ミニマム

ミニマムな生活とはミニマリストの代表との云える「しぶ」さんのハナシをユーチューブで見て今の自分と一致している部分が多く、無駄な要素を削る生活とは能動的で自由で楽しいんだと改めて知りました。
私も幼い頃は運転手がいる生活を体験し、いわゆる「お金持ち」の様な暮らし方を経験しました。
家業はペンキ屋でしたが、さる超大手企業のビルや工場を一手に熟す、元請業社でしたので重要な部分は施工し、後は下請け企業にまわすことが普通でした。
お陰で、日程調整も時間調整も自由に決めれる立場でしたので十分な自由日を確保した結果、案の定、オヤジは飲み屋のホステスにコロリといかれてトンズラの挙句、会社は潰れ、母と私は夜逃げの末の借家で貧乏暮らしを体験できました。


そのおかげで節約や倹約を学びましたが3年目を過ぎた頃にオヤジがすったもんだの末に帰って来て、また、ペンキ屋を始めましたが、ある意味で懲りたようで地道な暮らし方で生涯を閉じました。息子である私も父の遺伝子を受け継ぎ、いわゆる浮気でデザイナーとしての成功を捨て、Webエンジニアとして身を起こしましたが、結局‥リタイアして、慎ましく暮らして今に至りますが、再婚相手の今の妻が断捨離で無駄な物事には容赦がありません。


妻は半年間、使わない物は容赦なく捨ててしまいます。そのくせ収入を得るという行為は私任せで、私は何度も見勝手な奴」と思いましたが、未だに離婚は考えていません。その最も大きい要素が「女性一人ぐらい、養えない男はクズ!」という私のこだわりだと思います。また、収入を得る力ぐらいはあるべき的な昭和のオッサン的発想からです。・・・断捨離に慣れることは無駄を捨てることです。無駄を捨てることは簡単ではありません。かなり、アタマを使います。「将来に利用する機会」があった時には・・・だからこそ、ある程度の収入源や目途の確保は必要です。

 

 断捨離とミニマリストは違う

断捨離と似たような意味で「ミニマリスト」という表現をしばしば聞いたりします。

しかし、ミニマリストは、既に所有している物を捨てたり、 所有している物から離れたりはしません。「そもそも自分が不要だと感じられる物は所有ない」という価値観や生き方が、生きる上での不文律となっています。なので、自分が大切にしている物・事まで捨てたり、自分の充実した生活ができなくなる様な事態がおこるまで、物を減らしたりはしません。断捨離という行為は、必要十分な物だけを残した自分にとっての快適な暮らしを追求するために行うと作業です。

ミニマムな生活は能動的になり楽しいゾ‼

私はユーチューブで「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」という動画を視聴した。

内容は「しぶ」さんというカリスマ的ミニマリストの方の「生き方」や「思考」を本にまとめた物を要約した解説動画。手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

この動画を視聴した私の意見は「しぶ」さんと一部は似ていました。しかし、私も俗物なので、病気を患い、リタイアした生活後に妻までガンを患い、老々介護的な生活を経験するまでは「勝組」や「成功」や「裕福」に拘っていました。しかしながら、その体験から、改めて人生を見つめた結果‥出た考え方は、余計なモノやコトに自分の時間や動作を拘束されることは人生全体では無駄であり、浪費になることに気づいたような気がしています。

楽しい

受動的な娯楽を提供するテレビや、身だしなみや、自分のイメージや第一印象を決定づける洋服のは、元々の職業柄もありや私自身の「こだわり」もあるのですが、最低限の 身だしなみのルールは私的には「清潔」と「着心地」です。決して値段が高いモノが良いとは限りません。自分が満足できるモノであれは、安いにこしたことはありません。以前、未だ現役時代に外車やキャンピングカーやカスタムカ、また滑稽でした。極めつけは、前英国皇太子妃の 〇〇〇〇妃が仕立てたロングコートと全く同じ生地で作られるプレクチュールの注文を全国の富裕層の女性向けにテレビの深夜枠を使い、通販番で流した所、注文の多さに驚かされました。‥決して安くなく、むしろ、通販では考えられない程の高額でしたが、バックボーンが 英国皇太子妃の 〇〇〇〇妃が仕立てたロングコートと全く同じ生地というのが虚栄心をくすぐるには十分な材料でした。お陰でメーカーと私の関連会社はニンマリでした。…虚栄心と見栄には驚きました。

てなワケで、私の考え方は余計なモノやコトに自分の時間や動作を拘束されることは人生全体では無駄であり、浪費になるということです。

人生で本当に自分に必要なモノ・コトは何?。

今回のテーマは「ミニマムな生活は能動的になり楽しいゾ‼」ですが、私のテレビ視聴時間は精々、1時間程度です。その大半は当日のニュース映像と解説を扱った ニュース が多く、後は妻が見る番組を一緒に見る程度です。自分に必要な情報は粗、Web経由であり、娯楽の動画鑑賞もサブスクのサービスを利用しています。つまりは、自分が必要と思えるモノに対してだけ対価を払いますが、「費用対効果」 がいい サービスにしか 興味がありませんから、無駄と感じるモノ・コトは排除します。しかしながら、自分の価値観に合致する モノ・コトには対価を惜しみません。

動画の解説には「見栄」「欲」を捨てれば「自由」が得られるとありましたが、私の妻が言うには「私の欲しがる物は高額」ばかりだそうですが、自分の使い勝手を考慮すると自然に高額になるのは仕方がないことです。私は今更、 「見栄」だの「欲」 だのはありませんが、人間‥長く生きれば自然に「目が肥える」ので、自分の欲求を満たすと、高額になる場合も多々あるようです。

暮らし必要なお金は自宅で作る

というワケで、最低限の収入力は確保してあるのが「男」としてのプライドです。当ブログ記事の「人生で人はサクセスを目指すが叶えられない方が当り前です」には対処方法としての「思考を変える」ことで、少々の困難にも勝ちぬく方法が明記してあります。


また、「働かないニートの末路は悲惨しかないゾ!。」には検索SEOで最も大切なテクニックが11項目毎の説明され、+αの項目として「ドメインパワー」についての記述が記載されています。それとアフェリエイトでは。中々思い付かない記事タイトルを無料で考えてくれるツールサービスが詳しく書かれています。

生活

検索者にとっては自分が探している案件に最も効果的な記事タイトルが「答」を導く近道と判断されます。
それを如実にあらわいているのが、当ブログ記事の「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なのです。」です。このブログ記事は検索順位での1位ですので、書かれている内容はデタラメではありません。しかも書かれていることは簡単です。
また、当ブログ記事の「ブログの執筆はモバイル機能の音声入力を使って時間短縮しよう。」を試してみてください。