ニーズ沿ったコンテンツをつくろう。
ニーズ沿ったコンテンツ

今回のタイトルは「ニーズ沿ったコンテンツをつくろう」ですが、ニーズとは、検索者・読者・ユーザーといったマーケティング用語ではペルソナのことです。・・・勿論、検索キーワード対策での上位表示も重要です。また、ニーズ沿ったとは検索意図のことです。


無論、Webコンテンツやブログを制作する場合には戦略としてアクセス数(集客)の流入見込みを把握することも大切ですが、検索エンジンへの施策(SEO)も必要です。 競合するライバルや企業のことより、検索クエリを想像・分析して自社または自分(個人)のコンテンツを作成してください。


Webコンテンツを活用して、お金を稼ぐには目的はどうあれ、検索順位が上位でなければ、僅かな金額しか稼げません。 解説しますが、エンドユーザーや読者や検索者さんは「無料」が好きです。誰でもお金を取られるより、タダでツールが使えたり、タダで物が手に入る方がイイに決まっています。


何らかの企業や商店であれば顧客満足度に繋がる機能や性能を提供することが顧客へのアピールポイントです。が…個人ブロガーが 管理するコンテンツの場合は検索意図に繋がる文章が検索者さんへの最大のアピールポイントです。

ニーズ 沿った コンテンツ

また、検索での上位表示は…精々、、1~2ヶ月で順位が落ちて行きます。この現象は、いわゆる検索アルゴリズムの変化によって起こりますが順位の降順は検索キーワードの組み換えや検索キーワードの文字数を減らすことで防げることも多々ありますが、諦めも肝心です。


くわえて、検索順位の降順については「アクセス数増やすのは増やすのキーワード見直しだ」で、詳しく解説していますが、基本はGoogle Search Consoleの画面上部にある操作箇所を画像のようにクリックしてください。

ニーズ 沿った コンテンツ

但し、Googleにアナタのコンテンツがindexされるということは、時が経てば落順が待っているということです。…その時は検索キーワードの語句を組み換えや検索キーワードの文字数を減らすことで落順を防ぐ可能性を試して下さい。コンテンツの内容を変更したり、追文章を加えて補足した場合に「Googleハネムーン」という惨事が起こる場合が稀にあります。

ニーズ沿ったコンテンツをつくろう。

【コンテンツ】とはWebなど電子的な手段で公に提供される構成された情報のことです。文章や補足のための画像や表なども含みます。 今、アナタが発表(公開)する【コンテンツ】は以下の条件【ニーズ】(アナタが想定する相手)に当てはまらないと、希望する相手の目には届きません。

  • 検索クエリを想定する
  • 検索意図を理解する
  • 検索キーワードとサジェストワードを想定する
  • 検索エンジン対策の材料(方法と成功)を集める
  • SEOを施した【コンテンツ】を公開する

ニーズ沿ったコンテンツをつくろう。

つまりは、アナタが発表(公開)する【コンテンツ】には、最低限の知識として【コンテンツ】にはSEO対策スキルとサジェストワードを文章に組み入れる構成力が必要なわけです。お節介かもしれませんが、ホワイトハットSEOのスキルは一生アナタの役に立つ「能力」です。 ホワイトハットSEOのスキルをマスターしましょう。

さらに、【コンテンツ】ビジネス(ブロブアフェリエイト)を副業や収入の柱にすべく、人生設計されて、直ぐにでも稼げるなどどいう都市伝説的幻想は捨ててください。…やはり、巷で囁かれているようにブログアフェリエイトでお金を稼げるようになるには最低限の知識と、文章を書くことに慣れるだけの時間は必要なようです。(他人様が読むに堪える文章が書ける程度) 甘い夢と現実には必ず乖離があります。、、ですから特別に「運」が良ければ、短時間のうちにお金が稼げますが、一般的な人には、時間が必要です。SEO対策スキルとサジェストワードを記事に埋め込むことと、共起語の選定と数も大事です。 普通にブログの勉強して、三年ぐらいしないとSEOスキルは身に付きませんし、「検索上位用ツール」の相場は2万5千円前後しますが、結構…メンドクサイし、効果は期待ハズレです。…やはり、コツコツと勉強するのが最も安全ですし、一生使えるスキルも身につきます。