ブログ検索上位ブログにはラッコキーワードで共起語確認必須です。
検索上位ブログ

今回のタイトルは「検索上位ブログにはラッコキーワードで共起語確認必須です。」と言うのはGoogle絡みのSEOやキーワード対策には必須のサジェストツールで、ブログを書くならこの方法は絶対に必要です。

私も以前から「ラッコキーワード」の存在は知っていましたし、有名なブロガーさんは粗、ほとんど方々が利用していたようですが、当時は未だ、無料でした。が、今現在は有料プランを選んだ方が利便性が高いと思います。特におすすめ「スタンダード」なプランであれば出費も少なく、使いがっての良さが際立ちます。


これは、Google関連メディアを利用するユーザーなら、だれもが行うことだと…私は思っていますが、もしかしたら私だけかもしれません。‥初心者や後発組の人は除きまずが、検索画面の上位に自分のコンテンツを登場させたければ、上位を狙う人間には必須の方法であり、常識であり、かなりのお得な情報でしょう。


それは「ラッコ キーワード」を利用することです。「ラッコキーワード」には「優良」・「無料」を問わず、様々なデータや機能が登録可能になり、取得できるからです。 そして、場合によっては毎月の料金が格安で取得できるからです。


検索キーワードを考える時に必ずアタマの中でチェックするが「検索ボリューム」と、その「難易度」や「見出し」の数や「文字数」や「CVR(クリック率)」など検索エンジン絡みの諸問題ではないでしょうか?・・・また、私は、この1年ほど、キーワードプランナーを見た記憶がありません。それは…あまり必要を感じ無いからです。


また、キーワードの選定に「競合性」は関係(気にしない)ないからです。当ブログ記事の検索キーワードは「今はネット検索の7割のキーワードがロングテールキーワードです。」にもあるように、ロングテールを採用しています。何故ならグーグルも推奨しているからです。

そして、成績に直結するので、ロングテールキーワードを採用しています。

検索 上位ブログ

ブロブで、検索結果の上位になりたい人は下部の入力方法を真似して下さい。

コンテンツ記事のキーワードをロングテールキーワードで考える

「ラッコキーワード」のフォームにキーワードの候補の語句を3つを入力する

キーワードに絡む「共起語」の抽出と確認

抽出された「共起語」を
タイトル小見出し記事中にインサート

また、画像やグラフの「alt=」にも使用
この作業ではブログ記事コンテンツなら80%の作業が行えます。
 

 

ブログ検索上位にはラッコキーワードで共起語確認必須です。

あとの作業は当ブログ記事「当ブログ記事の検索成績発表」という記事があるので、気になった記事タイトルの内容を読めば、納得できる文章に出会える(アナタが納得できる)可能性が十分にありますので、是非チャレンジしてください。

8桁での2位3位は除外していますが、その分をカウントに含めれば・・ざっくり検索上位にすれば、記載する記事数は160を超えてしまい、日々の確認がぶっちゃけ、イヤになります。・・イヤミではなく、多分、これが限界だと思います。

検索 上位 ブログ