検索ワード見直し

今回のタイトルは「検索ワードは常に見直しが必要です。」ですが、検索ワードとは検索キーワードのことで、いわゆる検索エンジン最適化であり、Google向けSEO対策のことです。つまり、読者やユーザーに対して大きな影響や可能性を秘めた方法です。


Webコンテンツでビジネス以外でも何かを発表しようとすると「検索キーワード」を作成することは絶対に必要な作業であり、最も重要なSEO対策です。 しかしながら、一般庶民や凡人では、何処をど―したらイイかなど判るハズがありません。


私もNT(ネットビジネス)を始めた頃は小手先のコツやスキルに目が行き易いでしたが、数年を過ぎもはや、自分は「初心者」ではないと自覚した頃から、Web上にある自分のコンテンツや文章を俯瞰で捉えるようになりました。つまりはコンテンツの作成や修正を全体で考える癖みたいなものが根付きました。

検索 ワード 見直し

NT初心者の頃は巷にあるツールや名の通った商品を購入して集客を考えましたが、グーグルに察知されて「圏外に飛ばされる」ことにビビり…止めました。ハハハハハ   ツールやプロブラムを使って検索結果を違法に操作することを「ブラックハットSEO」と言います。が、・・・ 


結局は、自分には後ろめたい記憶と不正を働いたという事実は一生付きまといますが、スキルは身に付かず、何も解らないのでは「只のアホ」であり、パソコン関係で機能の改善も機材のェックもできないだけではなく、誰にも、何らかの影響も与えられない「役立たず」まっしぐらだ気付きました。

マーケテイング手法や戦略は指標でしかないこと知るべきです。

私は学生時代に「ランチェスター理論で初めてマーケテイング手法を学びましたが、その後、事業を起こし様々な人達から商売の進め方や考え方を学びましたが、「不確定要素」が多すぎて、パソコンのモニター画面に映し出される数字やマーケテイングのコンバージョンが示すよう結果は僅かしか、得られませんでした。

検索ワードは常に見直しが必要です。

しかしながら、このSEO対策で、自信をもって言えることは、当ブログ記事の「アクセス数増やすのはインデックス後のキーワード見直しだ」です。グーグル検索でアクセス(集客)したいのならサチコのインデックス機能を使って下さい。但し、インデックスが受理されても、所詮、機械ですので、受理されていないと表示される場合がありますが、諦めずに何回でもインデックスを申し込めば、必ず受理されたと表示されます。

検索ワードは常に見直しが必要です。

重ねて書きますが、検索順位は日々変わる検索アルゴリズムの小さな変化で、必ず検索順位はダウンしますが、早く対処出来れば、5日間ぐらいは変化に晒されません。この対処方法を書いた記事が「アクセスを増やすにはコンテンツがインデックスされると検索キーワード見直しが必要です。」という記事です。しかし、検索キーワードの見直しは「ジグソーパズル」と同じく根気が必要な作業です。