あなた自身の言葉がアナタの未来になる。

「あなた自身の言葉がアナタの未来になる。」というタイトルですが、未来の人生で、あなた自身の成功も失敗も自分自身の言葉や思考が自身の行動になり、基になるという意味でしょう。最もこの本をオススメする人は心の中の自滅的な声が止まらない人が読むべきでしょう。


言葉

文頭の考え方、あなたはあなたが使っている言葉でできている。」という書籍から出たモノです。ですから、私たちやあなたに人間の行動や日々の思考次第でチャンスが生まれる可能性を気付かしてくれているのかかもしれません。
もっと簡単に言えば、日々のあなたが、思い悩んでいる考えや心配事が未来のアナタの幸せや自信奪い取り、アナタは仕事でも失敗をくり返して、自分の目標も失うことになるだろう。という状況を生まない為にも・・・「負」の考え方や思考や言葉は、アナタの成長や存在を妨げるだけで、あなたに必要な本当に大事な能力を発揮する姿勢すら奪い取ってしまうことだってあるかも・・・
人間とくに、組織人(企業)での存在価値は、周りや相手の人間とは違う思考やコトバ(名言)を言ったり、時間を守るという点かもしれません。これは私が実社会で評価された経験知ですが・・・

世界には沢山の名言があり、名言というコトバには「人」を奮い立たせたリ、変えてしまう力があります。

思い悩む心や心配する気持ちが失敗を招く

本の一説

あなたはあなたが使っている言葉でできている。」の一説

あなた自身の言葉がアナタの未来になる。

ともかく簡単に本の内容を要約すると、人間という生き物は心や脳で思う、ネガティブな感情や気持ちは必ず、アナタをその様な失敗やマズい状況に追い込む‥と、現代科学では判って来たので、ネガティブではなく、ポジティブにノモや展開を判断した方が成功し易くなる・・というような内容がかいてあります。・・要は悪い方向に物事の推移を考えないで上手く行くことばかり考えた方が統計的に成功していることが解ったのですからアナタもそうしてください的なことが書いてありました。

著作者はゲイリー・ジョン・ビショップ(Gary John Bishop)というスコットランドのグラスゴー出身。1997年にアメリカへ移住後、自己啓発の世界へ興味を持ち、存在論と現象学に傾倒します。そして、何年もその手法の研究を続け、大手人材開発企業で「シニアプログラムディレクターという役職を務めた後に、マルティン・ハイデガーハンス・ゲオルク・ガダマーエトムント・フッサールの哲学から影響を受け、「都市哲学」という自身のブランドを創り出しますが・・(ウィキペディアにはありません。)現在は、人間の能力をシフトさせて人生に大きな変化を起こすという生涯の仕事に日々奮闘しているとのこと。(チョット胡散臭いけど、書籍は有名だし、自己啓発の世界では大物です。)

あなた自身の言葉がアナタの未来になる。

と、まぁ~・・哲学というフレーズが格調高い学問の匂いプンプンですが、ネガティブ思考よりポジティブ思考の方が人生と未来に良縁をもたらすなんて、今更、御大層な本に書かれても、私は余りありがたくあるませんから、悪しからず。

追記

自分の周囲に辛気臭いネガティブ思考考の人間は、、あまり居て欲しいとはおもいません。出来れば慎重だけれどもポジティブ思考の人間の方が自分の人生や未来に良縁をもたらしてくれしうな気がしますし、暗い表情や雰囲気は、かえって‥こっちの方が気を遣うので勘弁してほしいです。ですから、人は常日頃から明るさを忘れないよう心掛けた生き方をした方が良いようです。