人生は60歳から悠々自適です。
悠々自適

今回は「人生は60歳から悠々自適です。」と書きましたが、特に男性の、いわゆる定年後(定年退職)の老後に退職金や年金に頼る生活では不安を感じる暮らしで、夫婦世帯を維持する為に収入や生活費というお金の為に再雇用という選択肢も日本ではありえる話です。

前書き

人生100年時代に入ったと世間では言われ、2030年の近未来には様々な制度が当てにならない不安な暮らしがZ世代や今、20代~30代以降の年齢の人達には待っているようです。
当ブログでは様々な記事を通して警告していたのですが、当ブログ記事の「withオミクロン株共に生きる近未来の暮らし」の中で紹介している「2030年すべてが「加速」する世界に備えよ」という書籍には将来、実現されるであろうテクノロジーが明記されています。
友人が富士通や電通や大手大企業の現役で働いているので、「戯言」とも思えづ、「2030年・・・」を再度読んでみましたが、「量子コンピュータ」が現実に稼働している今、あまりにも日本人の脳天気で世界情勢への無関心さには呆れるだけです。


近未来において一般的日本企業の平均給与金額など知りませんが、下がる事はあっても上がる事など無い状況です。
仕事を退職したところで、退職金などは雀の涙程度でしょうし、生活して行く上での物価だって上がることはあっても下がることなど無いでしょう。
また、昔なら65歳は老人ですが、現代社会では現役バリバリの人もいます。ンナ具合ですから、個人差はありますが、人生100年時代にはお金が必要です。
いずれにせよ方法は様々ですが、資金や時間に関係なく、お金の不安を解消する方法として、当ブログでは「失敗しない専門家と投資家が選ぶ銀行を介した投資信託とは」という記事をあげました。


方法は投資ですが最も安全なインデックスファンドという証券口座を登録して長い時間を架けて資金を複利で増やして行く失敗ナシの投資方法です。 毎月一回は低額でイイので、一定額のお金を貯めて行くような方法ですがれっきとした、世界で認められた安全な投資方法です。しかも、夫婦2人で旅行も行けるし、終活の準備にもきっと役立つと思います。何故なら早ければ早いほど65歳を過ぎた頃には、ちょっとした金額を持つお金持ちに成っている可能性が高いからです。

人生は60歳から悠々自適です。

というワケで、当ブロブ記事「オックスフォード大学も認定した10年後の未来に無くなる職業と」に記載されている2030年にAIに侵食されてしまうと予想されている職業を含めた人の行う職業の85%が無くなる予想されていますが、日本の国会でも以前に論議された「ベーシックインカム」が適用される見込みなので、最低限の生活の維持は出来るハズです。

オックスフォード大学

最低限の暮らしは維持できるので投資金額の数万円分だけ働けば良いのです

投資

生活の水準は周りの人達と同じですから、余計な見栄も自尊心も要必要が無いので無駄な人間関係に煩わされることも無く、アナタは黙々と毎月に必要な投資金額の分だけアルバイトやパートタイマーとして何かの作業や労働に従事すれば、60歳を越した頃からは悠々自適の生活は待っていますが、どうしても自宅や自室で作業や労働に従事したければ、当ブロブ記事「検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。」の検索SEOで最も大事な項目11+α部分をご覧いただいて、明記されてい内容に従って下さい。 そして、当ブロブ記事当ブロブ記事の「インターネットで商品を紹介して売る仕事」の中にある「コンテンツやブログ記事を書く心得」をしっかりとアナタの肝に命じて下さい。

コンテンツやブログ記事を書く心得