SEO上位検索

ブログを書けばユーザーに読んで貰いたいと思うのが人間です。しかし、ブログを読んで貰うには‥ある条件をクリアしなければなりません。それは、検索エンジンのSEO化と キーワード対策で、検索順位の上位表示が重要であり、最も必要な方法です。


はじねに、趣味でも副業でもブログをWebサイト上に書けば誰かい読んで貰はなくては何の効果もありませんし、それに、GoogleだってYahoo!だって評価してくれません。
ましてや、Google にインデックスされなければ、アナタのコンテンツは存在していないのと同じなのです。…逆にGoogle にインデックスされれば、アナタの作成したホームページ(Webサイトやブログ)のコンテンツがGoogle に評価されているわけですから検索順位が上位に登場する可能性もあります。


重ねて書きます!!また、副業としてアフェリエイトブログを書くのであれば、「検索上位を望むならSEOが基本です。」何故なら、検索表示で上位にならなければお金を稼げないからです。 その為にもしっかりとSEOの知識とスキルを身に付けて、妙なツールを使う事無く、しっかり内部対策と施策を行って下さい。

Googleのガイドラインの知識と理解は基本です。

じっさい、SEOの知識は非常に重要ですが、只、コンテンツを制作するだけの日々では2~3年はSEOの知識の習得に期間が掛かります。そんな時間的余裕が無い人は有料で知識を得ることがいいでしょう。但し、アウトプットしないと自分のモノにはなりませんが、一般的にぶっちゃけ安くはないようです。

しかしながら、Googleのガイドライン(日本語版)をジックリ読めば、大切な「核」の部分も無料で手に入るので、多少でも時間に余裕のある人は、そちらを読んで下さい。

SEO 上位 検索

検索上位を望むならSEOが基本です。

①: 検索KWは必ず記事タイトルに含める
■いわゆる、検索フォーム(検索窓)に書き込む、自分が抱えた疑問や問題解決に繋がる関連語句のことを検索キーワードといいます。例えば当ブログなら 「副業 おじさん ブログ」(ロングテールキーワード)です。【特に大事なseoの要点】

ロングテールキーワードとは3語以上のコトバを組み合わせた検索キーワードです。
1語のコトバだけで検索するビッグキーワードは、月間検索ボリュームも多く、ライバルも多いです。
ロングテールキーワードは、ニッチキーワードやスモールキーワードとも呼ばれていれます。
月間検索ボリュームの少ないキーワードがロングテールキーワードです。しかし、侮ってはイケマセン。ロングテールキーワードは、SEOの手法の1つであるロングテールSEOと呼ばれています。

ロングテールキーワードを無視すれば、サイト(ブログ)の専門性が上がることはありません。
そうなればE-A-Tの評価も上がらないので、Googleの評価もダダ下がりです。

そうなると、検索順位が上がらなかったり、アクセス数や集客流入が増えない原因となります。

②:リード文章は300~8・900字くらい(1万字超え)でも良い
■ブログ記事の最初はリード文という「前書の様なツカミ的な前文」を書きますが、殆どの読者やユーザーはリード文を読んで記事を読むか辞めるかを決めます。「網羅性」を重視した場合は文字が多くなるのはかまいません。

③:ブログの文章構成は必ず見出しに分けて文章を書く
■ブログの文章構成は必ず(h2・h3・h4・h5 場合によっては見出しが重なっても良 h4・h4・h4・h4・h5)なんてこともあります。

④:画像やグラフは必ず著作権フリーのモノを使いサイトやブログ文章を補足する
■検索クエリにマッチした、または、イメージし易い少し大き目の画像を使う。
■使用する画像や表のalt=”“部分には必ずKW語句を入れる 。もしくは‥‥
■画像のファイル名が「tubasa001.jpg」などのファイル名より「The appearance of shooting tubasa001.jpg」にした方が画像の内容をGoogleに伝えやすくなり有利になります。

⑤:画像やグラフはピクセル数を減らして表示速度を上げる
■ブログに使用する画像や表やグラフなどは「画素」を小さくして、コンテンツの表示速度を上げる。(上記の少し大き目の画像と反しますが色素を減らすなどする)

⑥:内部リンクは必ず貼る。(相互リンクは、なお良)
■自ブログの執筆記事と自ブログの他記事は必ず内部リンクを貼る。

⑦:ブログサイトなどの文字数は3,000強字程度が上位表示されている(規定は無い)
■検索順位が上位や1位のものの中にはカテゴリーによっては1~2万文字を超えるツワモノもありますが、世界には文字数が250字弱で上位表示されているものもあります。

⑧:ブログ記事内には検索KWとを共起語は必ず含める含める
■共起語とは、あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのことです。
Googleは上位20位までのブログ記事内に登場する語句の出現率の順位によって検索登場順位を決めているようなので共起語をコンテンツ記事内にいれることは必須条件です。

共起語を知る方法は当ブログ記事の「ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵なのです。」を読めば図解入りで詳しく説明されています。

⑨:検索品質にガイドラインにも明記されている「E–A–T」とYMYLは常に意識する
■「E–A–T」とYMYLはGoogleのブログ品質評価ガイドラインに明記されている検索順位に大きく関わるグーグル社の「指針」だといえます。

⑩:スニペット文章には必ず検索KWを含める
■スニペットとは「meta description」ことです。今の検索者はスニペットと文章を読んで、コンテンツを訪れる傾向が強いようです。

当ブログ記事の「初心者が上位狙いならソースコードとスニペットが重要とは」に詳しくスニペットの説明がかかれています。

⑪:記事タイトルで推測できる内容以上の情報を検索クリエ(検索者)に提供する
■記事タイトル以上の検索クリエが「得した!」と思えるような記事タイトルの関連情報を記載する

⑬:投稿記事を書くページを開くと①のようなアイコンガ有るので、右側をクリックして下さい。               
■すると②のような(Focus Keyphrase)が表れますので。またその>をクリックして頂くと、③のような入力フォームが現れます。
その入力フォームに「検索キーワード」を記入します。できればロングテールキーワードが良いでしょう。WordPressのフォーカスキーフレーズの欄で入力する場合例えば当記事では【ブログ+フォーカスキーフレーズ+遷移語】になりなす。


ダダ、本音を云いますが私は日々の暮らしや急な備えの為のお金には困りません。 多分、多くの経験と年齢から湧き出る「今更・・」的な変な自信だと思いますが、やはり、「安心と安全」は大事なので、それを得ることには躊躇しません。しかし、今のところは、当ブログ記事の「普通でいる勇気とは心理学のアドラーと老子が教えてくれた」の中「足るを知る」というコトバなのですが、これは‥中国の思想家、老子の言葉です。

Googleのガイドラインの知識と理解は基本です。

 私的には、「足るを知る」とは「自分の器を知り満足するという意味で、精神的に豊かになり、幸せな気持ちで生きていける」という意味だと思っています。「 満足」という欲望に切りがあるということは‥キリを知るということです。そして・それを知れば、楽に生きれることを手に入れるということです。

勿論、物理的には【幸福=お金】という人もいて当たり前です。その為に、私が得たSEOの基本である13項目の知識と+αを明記しました。 後はアナタ根気や意地が成功者への道しるべです。

  

当ブログ記事の「ブログには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。」というタイトルの記事があります。

ブログSEOには フォーカスキーフレーズと 遷移語が必要です。と、書きましたが、人生で大事なことは日々の暮らしが「しあわせ」と思える・感じられる‥ことだと私は思っています。 物理的にはお金が沢山あり、なに不自由無く生活が送れることですが、お金が沢山あっても人間は突然、病気になったり、事故で亡くなったり、障がい者なることもあります。  てなワケで人間は生きてる限りは、心の持ちようのようで、不幸にも幸せにもなるようです。そーゆーことで、人間はお金が有ろうが無かろうが心の持ちようのようで、「幸・不幸」になるようです。そんなワケで、当ブログ記事の「普通でいる勇気とは心理学のアドラーと老子が教えてくれた」の意味は、中国の思想家、老子の言葉で「足るを知る」=【足るを知る者は富む】という言葉・文章の意味は、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということと、アドラーの個人心理学で説く内容が一致してをり、つまりは、自分の器(うつわ)の大きさを知り、その大きさに見合った欲望で十分に人は幸せを得れるということです。

https://www.uncle-blog.com/?p=24899