間のハッシュタグチャレンジが15万ドル(1600万円以上)などが必要で広告費用が高くなる可能性があります。
(強欲で、ボッタくりに感じます。)今現在はセルフサービス型の広告(広告主が代理店を通さずに自分で広告コンテンツを設定、プログラム、管理できるもの)では、1キャンペーンあたりの最低予算は500ドル、グループレベルの広告では50ドルとなっています。
この機能が利用できるようになったのは2020年7月からです。

https://netshop.impress.co.jp/node/8031

ティックトック(tiktok)売りの効果を知る(勉強する)

「TikTok」を利用して販促をする為に「 1キャンペーンあたりの最低予算は500ドル 」ではやはり、未だ未だ…日本の中小企業やスタートアップ企業の広告展開や戦略には、敷居が高いように思えます。(何故ならば、ただ捨てるだけのお金に思えるからです。)

小売業者(社)は益々、DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略に販売方法をシフトしていく社会の状況です。本当に今迄のような流通に概念ではこの先の社会のマーケティング戦略から取り残されてしまいます。

当ブログ記事の「オックスフォード大学も認定した10年後の未来に無くなる職業とは」にあるように令和時代からは未来の始まりであることを認識した方はやる気も計画もスムーズに進みます。

3流東大の出身であろうと偏差値が低かろう実社会では自分自身のやる気と情報をどう?活かすかか重要であり、アナタの集中力と問題への取り組み姿勢だけが評価されます。判らない事や知らない知識は学習(勉強)すればアナタの知識になり、アウトプットすることで勉強法も確立できなます。さすれば、資格に付きものの試験や受験の只の通過儀礼として考えられます。時分に必要だからそ知識や考え方えお身に付けるだけで、周囲の世界は変わります。

商いも勉強も続けることで「力」「資産」が見えます。

「商いも勉強も続けることで「力」「資産」が見えます。」とは 今更ながら釈迦に説法てきなハナシですが何事も続けることが大事だし、自分自身が知らないうちに人間性や仕事の実力も少しは向上しているのは事実です。

しかしながら、NB(ネットビジネス)の世界のブログ運営では少々、かってが違うようで、ブログを 始めて1年以内に95%の人間が ブログ を止めてしまいます。ブログを止めた理由は当ブログ記事の「ブログ初心者が検索されるまでの9項目の必須条件と+α」という記事の中の総務省の「表」を見れば自分に都合のイイ理由が見えます。

ハナシが飛んでしまいますが、私が未だ会社経営をしていた時に東大出身の転職者が入ってきました、能書きはいっちょ前に言うのですが…仕事が雑でデキない奴でした。やはり仕事を任せられるのは学歴よりも仕事への姿勢が大事であり、そんな奴は周りの人達の評価もあがります。因みに 東大 君は一月で退社して頂きました。

世代により評価は様々ですが、社会の評価の芯は変わることはありません。

誰でも初めて始める仕事は初心者です。そんな 初心者 に向けて「ヘイトコメント」を言う輩がいます。私は「心や姿勢」が乱れるのでシカトを決め込んでいます。

当ブログ記事の「あのね、初心者なんだからブログにアンチコメントはNOです。という記事があります。

Googleのガイドに記載されているブログ記事の更新頻度項目を見ると、普通の人だと週2〜3回が適切だとGoogleは考えているようです。
明快に書けば、アナタが記事の質を保てる最短が更新間隔だということです。
更新頻度の高低で悩み、色々…調べた結果はGoogle側の人の発言にもあるように、
検索エンジン(検索ロボット)は更新頻度に関係なく良質なコンテンツを評価するようにプログラムされており、
不正にコピー記事や意味のないページを大量生産したコンテンツの場合は、検索エンジンの評価対象から除外されてしまい、
検索結果にも表示されなくなってしまいます。・・・ということです。
ということで、勝手に解釈します。
初心者さん、特にブログの初心者はブログ記事の内容を「否定・誹謗・中傷」するようなコメントを読むと凹むでしょう。
最初は誰でも同じです。
だから・・わざわざ、コメントを読む様な事はしなくてもいいのではないのでしょうか?
無料ブログのサービスを利用していて・・・・【コメント欄】が削除できない方々は_| ̄|○ですが
WordPressなどでブログを書いているならコメント欄をブログを書くことに熟れるまでは表示しない設定にするべきです。

https://www.uncle-blog.com/?p=513

というワケで、新しい何かを始める時はやたらとテンションが上がるものです、そんな時はどんな世代の人も真摯な姿勢が大事です。