働かないニートも障害者も家でお金を得る方法
引き こもり

「働かないニートも障害者も家でお金を得る方法」というタイトルですが、このタイトルは障害者である私の第二の人生のテーマでありコンセプトなので、この記事は現実であり、可能なことしか書きません。


つまりは、実践できるということです。この社会で生活して行くには当事者(引きこもり・障害者)でもお金は必要です。
障害があろうが子どもだろうが仕事や就労をしていなくてもお金は生きて行くために必要です。
日本の国民であれば、当事者(本人)を含めて対象の家族にも様々な支援が支援に合わせて用意されています。


問題は支援の方法です。特に引きこもりの当事者です。当事者の親や親族が存命中はいいのですが、親や親族や世話をする人間がいなくなった場合には全ての支援は打ち切られます。
金銭的な資産があれば、葬儀全般も行われるますが、無ければニュースで報道されるような悲惨な事件も起こったりします。
要は就職と収入という事実があれば、防げることだと私は考えました。
引きこもるには理由があるから、その様な現象になり、対人拒否症状を起こし、周囲に人がいる環境では働けないのが実情だと思います。
また、障害者も一見すると、何の障害も無い人に見えますが、働けない人間もいます。

支援の問題とは状況と支援の方法が画一的だからです。

人が集まると様々な不具合が出てきます。それに対処しようと色々な支援策を人は用意しますが、どうしても画一的な面が出てしまいます。しかし、人の抱える不具合は様々な原因が組み合わさり、より複雑な原因になります。

働かない引きこもりも障害者も家でお金を得る方法

確かに、様々な不具合が出てきますが、行政が行う「支援」では、様々な不具合に対処するのは不可能です。何故なら、行政には縛りがあるからです。最も効果的な方法は様々な不具合が出る前に、お金を得る方法やお金を貯める方法を知り、その方法を実践することです。

先ず、お金を得る方法ですが・・・当ブログ記事の「働かないニートの末路は悲惨しかないゾ!。」の中にある「自分の方法で仕事をして胸を張れ‼」より下の検索SEOで最も大事な項目11+α部分の各、項目ごとの文章が初心者や後発組のブロガーさんに向けてもアドバイスですが・・・最も大切な要点は「ドメインパワー」(被リンク)を得ることです。但し、現状は個人ブロガーが(被リンク)を得るには難しいようですが、「日本ブログ村」や「ブログランキング」のような団体に所属すると比較的、楽に(被リンク)が得られるようです。ともかく「ドメインパワー」(被リンク)については「運」と運営年数が頼りです。魔法のようなアンチョクな方法などありません。‥ここに記載している方法はマーケティング戦略のアフェリエイトでお金を稼ぐ為と同時に検索表示で上位表示する為の方法です。成功すれば、月額100万円以上の報酬が普通に得られますが、(被リンク)を得た場合に限ります。(被リンク)が得られない場合はダイレクトレスポンスマーケティング(Direct Response Marketing)という手法があります。但し、この手法で稼げる金額は精々30万円までぐらいで、作業量も少なくありません。

働け ない 引き こもり

Direct Response Marketing

SEO

当ブログ記事の文章には障害者もニートも働けない日本人はパソコンでお金を稼ぐ方法があるというのが「障害者もニートも働けないから、パソコンでお金を稼ぎたい人への方法」という記事にあります。パソコンやスマホを使うことで現代は、思いもよらない金額を稼ぎ出せる時代ですが、その方法も数十年後には消えてなくなるでしょう。今は時代の変わり目で、「取り残される人と浮かぶ人達」に分かれ出す時代のようです。くれぐれも前者にはならないで下さい。

お金を貯める方法

当ブログ記事の「失敗しない専門家と投資家が選ぶ銀行を介した投資信託とは」という記事があります。この記事はハッキリ言ってしまえば、「インデックス投資」ですが、投資で負けることの無い方法です。何故?この方法が広まらないかというと、‥必ず勝ちますが、その期間がやたらと長いとう特徴を有しているいるからです。最低でも10年は続けなけれはお金が膨らんだと実感できません。しかしながら、どうせ、引きこもりで社会と関わりを持ちたくない人種(障害者も同じ)ですから、月に一度、パソコン画面の投資金額を見て「ニヤリ」として、SEOブログを更新していれば。当ブログ記事の「人生は60歳から悠々自適です」のような結末が待っています。