自由を得る為のお仕事はブログ執筆です
自由仕事ブログ

「自由を得る為のお仕事はブログ執筆です」というタイトルですが、コンセプトは自由に生活し、動く為には自由に使えるお金という収入源が絶対不可欠です。
ですから、お金も稼げる仕事を得て、心もカラダも自由に動かせる職業である文筆家や執筆家やブロガーというブログ記事を書く職業に就き、気兼ねなく自由を得る為の仕事であるブログ執筆の副業でも良いですので自由が好きな人は「自由に使えるお金という収入源を手に入れてください。

生まれや育ちは庶民でも執筆家になれば自由を獲得できる

当ブログ記事の「検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。」の中の検索SEOで最も大事な項目11+αはアフェリエイトブログの収益化には欠かせない要素を明記していますが、「誰にも命令されないブログを書いて自由になろう。」は自由に暮らし行動するには自由に使えるお金という収入が必要なので、資格や試験が必要ない年齢に関係なく、誰でも成れるブログの執筆者に成る為の考え方を書いたブログ記事です。‥検索キーワードは‥ブログ命令されない命令されないブログ‥です。


「自由を得る為のお仕事はブログ執筆です」と書きましたが、プロの執筆家でも副業でも仕事で収入が発生してお金が絡めば、恥ずかしくない作品を作る為に「努力」や「ガンバル」は付いてきます。
それが嫌だ!!という方は、ここから当ブログ記事を読むことをください。


お金が稼げる、ASPからの報酬や収益が発生するアフェリエイトブログとは、マーケティングのアフェリエイトという方法と「SEO」「ドメインパワー」というジャンルのスキルと要素の獲得が重要で求められます。
スキルと獲得は困難ですが、得られるメリットは、はるかに大きおいので是非とも諦めの悪い人に成って下さい。
因みに「SEO」の要素は当ブログ記事の「検索エンジン最適化とは検索SEO対策です」の《検索SEOで最も大事な項目11+α》を参考にしてください。デメリットはあんちょこな方法のSEO方法です。
良からぬ企みが人により、ブラックハットSEOが沸いてしまう人が稀にあるということです。もう機械の方が優れている場合が多いので良からぬ企みは止めましょう。
ちなみに、下部にある画像は検索SEOの要点を表した画像です。

自由 仕事 ブログ

副業として人気があるが収益が生まれるまでに時間が掛かるので初心者には敷居が高い

ブログ初心者は最初は文章を書いたり、記事全体を作成する作業にも時間がかかり、内容は読者に向けた情報の発信なのか、独白なのか趣旨も意味も判らないブログ記事を見かけます。ブログ記事という情報発信方法は簡単には素人同然の初心者には敷居が高いようです。
副業方法として、お金が簡単で気軽に稼げる可能性ばかりが独り歩きして、沢山人々から興味を引いているようですが。無料のブログサービスを利用している人達も多いようですが、突然サービスが終了しても何も残りませんので、長く利用している人は注意が必要です。
たとえ、事業者に抗議しても「後の祭り」です。

自由を得る為のお仕事はブログ執筆です

NB初心者やNB後発組の人達に向けた「検索SEO対策」(検索キーワード関連)や「ドメインパワー」(被リンク関連)に関するアドバイス記事は、上のテキストリンクをクリックして、読んで頂ければ解るように必要な情報は書かれていますが、最も大事なアドバイスは記事を書くことに早く‥慣れることです。方法は‥やはり、ひたすら文章を書いて「腱鞘炎」になる位にならないと文章は《こなれない‥‥読み易い》と私の知っているブロガーさんも云っていました。

今は昔と違い、検索上位表示を目指す文字数は読み易く2,000文字くらいだそうです。

今はズバり言って、文字数に制限や規定はありません、但し、コンテンツがスカスカで充実していなければ、Google検索では上位表示されません、今はユーザーの満足度が最も重視されています。また、Googleブログのユーザーの間では密かに云われているのが「法人名ドメイン(co.jp)」しか、被リンクが貰えないとのウワサです。確かにグーグルのガイドラインにも書かれていますが【E–A–T】の内容を満たせるのは企業(法人)の場合が圧倒的に多いのは確かです。また、殆んど場合、検索1位のサイトやブログの文字数は今・・・2,000文字前後だそうです。但し、「万」を越すことも珍しくありません。

個人ブロガーでも勝機は無いワケではない

自由 仕事 ブログ

まだ、個人のブロガーでも稼げるカテゴリーが残ってる。

残っているとは、サブスクでエンターティメントのサービスを提供しているサイトです。よくある、映画鑑賞系や【ヴァルキリーコネクト】や【ユニゾンリーグ】などの美少女系のスマホ・PCで操作出来る課金型のゲームを紹介するサイトです。 そして、例えば【ヴァルキリーコネクト】や【ユニゾンリーグ】などもGoogleキーワードプランナーで検索難易度を調べると「競合性」がどちらも「低」であると表示されています。


つまりは、キーワードの競合性が「低」であり、アフェリエイトのカテゴリーがエンターティメントであれば、マネタイズ(収益化)の可能性があるということです。但し、詳しい情報は必ず記載が必要です。それと注意書は必ず書いて下さい。