キーワードタイトルアクセス

キーワードとタイトル(title)とアクセスという表題はアクセス(集客)獲得に大きな関係と効果があり、Googleの順位で上位にる為の重要かつ必要なSEO対策であり、方法です。文字の付け方次第では競合するライバルに負けて検索順位を下げるので注意が必要です。では解説します


ブログコンテンツの作成には検索エンジンや、文字数を考慮の上、ユーザーのニーズに合うような記事タイトルを想像するなど、結構‥たいへんなのですが、記事 各所の設置されているアクションコンテンツを読者にクリックしてもらう事も重要です。


素人に近い初心者さんや後発組の方々では、未だ、これまでに、こなしたコンテンツやブログ記事も多くはないので、知らない方もいると思いますから説明します。  これは、以前、当ブログ記事の「ブログのサイトタイトル(副業おじさんブログ)を辞めた結果とその後」という記事にも記述した内容ですが、もっと詳しく説明します。


アクセス(集客)に大きな影響を与える「検索キーワード」を考える時は、初心者の人に気を付けて頂きたいのは「サイトタイトル」「記事タイトル」の文字を合わせた文字全体から、フォームカスキーフレーズ検索キーワード(オーガニックキーワード)になります。


初心者の人が特に、気を付けて頂きたいのは「検索キーワード」を考える時はサイトタイトルと記事タイトルの文字を合わせた文字全体でキーワード語句を決めたモノ(語句)をフォームカスキーフレーズといい、それが検索キーワード(オーガニックキーワード)になるのです。


つまりは、最上部の画像での解かるように、当ブログのサイトタイトルは「副業おじさんブログ」です。また、記事タイトルは、この記事である、「キーワードとタイトルとアクセス」です。‥そして、この「副業おじさんブログ」「キーワードとタイトルとアクセス」を合わせた語句から検索キーワード(オーガニックキーワード)になる語句を組み合わせて組み合わせてフォームカスキーフレーズという検索キーワード(オーガニックキーワード)を作ります。‥この記事をスクロールさせて、最下部の所に「タグ:」と書かれた五つのワードが検索キーワードです。


但し、検索キーワード(オーガニックキーワード)はGooogleのデータベースにインデックスされなければ、その役目を果たしません。つまり、キーワードとしての意味が無く、あなたのコンテンツやブログはWebに存在しないも同然です。この扱いが嫌な人は早く「被リンク」(ドメインパワー)が与えられるような有益なコンテンツで「集客」を獲得する必要があります。

キーワードとタイトルとアクセス

これがキーワードの候補です。

▶:副業
▶:おじさん
▶:ブログ
▶:キーワード
▶:タイトル
▶:アクセス

 

この6ッコの語句を組み合わせてフォーカスキーフレーズである検索キーワード(オーガニックキーワード)を五つ作ります。

キーワードとタイトルとアクセス

当各ブログ記事の最下部にはタグ:という五つの検索キーワードがありますが、その語句くをクリックせずに、コピペした検索すると、その記事の検索順位とキーワードが判ります。

どうか、アナタの参考になれば幸いです。