やりたい 事
やりたい事

「やりたい事をやる」というタイトルですが、こてから先の近未来は様々な職業分野にAIが進出し、人は職場を失うことも考えられますが、人間は創造性という「志」を持つ生き物だということを忘れないで下さい。


特に若い世代の方々は職業が無くなり悲嘆にくれるかもしれませんが、チャンスが到来したことを喜ぶべきかもしれません。何故ならやりたい事をやる時間と「好き」が人生の仕事になりお金になる生き方を選べるチャンスが生まれたのですから。
人間の考え方は日々の悩みが生まれることで、好きな方法と行動を選択し、失敗を恐れず不安よりも好きを貫いた生活を選ぶ傾向が有り、特に若者世代はその傾向が顕著です。
逆に若者世代が失敗を恐れず、不安よりも好きを貫いた生活を選ぶことが正常だと私は思います。
重要なことはお金よりも好きを選択した理由が大事です、「好き」は最大の進歩に繋がる条件だからです。人間の世界では、成功という結果が幸せランキングの上位を独占しがちですが、他人よりもお金もちであり、幸せだという考え方は成功は皆‥幸せという実現離れした偏見です。
理由はどうあれ必要なことは「好き」な気持ちは最大の進歩に繋がる条件だからです。
人間の生き方で最大のヒントは「好き」という気持ちと、「やりたい事をやる」という考え方です。
コトワザで「好きこそ物の上手なれ」という言葉があります。また、「好きこそ物の上手なれ」というという著書も多く有り、「好き」という概念は様々なところでフォローされています。

好きこそ物の上手なれ とは・・・

解説] 文字どおりには、好きであればこそその道の上手である、とする一種の誇張表現で、まず好きであることが将来の上手につながることが強調されています。技能は未熟でも、好きなことにかけてはひけをとらない初心の者を励ましてくれることわざといえるでしょう。文法的には、強意の係助詞「こそ」を受け、「なり」の已然形「なれ」で結んでいます。古典文法でおなじみの「係り結び」が、現代に生きて使われている珍しい例といえます。
 用例の「其角十七回」は、江戸前期の俳人たからかくの十七回忌に編まれた句集で、注釈のなかで、かつて故人が「器用さと稽古と好きと三つのうち好きこそものの上手なりけれ」とよく口ずさみ、将棋名人大橋宗桂も同じものを口にしていたことを伝えています。ことわざの背後には、芸能などの弟子を育てる名人上手の深い洞察力と温かい思いやりが感じられます

https://kotobank.jp/word/%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%9D%E7%89%A9%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AA%E3%82%8C-540944#:~:text=%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%96%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B%E8%BE%9E%E5%85%B8%E3%80%8C%E5%A5%BD%E3%81%8D,%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC&text=%E4%BD%95%E4%BA%8B%E3%82%82%E3%80%81%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3,%E4%B8%8A%E9%81%94%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9C%9B%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82&text=%5B%E8%A7%A3%E8%AA%AC%5D%20%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%A9%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%81,%E3%81%8C%E5%BC%B7%E8%AA%BF%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82 より転載
やりたい 事
やりたい事をやる

やりたい事をやる

私は思春期前後から青年に成るまでは両親に様々な迷惑と心配を掛けました。良い悪いは別にして両親は黙ってしりぬぐいをしてくれました。今、考えれば、怒って当然なのですが、つくづく実感していますが「親」というモノの寛容さと慈悲と愛情は「アリガタイ」ものです。てな具合で、若い人は迷いや悩みという壁に突き当たり、数々の問題と向き合って人として成長します。

ですから、ペットのネズミサークルに有る「くるくる回る回転車」のような切りの無い、何かの競走を知らぬ間にさせられていると気付かづに人生を組み立てることがアナタにとって正しい導(みち)なのか?問うてみる事も必要なのではないでしょうか。

やりたい事をやるけどお金は必要です

私なら、やりたい事はやるけど、お金が無くて貧乏な暮らしは真っ平ゴメンですから、気持ちの安定の為にも、お金は必要です。お金に余裕があると殆んどの心配事が無くなる暮らしが手に入ります。また、自分を必要以上に飾り立てたり虚勢を張る必要も無く暮らせます。まぁ~・・生まれや育ち方で、拝金主義者のような人もいますし、デカい家や豪華なクルマや札束などを持ちたがり見せびらかす人に限って似合いもしたい怠惰か貧弱なカラダにブランド品を纏っているようです。または、わざわざ公開している女性もいて、意味がわかりません。

私のブログ記事「失敗しない専門家と投資家が選ぶ銀行を介した投資信託とは」はお金を効率良く貯めて増やす方法が明記してありますが、魔法やFX投資のように一気にお金が増えたりはしません。一攫千金やギャンブルが好きなら、他のブログ記事を探してください。・・・・・・・・・・・・・・・・・当ブログ記事の「人生は60歳から悠々自適です。」の記事を読んで頂くとわかりますが、お金は知恵をしぼり、汗をかいて得るモノだと私は思っていますので、お金の価値を知らないままお金を得る方法など知っていても書きません。当ブログ記事の検索エンジンを最適化する方法を書いた「検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。」の11項目の箇条書き説明文+αをしっかり読んで、その要素を真似すれば、アフェリエイトで、それなりの金額は稼げるハズですが、下手くそで読みずらいブログ記事では、マネタイズの部分になる前に読者やユーザーさんが離脱してしまいます。それを防ぐ「力」(スキル)の付く頃にはドメインパワーも身に付くでしょう。まぁ~・・、それまでブログを続ける努力が出来る人なら、何をやっても成功するハズです。