Luis Ricardo RiveraによるPixabayからの画像

コロナ渦の影響で収入は減るばかりか、会社命令で在宅生活が多くなり収入は減る一方で、副業を始める方々が多いようです。
また、今後の社会保険制度はあてにならず、年金暮らしを夢見るのは今では只の幻かもしれません。
在宅で気軽に始められる副業に「ブログ」を選んだアナタの判断は間違いではありません。
一部の人達は「ブログ」は既に「オワコン」だと言いますが、月に収入として数100万円を稼ぐのは無理でも数十万円ならば、まだまだ十分に可能性はあります。マネタイズ(稼ぎ方・始め方
次第です。



副業のブログで収入を得る為には100記事を書いてからがスタートだと云われていましたが、今の時代では違います。ブログは雑記ブログやトレンドブログや特化ブログなどに大ざっぱに別れますが、最も稼げるブログは特化ブログです。但し、これは従来の考え方で、今では時代遅れと言えるでしょう。
今は特化ブログの中の特化ブログでなければ、ユーザーやブログの読者はじれったさを感じるハズです。
つまり、結論を知るのに長い時間や多くの文字を消化しなければならないのはイヤがられ るからです。



現代人は「答・結論」を早く知りたがります。かなりセッカチです。
:ブログでは「答・結論」は先に述べてしまうほうが読者さんやユ
  ーザーさんに好感が持たれます。
:ブログでは「答・結論」の理由は必ず明記しましょう。
:ブログはマネタイズのための構成を必ず考えて実践しましょう。
:ブログで稼ぐにはマネタイズの為の専用の記事を設けましょう。

現代人はセッカチなので、ブログも書き方に注意を払ってるイメージ画像
Free-PhotosによるPixabayからの画像
アナタが副業としてブログから収入を得ることを目指すのであれば、それは・・立派なビジネスなので、「好き勝手なことを書いても収入は得られません。」

後発組のみなさんやブログ初心者さんはまずは、このガイドを読んでください。 このガイドは当初、グーグル社内向けに作成したそうですが検索エンジン最適化(Search Engine Optimization: SEOに馴染みのない方々や、ユーザーと検索エンジンの双方に優しいサイトを構築しようとしているウェブマスターの方々にも役立つのではないかと考え、公開することにしたそうです。

https://static.googleusercontent.com/media/www.google.co.jp/ja/jp/intl/ja/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

上のURLをクリックすると【Google検索エンジン最適化スターターガイドへようこそ】に飛びます。

副業ブログの稼ぎ方

副業としてのブログの稼ぎ方は上部の【Google検索エンジン最適化スターターガイドへようこそ】を読めばグーグルのコンテンツ最優先の姿勢が判ります。
ブログで稼ぎたいならばスターターガイドやブログガイドラインに書いてある要点をしっかり心得ればE-A-Tは祖々、達成されます。E-A-Tとは検索品質評価ガイドラインに登場する用語で、Expertise(専門性) Authoritativeness(権威性) Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。


しかし、最も大事なことは検索表示の上位になることです。 それにはドメインパワーが必要です。
ドメインパワーとは・・・
※: 被リンクをもらうことです。
◆: グーグルにインデックスされることです。
◆: ウィキペディアにインデックスされるです。
◆: 政府機関にインデックスされることです。
◆: 公共機関にインデックスされることです。
◆: 教育機関にインデックスされることです。
等々、ある程度のパワー・ポリティクスを持つ組織やSNSからの流入があるドメインを指します。 😛 

 

Free-PhotosによるPixabayからの画像

この「ドメインパワー」を持てるモノがビックキーワードを使い、検索SEOで上位表示または1位・2位・3位を狙えるワケです。この「ドメインパワー」を持つには大手企業の人材投入で会社力(商標力)を使うか・・・個人による長い運営歴や信用力があるかです。  但し、長い運営歴とは10年を越さねば世間は認めてくれません。

ここからは、私の経験した記憶から言えることですが、インホメーションテクノロジー(IT)はパソコンを使いこなす技術です。
現代社会や近未来社会は映画や小説にも描かれていますが、発達したテクノロジーが支配する社会です。
そのテクノロジーの「核」が「IT」です。
否応なしに「IT」の技術は拡散され、発達をし続けていくでしょう。
これからは、「IT」の技術を持つ者が持たざる者を駆逐していくでしょう。 今のアナタはともかく・・・未来のアナタは駆逐する者なのか、駆逐される者なのか?どちらの側を選ぶのでしょう。 一見すると「IT」は難しがそうですが、基本の「html」というマークアップ言語さえ解ってしまえば、後は何とかなります。

まずは「IT」を知ることです。

「己を知り、相手を知れば・・・百戦!危うからず」です。