seo 対策

 

2022年からのGoogleSEOとアルゴリズムアップデート対策とは検索ユーザーや読者には抜群の信頼性を検索エンジンにもたらすことでしょうが、一般的な個人ブロガーには、難しくて正直なところ「何のこっちゃ❓」だと思います。


最近ではGoogle検索を利用した企業のマーケティング戦略で随分と企業ブログが増え、人材力や資金力でWebでの検索順位に上位表示を独占するメーカーなども増えてきました。まぁ~・・、メーカーなどが評価されるのは「今に始まった事」ではないですから。当然のことでしょうねぇ~。
自コンテンツを改善して順位を上位に押し上げるだけの知識や方法は対価を払えば、そのノウハウは手に入りますし、評価も期待できるのが企業という組織やメディアです。2021年までは個人ブロガーにも上位表示の可能性がありましたが、2022年からの検索順位の決定要素は、より強く「E-A-T」「YMYL」の姿勢が強いようです。
「権威性」や健康や病気や金融‥関連の話題やハナシについては執筆者や管理者の身元や取材元等がうかがえるドメインやプロフィールをハッキリさせた方が良いようです。ようするに、ブログ記事の管理者や執筆者はドメインからその存在の有無やステータスをGoogleが判断できるようにした方がランキングには有利ということのようです。


もっとハッキリ言えば、文章に責任を持つ人の身元や所属会社がコンテンツ記事内容と合致するような立場を担保できなければ、そのコンテンツはランキング外となる可能性が大きいということです。


Google Search Centralブログ

また、Googleは2021年11月5日に2022年2月よりデスクトップパソコンのランキングシステムの一部として、ページエクスペリエンスの使用を開始することを発表しました。Google Search Centralブログの発表では2022年3月末までにロールアウトを完了する予定のようです。

We’ll begin using page experience as part of our desktop ranking systems beginning in February 2022.
グーグル翻訳より
「2022年2月から、デスクトップランキングシステムの一部としてページエクスペリエンスの使用を開始します。」

2022年からのSEOとアルゴリズムアップデート対策とは

2022年からのは個人ブロガーの場合で、特に無料ブログサービスの利用者などはランキングの大きな波に襲われる可能性が大きいようです。2021までは【 コア ウェブ バイタル(core web vitals)3つの指標 】がGoogleのコンテンツ作りの指標と3つの指標 】がGoogleのコンテンツ作りの指標でしたかが2022年以降はドメインパワーと コア ウェブ バイタル(core web vitals) がより大きなウエイトを占めるようです。

【 コア ウェブ バイタル(core web vitals)3つの指標 】 については・・・・・・・・・「【自分でやる】2021年からの初心者(アフェリエイト)seo対策とは」や「google 検索アルゴリズム アップデート6月3日の要点」に詳しく記述しています。

ドメインパワーについては「googleのseo対策とは」というブログ記事を読んで下さい。