ブログ 仕組み

ブログは、自分の意見や推察や社会的な出来事に対する考え、身の回りの出来事に対する意見、Webサイトやブログコンテンツに対する口コミ情報などを公開するためのWeb log(ウエブ ログ)のことを指します。


そもそもブログは当初、個人サイトの普及が主で利用されていましたが、近年では企業も自社の情報を公開したり、新しい商品やサービスの情報を公開することが増えてきました。

ブログはこれまでのホームページを公開する仕組みや技術をそのまま利用しているため、閲覧する側は従来のWebブラウザ(インターネット画面)で誰もが見ることができます。

ブログというコトバは、【Web log】(ネット上のテキスト履歴《爪痕》の意味)から生まれたコトバと云われています。そして、ブログを書き、ネットで情報を発信する人のことをブロガー(blogger)と呼んでいます。または、インフルエンサー( influencer)と呼ばれます。、ブログという言葉は、明確に決められた使い方をされているわけではなく、日記風に情報を追加しているホームページもブログに含むことがあります。 


10年ほど前までのホームページでは、新しい情報を追加する場合には、htmlソースコードを編集して公開することが当たりでしたが、現在のブログサービスなどではインターネット上にある管理者用のWebサイトに新しい情報を書き込み、登録するだけで、自動的に情報を追加することができるようになっています。 今では、このような技術も当たり前になり、htmlファイルの知識やhp作成ソフトの利用方法を知らなくても、簡単に誰でも情報を公開するWebサイトを構築することが簡単にできることから、新たな利用者層が増えることで、老若男女問わず、ブログを利用するようになりました。


現在のブログのシステムでは、管理者が書き込んだ情報はデータベースに保存され、閲覧者がブログを訪問すると、データベースに保存されている情報から毎回ホームページを生成し直すので、追加された情報をすぐに見ることができます。

副業おじさんブログで仕組みを説明してみた。

今では、巷にあるブログの多くは、読者やユーザーから書き込まれた情報を、「意見・コメント」として登録でき、意見の交換も一般的になりました。

コメントの入力はこれまでの2ちゃんねるのような「Web上の掲示板」に書き込む技術ですが、ブログに登録されたそれぞれの情報に対して、ユーザーや閲覧者が意見や追加の情報を書き込むことができるようになっています。

ブログは人生の仕組みを知ることができる羅針盤

このような機能により、ブログは検索者の問題解決の手掛かりを探す場所の段階を経て、発信された情報への「意見」に対するディスカッションやディベートを行う場となりました。つまりは、新しいコミュニケーションの場所としての存在意義も生まれました。

また、近年ブログの収入で生計を立てる、アフィリエイトブロガーと呼ばれるブログを書いて生きる人がいます。 企業や組織のサービスや製品を紹介をすることで報酬を受ける仕組みがあり、また企業も導入を図る例も沢山あります。

ブログの仕組みを精査しよう

今はブログに書かれている情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、閲覧側がその内容の信憑性を判断するなどの注意も必要になります。

私という人間も重ねて年齢と共に、ブログ更新の為に様々なことを調べるおかげで、少しは雑学を知り、知識も得て、大人としての達観度も上がりました。また、当ブログ記事の「普通でいる勇気とは心理学のアドラーと老子が教えてくれ」にも書きましたが、中国の老子の言葉で満足に切りがあるということを知りました。

「自分の器を知り満足することを知るということは、精神的に豊かになり、幸せな気持ちで生きていける」ということです。
満足に切りがあるということは‥楽に生きれることを手に入れるということです。 
私はアドラーの「幸せになる勇気」を読んでみました。
・・内容はアルフレッド・アドラー(Alfred Adler)が創始した個人心理学で、誰もが「普通であることを受け入れる」勇気を持つことを提唱しています。無理に自由になろうとしなくても自然に振舞える気楽さが有る暮らしが快適で自由で良いとは考えもしませんでした。https://www.uncle-blog.com/?p=1501より一部を引用

seo対策の要点は検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。このモバイルフレンドリーで説明するSEO対策の要点という記事も結構…参考になります。