ブログ初心者の人がブログを始める理由は人、其々ですが、ブログの始め方にやはり悩んでしまう人も多いと思いますから「おすすめの始め方」という形容詞には気持ちがそそられると思います。誰でも失敗はしたくありませんし、どうせ公開するのなら多く人に読んで貰いたいと思うでしょう。最初から成功するのは無理でも誰でも希望の持てる結果を期待するものです。

只、文章力や読み易い文章や構成のスキルが身に付くまでには…慣れるだけ数を熟すのが最善の方法でしょう。 まぁ~、多少はテクニック的な「コツ」はありますが・・・

今回はその「コツ」と究極の「答」を明かそうと思います。


ブログ初心者におすすめの始め方

読み易い文章というのは、一つの文章が短く、意味が把握し易く出来ています。 長い文章は読みづらく、意味や内容も忘れ易く、記憶にも残りません。

また、分厚く…文字ばかりの本は開いただけで、げんなりしてしまいます。小説でも論文でもトリセツでも行間に図やグラフや個条書きの文章が有ると読み易く感じてしまいます。

何故なら、人間は単調な表現や行動には「飽き易い」「疲れ易い」と反応してしまうことが多く、また、そのように感じてしまう人間も多いからです。


:図やグラフか要点を個条書きなどにする。

:余白部分をつくる。

:究極的には文章の補足として挿絵やイメージ画像を入れる(センスが必要)

ブログ の 始め 方

ブログを始める理由や動機は十人十色ですので理由や動機よりも他の人に如何に読まれる・興味を引いてもらえるかは下の個条書きの部分を慎重に考えてください。これはある意味でSEOの要素を含んでいます。

ブログ の 書き方画像

:検索キーワードは書く記事よりも先に考える。

:検索キーワードの数は5個までです。

:検索キーワードの語句を入れた記事タイトルにする。

:スぺニット文章には必ず検索キーワードをいれる。

:スぺニット文章は2020以降からはSEOの大切な要素です。

ここで、ブログ初心者さんや後発組の人は初耳かもしれませんが2021年からはGoogleも言っていますが、検索キーワードのボリュームが若干、変更になるようです。2020の初春のアルゴリズムのアップデートでかなり従来の順位変動がありなしたが、原因は従来の検索キーワードのボリュームが若干、変更になったからでしょう。

私も最近知りましたが、検索キーワードのボリュームは「キーワードプランナー」以外は変更されていないようですが「キーワードプランナー」は検索ボリュームが変更されたとGoogleの注釈が明記されていました。



ブログ と は

最近はブログは「オワコン」などと云われていますが、個人が単体で行える最小限のビジネスはブログを介した商品の販売です。まぁ~、アフェリエイトブログなどはマーケティングの面から考えれば、個人一人でビジネスを管理できるビジネススタイルでしょう。 

但し、個人一人でビジネスを管理できるビジネススタイルではあるものの、規模が限られてしまいます。どうしても独り切りで仕事の起承転結を管理しようとすればビジネスの規模も限られ、売り上げや利益規模も小さくなります。

ブログ 初心者が更新や記事を書くのが嫌にならないコツ


ブログ 初心者が更新や記事を書くのが嫌にならない「コツ」と究極の「答」は最初からブログが上位表示される仕組みを知ることです。 ブログが上位表示される仕組みは全て【電通DIGTAL(2019年9月版/検索品質評価ガイドライン…翻訳版)】に書いてあります。また、Googleの検索品質評価ガイドラインを読めば大体のことは把握できます。

詳しくは当ブログの「検索seoでブログ表示上位になる仕組みとは」にかかれています。これ以上の「魔法のような答」をお求めなら自分で探して下さい。

あ、それからブログ記事の文字数でお悩みの初心者ブロガーさんに朗報です。 Googleは決して沢山 書いた文字の文字数でブログ順位を決めているワケではありません。 

アメリカ海軍天文台のマスタークロックのWebサイトは、ただ時間が刻まれているだけで何の装飾も施されてはいませいん。
しかもヘッダーやフッターだけでなく、関連説明文やリンクも無いシンプルなページだけなのです。
そして、文字数はたったの254字です。
しかし、このWebサイトは百個以上のキーワードで検索ランクインしているばかりか、毎月1000回以上のオーガニックなトラフィックが発生しています。

つまりは、検索意図に十な分回答を用意したコンテンツであることが大事なのです。・・・それが出来れは苦労はありませんが・・・