ブログには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。
ブログフォーカスキーフレーズ遷移語

はじめに、ブログには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です‥というタイトルですが、SEO対策には様々なスコア機能のツールが無料で追加できるので、疑問や難解な問題がある場合はネットにアクセスして画面で説明を探しましょう。


次に、私も最近知ったのですが、ブログには フォーカスキーワードフレーズ

遷移語が必要です。
フォーカスキーフレーズと 遷移語とは最適化(SEO)の一つなのですが、先ずは「フォーカスキーワードフレーズ」(Focus Keyphrase)の意味なのですが、このフレーズはページへのアクセス数を増やすための最適化に使う特別なフレーズです。 アナタのブログページやサイトへのアクセス数を増やすための最適化に使う特別なフレーズです。 「フォーカスキーワードフレーズ」=「焦点であり、鍵となる文章」とは‥‥つまり、検索キーワードと考えるのが妥当でしょう


たとえば、WordPressでブログを書く場合には、殆どの人が【All in One SEO】というプラグインを導入します、そもそもAll in One SEOとは簡単に言ってしまえば、Word Pressでホームページを管理して、SEO対策を簡単にするためのプラグインツールのことです。 SEO対策の専門家や開発者でなくとも簡単に設定を行うことができるワケです。‥‥が、実は記事作成中に下図のようにクリックをして行くと‥

投稿記事を書くページを開くと①のようなアイコンガ有るので、右側をクリックして下さい。

すると②のような(Focus Keyphrase)が表れますので。またその>をクリックして頂くと、③のような入力フォームが現れます。

その入力フォームに「検索キーワード」を記入します。できればロングテールキーワードが良いでしょう。

WordPressのフォーカスキーフレーズの欄で入力する場合例えば当記事では【ブログ+フォーカスキーフレーズ+遷移語】になりなす。

ブログ フォーカスキーフレーズ 遷移語

ブログには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。

聴き慣れないコトバの人もいると思いますが、ブログには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。ブログやアフェリエイト初心者の方には馴染みの無いコトバだと思います。しかし、フォーカスキーフレーズと 遷移語はブログやサイトを検索エンジンに認知させる為のSEOには欠かせない要素であることは間違いないのです。 「フォーカスキーフレーズと 遷移語」、特に 遷移語は色々判り易い解釈のコトバを探しましたが、小難しい表現ばかりなので、英語にする「Transition word」となり、「転換語」や「つなぎ言葉」という意味になります。

そして、日本語では「例えば」や「つまり」というなどのコトバを指す意味です。ところで、検索SEO対策とは検索エンジン最適化のことは皆さんもご存知だと思います。検索エンジンの最適化については、当ブログ記事の「検索エンジン最適化とは検索SEO対策です。」の検索SEOで最も大事な項目11+αという11項目でコツを示しています。

ブログには フォーカスキーフレーズと遷移語 が必要です。

しかし、フォーカスキーフレーズと 遷移語が無くてもブログやサイトの上位表示は可能ですが、上位の1位・2位を狙うのであれば、フォーカスキーフレーズと 遷移語を文中に入れて下さい。遷移語は文章の30%く弱くらいは必要であり、フォーカスキーフレーズは文章中に3回は入れて下さい。

ところで、 遷移語の読み方なのですが、遷移 (せんい)と読み、意味 は生態学用語では、植物の群落が、ある一つの群落から他の群落に移り変わる過程を指しています。群落は固定したものではなく、移り変わっていきます。安定した状態になると極相と呼ばれる状態になえうのですが、それまでの移行過程を生態遷移と云い、火山の噴火などで生じた裸地から始まる自然のままの遷移を一次遷移、洪水や人為的な影響を受けた土地から出発するの現象を二次遷移といいます。‥‥とまぁ~weblio辞書https://www.weblio.jp/content/%E9%81%B7%E7%A7%BB・・カタイ??な説明記事で説明されていました。

ブログSEOには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。

また、ブログSEOには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。と、書きましたが、人生で大事なことは日々の暮らしが「しあわせ」と思える・感じられる‥ことだと私は思っています。 物理的にはお金が沢山あり、なに不自由無く生活が送れることですが、お金が沢山あっても人間は突然、病気になったり、事故で亡くなったり、障がい者なることもあります。  てなワケで人間は生きてる限りは、心の持ちようのようで、不幸にも幸せにもなるようです。

そーゆーことで、人間はお金が有ろうが無かろうが心の持ちようのようで、「幸・不幸」になるようです。そんなワケで、当ブログ記事の「普通でいる勇気とは心理学のアドラーと老子が教えてくれた」の意味は、中国の思想家、老子の言葉で「足るを知る」=【足るを知る者は富む】という言葉・文章の意味は、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということと、アドラーの個人心理学で説く内容が一致してをり、つまりは、自分の器(うつわ)の大きさを知り、その大きさに見合った欲望で十分に人は幸せを得れるということです。