オックスフォード 大学

当ブログには「オックスフォード大学も認定した10年後の未来に無くなる職業とは」というブログ記事があり、近未来の今後に予測される人間が機械などのロボットやAI(人工知能)に代替されるであろう仕事や職業の可能性を記述しています。
機械などのロボットやAIを人間に代わって活用し、作業を自動化するのは、会社を経営する社長としては様々ある業務を自動化して人間の雇用にかかる経費を確率化するのは単純にリスクの分散化ですから当たり前のことです。
しかし、職業環境の変化は会社から必要とされない人間として、烙印を押されたようです。、自分のスキル不足や何らかの技術不足かもしれないと思い込みリストラにあったような影響を受けてしまいます。
AIとは知的行動を人間に代わってデータ化した要素をコンピューターに計算処理さる技術であり、もしくは、「計算機による知的な情報処理システムの設計や開発と実現に関する研究分野」を指すハヤリ言葉です。

AIやロボットが奪う職種とは

AT(人工知能)と聞くと、普通の人間は大層なイメージを勝手に抱いてくれます。なので、業者やメーカーは好んで「 AT 」(アーティフィシャル・インテリジェンス(artificial intelligence)というコトバを使います。アプリケーションやプログラムを開発した経験があれば、「マークアップ言語」だけでアプリや プログラムを開発 できることは知っているはずです。現に当ブログ記事の「シニア世代と呼ばれる老後にお金を家で作る方法」では私が書いた 「マークアップ言語」 の一部が明記されています。このプログラムを開発した背景は単なる好奇心でしたが、東京の〇 〇 〇 〇 エージェントと商談が成立しました。また、現在ではパソコンの1億倍の計算処理速度をもつ量子コンピュータも一部では開発済で、まだ大型なので小型化が課題だそうですが、いづれは汎用化され世間一般にお目見えするのでしょう。


それとは別に、去年の3月9日から理化学研究所(株)富士通が共同開発したスーパーコンピューターの【富岳】が運用を開始しましたが、一説には 【富岳】の名前も由来は日本の富士山で、海外での知名度が高いことで、世界のスーパーコンピュータの名称そして、富士山にちなんだ上で考慮され名づけられました。‥と云われていますが、私の知人であり、パソコン操作の先生でもある知り合いの人がコッソリ呟いたのですが、 【富岳】 という名前は 理化研究所と(株)通の両方の名前を掛けたらしいという噂があるそうです。

富岳

オックスフォード大学の准教授が発表したAIが奪う職種

人間が機械などのロボットやAI(人工知能)に代替されるであろう仕事や職業というのは、どちらかというと過去の例を比べたり、積算作業などの単純労働や同一作業の繰り返し的な内容のモノが多く、一度、作業工程を記憶してしまえば熟せるモノや、過去例との比較作業等は根気と集中力を必要とする人間には‥辛い部類の仕事ですが、機械には打って付けの単純作業です。有機生物の人間と無機物の機械類とのコストパホーマンスとストレスを比べれば当然、 機械などのロボットやAI(人工知能)にの圧勝でしょう。ですから、当然、職場に 機械などのロボットやAI(人工知能)が浸食してのは自然の流れです。

ヒトとして生まれ育てば誰だってリッチな暮らしやサクセスを望みます。しかし、これだけは確実に絶対起こることですが ヒトが人間である以上、絶対に逃れられないのがです。

リッチな暮らしで手に入れた土地や家や調度品もサクセスで手に入れたクルマや宝飾品も、いつかはアナタの手を離れて消えてなくなるのです。…当ブログ記事の「人生で人はサクセスを目指すが叶えられない方が当り前です」これは、チョー チョー・ チョー・簡単 に云えばの根本教理といわれる「色即是空」的な問いかけです。また、 当ブログ記事の 「普通でいる勇気とは」は無駄な欲望をすてれば「幸せ」 を感じられる 的な内容です。

断捨離で自分を見直そう

テナわけで、私自身も切ない気持ちになりますが、自分も消えて無くなる存在なので、そろそろ準備が必要な気がします。まぁ~・・人間、最後にいる物はお墓や納骨堂ぐらいです。だからこそ、せっせと今年からは 断捨離で 、身ぎれいな存在でやりたい事を躊躇なく実行しようと思います。高齢者として他人様に迷惑をかけずにピンピンキラリでコロリを目指します。