共起語とは
きょうきご

 

検索順位に効くのは「検索キーワード」と「共起語」です。
「共起語」とは、任意の文章の中に出現する「キーワード」になる語句(検索キーワード文字)を想像させる文字(語句)を指します。
例えば【競馬】という話題や文章には「競走馬」・「サラブレット」・「芝トラック」・「馬券」などのコトバが必ず出てきます。
つまり、「検索キーワード」を連想させることのできるコトバ「文字(語句)」が「共起語」なのです。


共起とはコロケーション(collocation)と云われ、ある文字列(文字)とある文字列(文字)が同時に出現することです。
もっと難しい言葉で解説されているようですが当ブロブ記事では、敢て‥簡単に説明しました。ご理解ください。
更に付け加えれば、「共起語」はグーグルのロボット(クローラー)が検索順位を決める重要な判断材料であると共に、基準材料なのです。
「共起語」が入ってないコンテンツ(ブログ記事)などは順位をどう付けるべきか、プログラムであるクローラーは理解することができません。
なので、多分、圏外に飛ばされてしまいます。…それほど大事な検索順位に必要な要素が共起語です。

検索SEO対策の大きな決め手は共起語です。

再度、共起語の重要性を述べますが、定期的にアップデートされるグーグルの検索アルゴリズムですが、最終的にGoogleの目指すところは、グーグル検索の利用者に指示されることです。
そのためには誰にとっても公平なスタンスと検索の利用者(ユーザー)の使い勝手の良さと検索意図に対して、満足出来る内容の文章や図解が表示されることです。
しかしながら、その全てをプログラムコードで導くには長い時間と度重なる改善が必要です。       その一つの方法が共起語を活用した「検索SEO対策」というsearch engine optimizationです。
search engine optimization「サーチ エンジンできるのは文字というテキストを含む機械語(CP言語)だけです。
だからこそ、「共起語」というテキスト(TXT)を文中に入れて文章を組み立てることでしかGoogleの検索ロボット(クローラー)には理解してもらえません。


再度、書きますが文中に「共起語」をただ忍ばすだけではブラックハットSEOとしてグーグルから「ワードサラダ」を混入させたとしてペナルティーを受けてしまう可能性が大きいです。 「共起語」 として文中に入れ込むコトバ(語句)には文章としての構成(繋がり)が正しく機能していなくてはイケマセン。

検索キーワードの 「共起語」 の探し方

「共起語」 の探し方は非常に簡単です。

共起語

共起語は検索キーワードと共に文中に使われることで検索対策の効果が高く発揮されることは色々なブログに書かれている通りです。私自身もこの「 ラッコキーワード 」というさいとをよく使っています。
当ブログではキーワードと共起語が一度に探せる「ラッコキーワード」をオススメしますが、上位のブロガーやプロのブロガーさんも「ラッコキーワード」をよく使っているそうです。また、当ブログ記事の「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なのです」では詳しい説明と解説が図解とともに表示されています。

検索順位表示に共起語とマーケティング思考は必要とは。

文頭にも記述したように、検索表示で順位に効くのは「検索キーワード」「共起語」なのです。
「共起語」とは、任意の文章の中に出現する「キーワード」になる語句(検索キーワード文字)を想像させる文字(語句)のことです。重ねて書きますが、例えば 「検索キーワード」 が【競馬】という話題の文章には「競走馬」「サラブレット」「芝トラック」「馬券」「競馬場」などのコトバが必ず出てきます。
つまり、「検索キーワード」を連想させることのできるコトバ=「文字(語句)」が「共起語」なのです。その 共起語をコンテンツに適切に入れ込むことで、そのコンテンツは検索順位のトップクラスに表示されます。

記述したように、「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なのです。」には自分のコンテンツであるサイトやブログの順位を決める要素である記事タイトルとSEOが集客数と検索順位を決める鍵であるために‥その攻略方法を書いた記事のテキストリンクが明記されています。また、検索表示で同じカテゴリーで検索順位が「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なのです」に次いで検索2位の「ブログの集客は検索SEOとタイトルが鍵!知らないと絶対損してる」では簡単にブログ記事タイトルを解決・改善でき、決定できるツールを紹介しています。

くどいようですが、NB初心者さんは「共起語」というワードが…いかに大切な鍵かを肝に銘じて下さい。

「共起語」というワードを特に見出しに使うことで、検索順位が上がることが多いようですが、詳しい説明は検索順位を押し上げる為の方法で収益化や利益化している企業に依頼すれば…きっと教えてくれると思います。(但し、無料では、厄介払いされると思います。)