資本主義なのにどうかしてる?日本人は搾取されて平気なの

「資本主義なのにどうかしてる?日本人は搾取されて平気なの」という表題ですが、コンセプトは会社員になれば「安泰」の概念はもう古いです。良い暮らしがしたければ、自己投資と一歩踏み出す勇気は絶対に必要です。一生搾取でいいの?


日本の社会では肉体労働者も含めて安定=雇用=【会社員】または、組織などに勤める【勤め人】になれば食うことに困らず、一生‥安心した暮らしが保証される・・ような錯覚が「親世代」から伝えられて来た「平和ボケ」に慣れた民族です。

令和に年号が変わり、2022年になり、これからは近未来・未来という意識も必要なります。既に経済界やビジネス界の戦略部門で仕事をしているような人達は10年後20年後を見据えて日々の仕事を熟しています。
また、GAFAに代わる、未だ卵のベンチャー企業ですが、特にアメリカのシリコンバレーには多いようですが、先端産業であるIOT関連の企業が育っています。

理由と原因と現実と問題

最近は業界紙やメディアなどでチョクチョク見かける「GAFA」関連の経営者クラスの人達にインド系の人がよく映るようになりました。‥‥一番の要因はインドという国はカースト制度が未だ脈々と存在しているからです。
カースト制度とは身分制度を指すランキング区分のことです。インド人な未だにヒエラルキーに支配されていて、殺人や集団レイプが未だにまかり通っています。

方法と評価

インドのカースト制度

インドという国では個人の評価が高くてもヒエラルキーがありますが、「IT」という職種・職業は未だ新しく生まれた職種・職業なので、カースト制度には適用されません。
しかし、カースト制度には個人が受けらられる教育程度までも適用され、身分の低い人間は高等教育はうけられませんが、機会と場合によっては、ITスキルの獲得も夢ではありません。
または、違う国籍を選択して学という方法もありますが、最初から何の制約も無い自由を保証されている日本人の「平和ボケ」のそろそろ終焉は近いようです。

【アニメーションで解説】インド社会に今もなお根づくカースト制度

資本主義なのにどうかしてる?日本人は搾取されて平気なの

文頭にも書きましたが、安定=雇用=会社員または、組織などに勤める勤め人と考える「平和ボケ」に慣れた日本人ですが、【会社員】や【勤め人】でリッチや富裕層の人を見たことも聞いたことも有りません。。私も、リタイア後は只のプ~ですが、お金には困っていませんし、当ブログ記事の「普通でいる勇気とは心理学のアドラーと老子が教えてくれた足るを知る者は富むと云う、このコトバは中国の思想家、老子の言葉ですが、この教えを学んで自分のモノにしてからは度々、「しあわせだなぁ~‥」と私自身も感じるようになりました。

日本は資本主義国家社会です

資本主義の社会とは物事の価値基準は価格が大きい方が価値がある社会を指しています。と同時にお金を稼ぐ自由と言論や行動の自由の保障され、国民は最低限の健康的生活する権利まで保証されています。しかしながら、日本には世界でも稀な美意識が脈々と活きています。‥それはお金を稼ぐことは卑しいとかお金は汚いとか、、妙に‥‥お金=下品という考え方が多く存在しています。

確かに人を騙すようなお金の稼ぎ方は、ある意味で犯罪者とかわりませんが、お金に貪欲でなければ。この日本では不幸になる確率が高いようです。質素でも安心のある人生はアナタの考え方次第です。