オートファジー とは

「ダイエットのオートファジーの効果が出るまでとは。」がタイトルですが、オートファジーは唯一、私が瘦せた減量の方法です。オートファジーとは簡単にいえば断食なのですが、オートファジーは公式に認められた方法です。


公式に認められた方法とはノーベル賞で受賞したファスティングのやり方であり方法なのですが、普通のダイエットとは違い、細胞レベルで考えられた最強ともいえる断食ダイエットであり効果は私で実践済みです。
オートファジーとは1日24時間の内、食事ができるのは8時間だけです。つまり、体内に栄養(カロリー・エネルギー)になる食材を摂取できるのは16時間を除く、8時間以内に朝食から夕食迄を済ますというやり方です。
このオートファジーという仕組みを簡単に解説すれば・・・
カラダの活性機能を利用して人間の空腹時にだけ作り出される人が生きて行く上で必要なタンパク質をカラダ自体から作り出すことを‥ギリシャ語にあるオートファジー(自らを食べる)というコトバになぞらえた方法です。


もっと簡単にオートファジーダイエット説明すれば・・・
体が飢餓状態になったときに、オートファジーが活発化し、古くなったカラダの細胞が生まれ変わり、全身の細胞内やお腹の組織・内臓・胃腸などを含めた消化器官の働きが活発になり活性化することで、痩せると考えられています。

老化を防ぐのは16時間内に取る睡眠時間が鍵です

16時間に含まれるのもは運動もですが、好きなだけ寝るのは構いませんが、寝すぎはイケマセン。推奨されているのは7時間程度です。睡眠時間にだ個人差が有り、人其々です。まぁ~・・、私の場合は「体幹異常」というもので、脂肪燃焼に必要な運動が全く出来ないワケなので、運動を必要としないオートファジーダイエットが、最適でした。

ダイエットのオートファジーの効果が出るまでとは。

2020年12月1日に公開済みの当ブログ記事の「簡単な食事制限はノーベル賞受賞博士もお薦めのダイエット方法。」に詳しいオートファジー方法の仕組みは明記されていますが、東京工業大学 大隅良典 栄誉教授が研究した成果を評価した、スウェーデンのノーベル財団には「偉い!!」と逆にノーベル賞をあげたいくらいです。

オートファジーの判りやすい話

YouTube動画に「ファスティングがあなたにもたらす奇跡「オートファジー」の分かりやすい話」というモノがありますが、私も「オートファジー」のダイエットを実践して得た真実があります。断食時間の16時間の間はコーヒー・お茶・トマトジュースなどの糖分を含まない水分の補給は構いませんが、断食時間の16時間の間に少しでのも食材や糖分を含む水分を採れば「オートファジー」のスイッチは入りません。つまり。効果な無いのですからアバウトな感情でオートファジーダイエットを行っても意味はありません。

ちなみに私がオートファジーダイエットを行った時の体重が88キロで現在は78キロです。約、90日弱で結果を得られました。

オートファジー ダイエット