今更ですが、「アルゴリズム」とは、簡単に言うと「要素」を組み合わせた「計算方法・仕組み・手順」・「演算手順」をパズルの様に組んだプログラムを現したコトバです。つまり、「アルゴリズム」とはエレメントのプログラムです。 googleのアルゴリズムとは検索順位を決定する要素のことを「アルゴリズム」と呼び、アップデートとは、「更新するとか」「新しいものと差し替える」ではなく、その情報や仕組を最新にして改善することを指したコトバです。

SEOをイメージした画像

Googlの土俵でサイトやブログを運営すれば、googleのアルゴリズムのアップデートでアナタサイトやブログ記事の順位が大きく変動する度にアナタはビビり、一喜一憂するのでしょう。検索者が何か疑問や答を探す為にスマホやパソコンでネットやWebをググってもアナタのサイトやブログが圏外に飛ばされていれば検索者に閲覧されることはありません。

Googleのアルゴリズムのアップデートでは、200以上の「要素」(エレメント:検索順位を決定するための因子)を組込み、その仕組みにある「Q&A」の返しで検索順位を判断しているのです。 その判断をする時間は僅か0.5秒だそうです。 

【簡単な例 ・・・その仕組みにある「Q&A」一部】

:キーワードはサイトや記事タイトルに現れているか?それともURLか?

:キーワードの類義語や同義語が文中に含まれているか?

:キーワード同士が隣接して現れるか?

:キーワードが、そのページに何回含まれているか?

:ウェブサイトの品質はスパムでなければ高いのか、低いのか?

:スニペットにキーワードは含まれているか?

 

 

Googleという組織はアルゴリズムのアップデートを頻繁に行い検索者にとって何が重要な評価項目になっているのかを日々探っています。
Googleという会社は、いかなる検索ユーザーにとっても、最も相応しい情報が含まれる文章が有るURLを日々探っています。そして、たどり着いた仕組が「E–A–T」「YMYL」なのです。「E–A–T」「YMYLの詳しい仕組や内容は当ブログの「検索seoでブログ表示で上位になる仕組みとは」に書いてありますので、参考にして下さい。


アルゴリズムというパズル

最近は「脳トレ」などというクイズが流行りのようですが、クイズやパズルゲームは以前から根強く支持されていました。以前からクイズやパズルに似たモノは存在します。古く日本で有名なのは「梵字」を使う「密教」や「陰陽師」で有名な「陰陽道」などですが、共に「ある効果」を得るためには「手順」に従っ方法で念ずるとか腕や手を使って「カタチ」を切るという動作が求められます。また洋の東西を問わず「占い」や「対戦協議」のリバーシや将棋・碁という行為などにも一定の法則と「手順」というモノがあります。現在はパズルとして楽しまれる一定の法則に従った「手順」ですが、パズルを理論的に解くという行為は将棋や囲碁と同じで、一定の法則と「手順」を駆使して正論(勝利)を引き出す。というモノです。 また、アルゴリズムパズルというモノがあり、何度かハリウッド映画(2001年作品ソードフィッシュ)(2016年作品マネーモンスター)にも登場しています。

・ソードフィッシュは天才ハッカーがアルゴリズムパズルを解くが仕掛けられた罠を描いたサスペンスアクション。
・マネーモンスターはアルゴリズム取引の一つ「HFT(高頻度取引)」のバグによる騒動を描いている。

(右)2016年作品マネーモンスター(左)2001年作品ソードフィッシュの画像
ハリウッド映画のポスター(右)2016年作品マネーモンスター(左)2001年作品ソードフィッシュ

googleのアルゴリズムのアップデートては何か知ってる?

というワケで上部に書いたようにgoogleは検索者にとって何が重要な評価項目になっているのかを日々探っています。
Googleという会社は、いかなる検索ユーザーにとっても、最も相応しい情報が含まれる文章が有るURLを日々探っています。
」がgoogleにとってのアルゴリズムのアップデートの理由であり、検索を会社の最重要戦略としているのだから、検索ユーザーに為に検索機能向を目指し、日々アルゴリズムのアップデートを行っているワケです。

しかし、ブログを始めたばかりの初心者で先ずは、検索上位を目指している人にピッタリの方法は「初心者が上位狙いならソースコードとスニペットが重要とは」の記事の中にある「スニペット」が今後のseoでも重要視されていることを知って、「スニペット」の使い方を学んで下さい。

では、googleのアルゴリズムのアップデートがイヤだ!順位を左右されたくない!という人もいると思います、そんな人に向けて方法や思考を書いたのが、当ブログの「snsとブログを使ったおすすめの訴求方法の仕組みがアナタを成功させる」という記事です。

本当に重要なこと(但し、理解するには何度も読む必要アリ)

ここに書かれている内容を理解して実践を繰返せば、殆どの人が、ブログの世界では成功できるでしょう。但し、「本当に内容を理解して実践を繰返せば」ということです。

検索品質評価ガイドライン

 

https://www.irep.co.jp/press/pdf/google_general_guidelines_all.pdf

P17 : 検索品質評価ガイドライン アイレップ私訳版

3.1 Page Quality評価で最も重要な要素

3.2 専門性・権威性・信頼性(E-A-T)の詳細

上の部分のURLをクリックするとgoogleが定めたブログの品質評価ガイドラインのPDFに飛びます。 その17ページ目から始まる「Page Quality評価で最も重要な要素」の部分にブログ記事を書く上で最も大切な項目が記載されています。

 

また、P25 :の具体的なサンプル例の評価で「YLYM」という(E-A-T)の真反対を意味する略字が出てきます。

判っていても検索での上位表示は難しい

ですから、一部の上位ブロガーは毎日のブログ更新するなどという無茶苦茶な行為を平然と行っているかのような事を書きますが、収入が多くあったり、生活するだけの収入が最初から確保できている人であれば、ブログの更新ができるので、普通に職業を持ち、働いていれば、毎日のブログ更新はかなりキビシイか、先ず不可能です。

ブログ記事の「文字数」は本当に決まってませんが、やはり、検索上位になるには4,000文字前後は必要です。ブログ初心者や後発組の人が意味のある誰かの役に立ちそうなブログ記事を1日で書くのは殆ど無理です。ブログ記事の「文字数」は本当に決まってませんが、アメリカ海軍天文台のマスタークロックのWebサイトは関連説明文やリンクも無いシンプルなページで、しかも文字数はたったの254字です。しかし、百個以上のキーワードで検索ランクインし、毎月1000回以上のオーガニックなトラフィックが発生しています。

最もブログ初心者や後発組の人が、心がけねばいけないのが、検索エンジンにクロールされることと、インデックスされることです。
そのためには

Google検索エンジン最適化
スターターガイド(下のリンクカード) を読んで知識とコツを知ることが大切です。


このガイドは当初はグーグルの社内向けに作成したものでしたが、検索エンジ
ン最適化(Search Engine Optimization:SEO)に未だ、馴染みのない
人達やウェブマスターやブログ関連の人達にも役立つのではないかと
公開されるることにしました。
但し、Googleの検索結果で1位になるための秘訣が記載されているわけではありません。
書かれていることを参考にしてクロールされ易く、Googleの検索エンジンにインデックスされ易いサイトを構築することができます。

googleのイメージ画像