2022 副業おじさんのブログ記事の上位表示方法
上位表記事

「2022副業おじさんのブログ記事の上位表示方法」というタイトルですが、記事を上位表示させる方法は当ブログ記事の「検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。」の検索SEOで最も大事な項目11+αが基本です。


本当に自分のWebブログや画像を含む記事をGoogle検索(上位表示とは1位~5位とされていますが最近では6位も含まれるようです。)で上位に登場させる為には「コツ」も重要ですが、キーワードを推理するための「検索クエリ」の設定が分析のカナメです。
敢えて、書きますが‥ブログ初心者や後発組の人はブログ記事の文字を一定数、、埋めるのに精一杯で「検索意図」だの「検索ニーズ」だの「検索クエリ」どころではないぐらい「面倒くさ~い」と思うのが普通だと思います。
私自身がブログを書き始めた頃は「ブログに取られる時間がイヤ」でした。つまり、ブログのためのライティングやマーケティングスキルの取得に時間の取られるなどの思いもつかなかったのです。


確かに、コンテンツの順位を上位表示させる施策や方法はコンテンツ運営の経験の長さで、違いがあることを理解して下さい。検索クエリによりキーワードの競合性が違い、ライバルの多いタイトル記事のカテゴリーと少ないカテゴリーがあります。ツール運営歴の差と検索クエリにより、タイトル記事のカテゴリーボリュームの差が生じます。例えば、タイトル記事のカテゴリーボリュームが「約 38,600,000 件」とか「約 21,000 件」などと差が生じます。


webサイトやブログの運営歴が初心者や後発組クラスの人はGoogle検索の流れや仕組も知らずに「アクセス数」や「上位表示」を求めたりしますが、「上位表示」や「アクセス数」を得るにはGoogle検索のSEO対策の仕組みと目的を理解する必要があり、より成果のある成果を得ることが出来ます。webサイトやブログを作成し、ユーザー意図やニーズに沿ったwebサイトやブログを作り、Google検索の上位表示えお狙うには、アナタのwebサイトやブログは検索エンジンのクローラーに評価され、webサイトやブログのコンテンツがGoogleのデータベースにインデックスされる必要があるります。


アナタのwebサイトやブログ(内部対策を施す)➡クローラーに評価される➡Googleのデータベースにインデックスされる➡検索アルゴリズムいよって順位が付く


(内部対策を施す)とは内部リンクや検索SEO施策を施し、様々な基準に対応してるかをチェックするツールを導入したり自ら確認する姿勢を持つ

webサイトやブログの検索SEO施策とは

2018から2021に私のSEO対策の基本は現行の状態になったのですが、この方法は飽くまでも、webサイトやブログの初心者さんや後発組の人に向けての内容ですので、キーワードの競合性が「中」や「高」の場合に効果を担保するものではありません。

2022 副業おじさんのブログ記事の上位表記事の上位表方法

検索エンジンの最適化いわゆるSEO対策の内容なのですが④の内容を更新したので、2022年度版の検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。

上位表記事上位表記事江を指すイラスト画像

: 検索KWは必ず記事タイトルに含める
■いわゆる、検索フォーム(検索窓)に書き込む、自分が抱えた疑問や問題解決に繋がる関連語句のことを検索キーワードといいます。例えば当ブログなら 「副業 おじさん ブログ」です。

:リード文章は300~8・900字くらい
■ブログ記事の最初はリード文という「前書の様なツカミ的な前文」を書きますが、殆どの読者やユーザーはリード文を読んで記事を読むか辞めるかを決めます。「網羅性」を重視した場合は文字が多くなるのはかまいません。

:ブログの文章構成は必ず見出しに分けて文章を書く■ブログの文章構成は必ず(h2・h3・h4・h5)などの見出し・段落に分けて書く。そして、記事タイトルは必ずh1を使い、次に重要な段落は必ずh2を使います。

:画像やグラフは必ず著作権フリーのモノを使いサイトやブログ文章を補足する■検索クエリにマッチした、または、イメージし易い少し大き目の画像を使う。
■使用する画像や表のalt=”“部分には必ずKW語句を入れる 。もしくは‥‥
■最適な例‥<img src=”tubasa001.jpg” alt=”シュートする翼の瞬間姿”/>
■画像のファイル名が「tubasa001.jpg」などのファイル名より「The appearance of shooting tubasa001.jpg」にした方が画像の内容をGoogleに伝えやすくなり有利にます。

:画像やグラフはピクセル数を減らして表示速度を上げる
■ブログに使用する画像や表やグラフなどは「画素」を小さくして、コンテンツの表示速度を上げる。(上記の少し大き目の画像と反しますが色素を減らすなどする)

:内部リンクは必ず貼る。(相互リンクは、なお良)
■自ブログの執筆記事と自ブログの他記事は必ず内部リンクを貼る。

:ブログサイトなどの文字数は3,000強字程度が上位表示されている(規定は無い)
■検索順位が上位や1位のものの中にはカテゴリーによっては1~2万文字を超えるツワモノもありますが、世界には文字数が250字弱で上位表示されているものもあります。

:ブログ記事内には検索KWとを共起語は必ず含める含める
■共起語とは、あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのことです。
Googleは上位20位までのブログ記事内に登場する語句の出現率の順位によって検索登場順位を決めているようなので共起語をコンテンツ記事内にいれることは必須条件です。

共起語を知る方法は当ブログ記事の「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なす。」を読めば図解入りで詳しく説明されています。

:検索品質にガイドラインにも明記されている「E–A–T」とYMYLは常に意識する
■「E–A–T」とYMYLはGoogleのブログ品質評価ガイドラインに明記されている検索順位に大きく関わるグーグル社の「指針」だといえます。

:スニペット文章には必ず検索KWを含める
■スニペットとは「meta description」ことです。今の検索者はスニペットと文章を読んで、コンテンツを訪れる傾向が強いようです。

当ブログ記事の「初心者が上位狙いならソースコードとスニペットが重要とは」に詳しくスニペットの説明がかかれています。

:記事タイトルで推測できる内容以上の情報を検索クリエ(検索者)に提供する
■記事タイトル以上の検索クリエが「得した!」と思えるような記事タイトルの関連情報を記載する

https://www.uncle-blog.com/?p=20273

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ 

当ブログ記事の2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ ではないが、何でも小さくなり、手軽になる時代のはずなのに、「副業でも始めるかぁ~」と思い付いた後輩に先人の知恵を公開しない体質は島国根性であり、閉鎖的で、帰属意識のなせる行為なのかなぁ~‥と感じています。


私が「副業おじさんのブログ記事の上位表示方法」というタイトルで初心者さんや後発組の人に検索SEO対策の方法を公開するのは上記のような疑問と意識があるからです。どうせ、未来は技術的な発展は「量子コンピュータ」が汎用状態になればFS小説のような社会が現実化するハズなので、どんな問題も疑問のスピーディーに解決されてしまうはずですから

【注意】この記事に似たタイトル記事「検索上位を望むならSEOが基本です。」は、

ブログ記事を書けばなるべく大勢の人に読んで貰いたいと思うのが人間です。
しかし、ブログ記事を読んで貰うには‥ある条件をクリアしなければなりません。
それは、検索エンジンのSEO対策と キーワード対策です。検索順位で上位表示されることが重要であり、タイトルが人の目に触れることが最も重要です。的なことが記述されています。また、SEO対策については「必ず知るべきアフェリエイトブログを上位にする13+αのコツ」を読んで下さい。当ブログのスキルが無料で手に入ります。…因みに当ブログ記事の検索エンジン対策は13+αのコツによって書かれています。