13項目+αのコツのSEO対策を知ったら無敵化する
SEOコツ無敵

13項目+αのコツのSEO対策を知ったら無敵化する副業おじさんブログというタイトルですが、この記事は当ブログのフォーカスキーフレーズに焦点をあてた「まとめ記事」的な要素をはらんでいるのでお得だと思います。


そもそもフォーカスキーフレーズとはアナタのサイトやブログのページのコンテンツを検索キーワードに最適化したい場合に、最適化した検索キーワードキーワードを指しています。つまり、アナタの書く・作るコンテンツで最も訴求したいコトバを探して検索キーワードキーワードにすると思いますが、もっと細かく嚙み砕いて説明すると、フォーカスキーフレーズ(Focus key phrase)とは‥‥


フォーカス(Focus)とは、焦点・ を(合わせる)、集中させる・中心・主眼などの意味を持つ英単語です。
また、キーフレーズ(key phrase)とは「key=鍵・手がかり」と「phrase=句・フレーズ」が合わさった言葉で、検索をするときに入力する2つ以上の単語のことを指します。
ですから、フォーカスキーフレーズ(Focus key phrase)とは3つの語句・フレーズなので、3つの語句からなるロングテールキーワードが最適です。

私のSEO対策

SEO対策の要点ですが、ここにある検索エンジン最適化の為の検索SEOで最も大事な項目11+αとは私が最も信じていた要点ですが、最近2項目ほどコツが増えたので、改めて書き足したモノを当ページに明記しました。この13項目のSEOのコツを実践すれば無敵のブロガー間違いナシですが、アナタにドメインパワーがあればのハナシです。SEO対策の要点ですが、ここにある検索エンジン最適化の為の検索SEOで最も大事な項目11+αとは私が最も信じていた要点ですが、最近2項目ほどコツが増えたので、改めて書き足したモノを当ページに明記しました。この13項目のSEOのコツを実践すれば無敵のブロガー間違いナシですが、アナタにドメインパワーがあればのハナシです。メインパワーが知りたければ、当ブログのゲートページの誰でもできる施策や手法で上位表示させる方法より下の部分をご覧ください。

13項目+αのコツのSEO対策を知ったら無敵化する

①: 検索KWは必ず記事タイトルに含める
■いわゆる、検索フォーム(検索窓)に書き込む、自分が抱えた疑問や問題解決に繋がる関連語句のことを検索キーワードといいます。例えば当ブログなら 「副業 おじさん ブログ」(ロングテールキーワード)です。【特に大事なseoの要点】

ロングテールキーワードとは3語以上のコトバを組み合わせた検索キーワードです。
1語のコトバだけで検索するビッグキーワードは、月間検索ボリュームも多く、ライバルも多いです。
ロングテールキーワードは、ニッチキーワードやスモールキーワードとも呼ばれていれます。
月間検索ボリュームの少ないキーワードがロングテールキーワードです。しかし、侮ってはイケマセン。ロングテールキーワードは、SEOの手法の1つであるロングテールSEOと呼ばれています。

ロングテールキーワードを無視すれば、サイト(ブログ)の専門性が上がることはありません。
そうなればE-A-Tの評価も上がらないので、Googleの評価もダダ下がりです。

そうなると、検索順位が上がらなかったり、アクセス数や集客流入が増えない原因となります。

:リード文章は300~8・900字くらい(1万字超え)でも良い
■ブログ記事の最初はリード文という「前書の様なツカミ的な前文」を書きますが、殆どの読者やユーザーはリード文を読んで記事を読むか辞めるかを決めます。「網羅性」を重視した場合は文字が多くなるのはかまいません。

:ブログの文章構成は必ず見出しに分けて文章を書く
■ブログの文章構成は必ず(h2・h3・h4・h5 場合によっては見出しが重なっても良 h4・h4・h4・h4・h5)なんてこともあります。

 

:画像やグラフは必ず著作権フリーのモノを使いサイトやブログ文章を補足する
■検索クエリにマッチした、または、イメージし易い少し大き目の画像を使う。
■使用する画像や表のalt=”“部分には必ずKW語句を入れる 。もしくは‥‥
■最適な例‥<img src=”tubasa001.jpg” alt=”シュートする翼の瞬間姿”/>
■画像のファイル名が「tubasa001.jpg」などのファイル名より「The appearance of shooting tubasa001.jpg」にした方が画像の内容をGoogleに伝えやすくなり有利になります。

:画像やグラフはピクセル数を減らして表示速度を上げる
■ブログに使用する画像や表やグラフなどは「画素」を小さくして、コンテンツの表示速度を上げる。(上記の少し大き目の画像と反しますが色素を減らすなどする)

:内部リンクは必ず貼る。(相互リンクは、なお良)
■自ブログの執筆記事と自ブログの他記事は必ず内部リンクを貼る。

:ブログサイトなどの文字数は3,000強字程度が上位表示されている(規定は無い)
■検索順位が上位や1位のものの中にはカテゴリーによっては1~2万文字を超えるツワモノもありますが、世界には文字数が250字弱で上位表示されているものもあります。

:ブログ記事内には検索KWとを共起語は必ず含める含める
■共起語とは、あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのことです。
Googleは上位20位までのブログ記事内に登場する語句の出現率の順位によって検索登場順位を決めているようなので共起語をコンテンツ記事内にいれることは必須条件です。

共起語を知る方法は当ブログ記事の「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なのです。」を読めば図解入りで詳しく説明されています。

:検索品質にガイドラインにも明記されている「E–A–T」とYMYLは常に意識する
■「E–A–T」とYMYLはGoogleのブログ品質評価ガイドラインに明記されている検索順位に大きく関わるグーグル社の「指針」だといえます。

:スニペット文章には必ず検索KWを含める
■スニペットとは「meta description」ことです。今の検索者はスニペットと文章を読んで、コンテンツを訪れる傾向が強いようです。

当ブログ記事の「初心者が上位狙いならソースコードとスニペットが重要とは」に詳しくスニペットの説明がかかれています。

⑪:記事タイトルで推測できる内容以上の情報を検索クリエ(検索者)に提供する
■記事タイトル以上の検索クリエが「得した!」と思えるような記事タイトルの関連情報を記載する

私もトコトン、両親や周りの人達に迷惑を掛けました。正直言って・・私が、お金を沢山稼げるようになると、見ず知らずの「他人様」は「武勇伝」として過去を捉えてくれます。・・・
上部に書いた各項目化した要点を生かしてアナタの「検索SEO」手法を作ってください。
但し、ブログ記事が検索の上位表示に成るまでには、早くてもブログの素人であれば半年以上は掛かります。原因は「ドメインパワー」が粗、無いからです。「ドメインパワー」に関したテキストリンクでは随分と難しい説明ですが、「被リンク」とグーグルの検索ロボット(クローラー)が様々なコンテンツを集めて、インデクサーにコンテツやブログ記事を渡し、インデックスが承認されれば、アナタのコンテンツが評価されて、検索上位表示されます。つまり、ブログを始めて直ぐの記事では記事内容が良くても「新参者」では「信用」できない!!と判断されてしまい順位が付くことは、大変難しいようです。

https://www.uncle-blog.com/?p=20273

13項目+αのコツのSEO対策を知ったら無敵化する

独自ドメインといえば、WordPressでブログを書く場合には、殆どの人が【All in One SEO】というプラグインを導入します、(場合よってはYOASTもありますが、)そもそもAll in One SEOとは簡単に言ってしまえば、Word Pressでホームページを管理して、SEO対策を簡単にするためのプラグインツールのことです。 SEO対策の専門家や開発者でなくとも簡単に設定を行うことができるワケです。‥‥が、実は記事作成中に下図のようにクリックをして行くと、③の部分にフォーカスキーフレーズ(Focus key phrase)‥つまり、検索ロングテールキーワードを記入すると12番目の項目になるのです。

投稿記事を書くページを開くと①のようなアイコンガ有るので、右側をクリックして下さい。すると②のような(Focus Keyphrase)が表れますので。またその>をクリックして頂くと、③のような入力フォームが現れます。

その入力フォームに「検索キーワード」を記入します。できればロングテールキーワードが良いでしょう。WordPressのフォーカスキーフレーズの欄で入力する場合例えば当記事では【ブログ+フォーカスキーフレーズ+遷移語】になりなす。

:ブログ記事内には接続詞がある場合は【遷移語】(Transition Words)と捉えて、Webの世界「転換語」や「つなぎ言葉」という意味だと思ってください。日本語では「例えば」「つまり」などの言葉を指すそうです。但し、【遷移語】は文章に30%くらい入れないとエラーメッセージが消えません。