おじさんのブログ記事のトップイメージ

 

おじさんのブログが検索されるまでというタイトルですが「ブログのアクセス数が増えない」・「副業でブログを始めるけど、SEO対策をしたい」・「ブログのSEO対策ってどうすればいいの?」・「ブログが検索されるまで仕組みを知りたい」とお考えの方が多い思います。


私も、こんな方と同じでした。このブログ記事ではSEO対策について説明します。
Googleの検索エンジン対策は、今後大きなアップデートや変更は無いと思われます。なので、「SEO対策の本質」について解説しますので参考にして下さい。


上位表示や順位を上位にするために「やっておくべき重要な仕組みやSEO対策の手法」について簡単に説明します。Webサイトやブログを運営している方で、中には「検索エンジンのアップデートやアルゴリズムが変わればSEO対策の手法なんて無駄だと方々もいる」と思いいます。おそらく、その予想通りでしょうが、それを踏まえてでもSEO対策を施しておいて損はあるません。  是非とも最後まで読んでみてください。

そのそも「SEO」って何?

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、これを日本語にすると検索エンジン最適化となります。 「最適化」ってところが分かりにくいですが、要するに、Webサイトやブログを検索エンジンで順位を上位に表示させる方法です。


アナタが自分でWebサイトやブログでSEO対策をするということは、SEO対策を無料で施し、機能を最適化させることを意味します。「検索エンジン」いわゆるユーザーの誰かが検索すると、ユーザーの検索意図と合致したアナタのWebサイトやブログは上位表示される」という事になります。
この上位表示される仕組みを以下の様に考えてください。

「検索窓(フォーム)に上位表示されるサイトやブログ記事は、検索エンジンに高評価されている」と考えて下さい。

この為、SEO対策で最も重要やことは、Webサイトやブログ記事の内容を検索エンジンに認識してもらって、高く評価してもらうことです。

初心者さんがSEO対策で覚えておくべき一番大事なこと

Googleの検索エンジンは検索者の利便性を追求する

パソコンやスマホのGoogleの検索フォームなどで「肩こり痛」というキーワードで検索してみてください。
検索結果の上位は、「肩こり痛み特効薬や悩みや対策方法・Q&A」について書いてあるサイトがズッラっと並んでいはずです。
つまりは検索エンジンは、「肩こり痛」というキーワードで検索する人の多くが「肩こり痛を治す方法」を探していると判断します。
「肩こり痛」で検索する人は「痛(いたみ)」の治し方を知りたいはずです。
なので、この場合は、検索エンジンは‥検索する人が欲しがっている情報を検索上位に表示します。
これが検索者の利便性を追求している結果です。
今後も検索エンジンは検索する人の利便性を追求し、更に検索する人間にとってより良い検索結果を表示していく様に改良や改善が図られるでしょう。

 

当ブログ記事に「」という記事があります。記述してある内容はコンテンツ記事執筆者の「心得」に沿ったGoogleガイドラインのテキストリンクと詳細です。グーグルが求める「コンテンツ記事執筆者」の「心得」を知れば、コンテンツ記事に高評価が付き易くなり、上位表示されるようになると、アクセスも多くなり、更にアクセスが増えるとグーグルからの評価があがります。ですから、、「検索クリエ」「検索意図」を決めるのと、「読者満足度」を得る為の記述とテキストリンクは重要です。

おじさんのブログが検索されるまで

ブログ記事を毎日のように更新しているのですが、結構キツイのです‥んなワケで(稀に中1日になります。)頭の中では「ブログを毎日更新する必要があるのかと葛藤したり、そもそも検索エンジンってなに?・・・評価されるブログの特徴って何?と私同様、悩む人も多いハズです。

私もそうでしたが、初心者や後発組の人ほど知りたがる

アナタ「検索エンジンの仕組みを知りたい」と思ってるかもしれませんが、執筆で大事なことはアナタがGoogleのビジネスモデルやGoogleの企業理念を知り理解する方が、検索エンジンつまり、SEO対策で成果(効果)を出す為には非常に重要で大切なことなのです。

アナタのブログが検索されるまで

最新のブログ記事に当ブログ記事の検索成績発表という記事があります。内容は検索キーワードで検索1位になったブログ記事を明記していますはが、未だ全体記事からではありません。 しかも…Googleアルゴルズムのせいで、ブログ記事の検索順位がコロコロ変化します。興味があれば、ご覧下さい。

それはGoogle が掲げる 10 の事実を知ることが早くて検索やオーガニックキーワードの競合性の仕組みを知るイイ機会でしょう。