さて、今回のタイトルは「家時間が多くなったら収入が増えた」です。コロナ渦のせいで緊急事態宣言の延長が発表されて、誰もが家時間が長くなり…やれ、「巣ごもり」だの「おうち時間」だの「在宅ワーク」だの「ホームワーク」だのと家向き思考がトレンドになって来たようです。
再びの政府発表の緊急事態宣言の影響もあり、外出自粛制限の影響で、SNSやネット
の利用時間は目覚ましく急増し、色々なモノがオンラインへ移行(繋がり・拡がり)ました。
SNSのInstagramでは短尺動画編集機能付きの「ティックトック」や「リール」などは、短尺動画投稿から各ECサイトへ誘導する機能が、アプリのメインユーザインタフェースに追加されるなどで…「情緒&直感的な行動を促すSNS」や「マーケティング4.0」へと進化なのか?解りませんが、変化しています。

家時間増えたら収入に繋がる画像

まぁ~・・、私のような…ある意味「引きこもり」的・・生活な暮らし方をしている人間には、大きな変化はありませんが、私の知人や親類縁者は皆、同様の支出が増えたようです。(食材費・雑費?)しかし、私の後輩「知人」でアフェリエイトブログを始めた奴が【飲む時間】も【遊び】に出る時間も「自宅」で過ごす時間が長くなったせいでしょうか、パソコンのキーボードばかり叩いているせいかブログ記事の文字数が増えて収入が1万円弱程増えたと、喜んだメールが来ました。

っま、棲家での滞在時間の増加に比例して実入りも増えるということは、あまり残業をしない…要は仕事をしない奴ってことがバレバレになったわけで、私が最近カンジる若い世代の人に持つ印象に通じる部分があります。
当ブログでも今後はプログラミングなどのPC言語や関連スキルの習得が生き残るため為の手段として記事にしていますが、スキルを身に付けた資格だけでは社会のスタートラインに立てるというだけです。
どんな分野でも言えることですが、資格より「成果物」の方が人や会社を納得させる「力」になります。
つまり、人は実際に(扱える)モノにしか人は、反応しません。 特に組織や交渉(折衝)事では可視化または空想できることが一番大切で、
「成果物」は次の段階に交渉を繋げれる重要な要素です。

家時間が増えた結果、収入が増えたイメージ画像
高収入を得るプログラマーやエンジニア

私がいた業界では確かに、一握りの人は驚くような高収入を得ているフリーランスなプログラマーやエンジニアが存在しています。
しかし、そのような待遇を得るには「発想力と発言力と人間力」が必要です。
どんな場合でも、率先して仕事を進めれる人は中々、いません。
だから、資格(卒業書)とは、
あくまでも自分という人間が、そのコトについて、関わりが持てる人であることを証明してくれるそれだけのことです。

但し、こう言い切れるには、長年のプロジェクト開発&営業経験が有ればこそです。社会人未経験者や営業経験が無ければ、自分の成果物という発想など浮かぶことも無いでしょう。「夢見る夢雄&夢子ちゅん」的発想が大部分を占める若い世代の人達こそ未来を作る事ができる最も重要なファクターですが、現実の壁は想像以上に厚く高いものです。

社会ではお金を稼げる仕組みや方法は殆どの人が好きですが、殆どの人が、そこに保証を求めて来ます。何故なら失敗は成功の基ではなく、サラリーマンにとって、左遷や窓際族になることを意味するからです。そして、決済権が大きい程…保障範囲も大きくなります。

家時間が多くなったら収入が増えた

「家時間が多くなったら収入が増えた」ようになるには他の人間と同じ様に過ごしたり安心したり、それが当たり前と思っていてはダメです。直ぐに稼げる方法や成功出来る方法は無いことを知るべきです。魔法など存在しません。ブログ記事を書いて収入を得たいのならば、寝る時間を削ってでも読者さんや検索ユーザーさんの役に立ちそうな記事を書くことしか収入が増えていくための道筋はありません。

だから、概要書だの企画書などの「絵に描いた餅」より「そこに有る成果物」つまりは、手で触れて確認できるブツを提示することで誰もが納得する現代的で、最も速く納得させることの出来る方法です。但し、この方法を可能にするには、文頭に書いたように「資格」だけではダメなのです。人は「成果物」があってこそ、聞く耳を持つのです。

お金生まれる仕組みとは、殆どが上記に示した過程があるものです。特にブログでの副業やクラウドファンディングのたぐいは上記のような仕組みが最速でお金が生まれます。何故ならここに書いた仕組は私が経験した真実ですから・・・。

ちなみに、マークアップ言語のhtml5とJavaScriptとCSSだけで作ったアプリのサンプルコードとその動きは「シニア世代と呼ばれる老後にお金を家で作る方法」という当ブログ記事でご覧いただくことが出来ます。

クリックして頂くと、女性のヘアカラーのアプリが出てきましが…現れたアプリはあくまでサンプルの一部であり、あくまでもプロトタイプを急拵えの為に先頭の1番画面以外はバグの嵐になってしまいます。悪しからずm(__)m‥‥というテキストをクリックして頂くとサンプル例がご覧いただけます。

https://www.uncle-blog.com/?p=1666

但し、現在は、どんなアプリを開発しても、デベロッパー登録を個人でも法人でも必ずしなければなりません。アプリストアーに登録するためにはアップル関連のアプリならIOSデベロッパー登録が必要です。アンドロイド関連ならGooglグーグルPlayストアです。登録をするためにはgoogleデベロッパー登録を必ずしなければなりません。登録審査期間は2~3日に掛かりますが、必ずデベロッパー登録を出来る保障は有りませんし、登録には年間で25~100ドル程が必要になります。

個人が簡単にお金を稼げない仕組

現代はあらゆる面に「既得権益」が存在します。個人が自由にお金を稼げるような仕組みはありません。ある意味では安全・安心な仕組みをクリアしなければ「コト」は進まないので、人々の暮らしは安全・安心が担保されている社会構造が当たり前になっています。

しかし、「出る杭は打たれる」ワケですが、商売の基本の一つである、「影響力を持つ人間が推薦する製品や仕組みは支持される(売れる)」という構造は連綿と続きます。…その仕組みを副業に置き換えたアフェリエイトという方法には、「既得権益」などの構造は存在していません。だからこそ、自由で束縛も無く、年齢制限も無い、可能性の大きいアフェリエイトブログは個人が行える最大級の個人事業でしょう。

だからこそ、シニア世代と呼ばれる老後ようになった私のような世間から「ジジイ」「ババア」と呼ばれる人達こそ、行うべき収入を得る方法だと私は思います。検索表示が上位表示になるには「魔法」など無いことや、何事もであり、直ぐには成しえないことを強く知っている世代こそが適任だと私は思っています。