【前書】
ブログ初心者やってしまう間違いではないのですが・・・・。
「心得違い」というべきな行いで、文字を書く時の心理的な姿勢をまとめてみました。ズバリ言えば「それやってると」いつまで経っても上位表示にはありません。ブログ初心者がやってしまう「あるある」をまとめてみました。

ブログ初心者 あるあるのイメージ画像

 

特にブログを副業と捉えて始めた人たちはブログ記事を書いている時間が足りなく1日に2~3時間が精一杯だろうと思われます。 私のようなプ~を除けば殆どの人達はサラリーマンや学生さんでしょう。 なので、2~3時間が1記事のブログを書く時間と考えているように思われます。 2~3時間の執筆時間では精々、2000~2500文字も書ければイイところでしょう。これを1記事のブログ記事として公開していては、何時まで経ってもSEO的には不十分で検索で上位表示されることはありません。
当ブログには決まったブログ記事としての文字数制限は無いと書きましたし、真実であることは確かなのですが、おおよそ3,000文字以上は書かないと上位表示される可能性は低いようです。(一般的には3500文字以上)が上位表示されているようです。 また、ブログ記事のネタも「思い付き」的な内容が多く、これでは各記事どうしの繋がりは薄く、稀薄になってしまいます。 ブログの内部リンクの重要性ですが、特に最近のグーグルは重要視していますが、上のような状態では、どうしても関連性が低い記事が多くなってしまいます。 SEOで内部リンクの無い記事が検索表示で上位になることはありません。

ブログ初心者あるある

つまり、定期的なブログ記事の更新とブログ筆者(管理者情報:プロフィール)の明記は読者&ユーザーに好奇心と安心感を与える大切な要素です。

1・楽して欲望を達成しようとする傾向が目立って来たような気がします。(ブログ記事を書くのに魔法はありません。)

2・訪問者の全員が納得(満足)するような網羅性の高い記事を書くこと。(老若男女を対象にし、ブログはナタだけのモノではない。)

3・思い付きでブログ記事を書くとブログ記事が孤立してしまう場合が多く、内部リンクが繋がらない場合が多く、SEO的には、あまりヨロシクない。

上部に書かれた 1・2・3 の項目は殆どのブログ初心者が陥る思考です。1:は書く事に慣れてくれば殆どのブログ初心者は忘れてしまいます。 2:は「検索クリエ」系の「あるある」ですが、ブログ記事の読者&ユーザーが男女を問わず世代も様々なことを忘れがちですが、今のグーグルのガイドラインは全ての世代を対象に満足感を与えることを推奨しています。 3:はブログ構造の問題ですが、各ブログに一貫した意見の統一を求めています。なのでブログ記事の構造が「蜘蛛の巣」のような繋がりを示す意味でも内部リンクは重要です。

上の欄に書かれた対策が「ブログの更新や記事を書くのが面倒だ」「家で稼ぐ方法」の記事内リンクカードのブログ記事に書かれていますので参考になれば幸いです。

最も重要なブログ記事の各要件を満たす方法は文字数の多さです。

今のグーグルのガイドラインに有るブログ記事の各要件を満たす方法はブログ記事タイトルの内容を満たす事ですが、ブログ記事タイトルに含まれているキーワードと深い関連があります。

それは、ブログ記事タイトルに含まれているキーワードがビックキーワードか複合キーワードによって、網羅すべき内容の項目の多さの違いです。

ビックキーワードの場合はキーワードに含まれる内容と要素が多く、比例して文字数も多くなります。複合キーワードの場合はキーワードに含まれる鍵となる部分が限定的なので、ビックキーワードより、文字を書く(網羅する)範囲が小さくなる分、ブログ初心者向けになります。グーグルは検索意図および意図以上の文章がかかれているブログ記事を上位表示しますが、ブログ初心者の内は複合キーワードで上位表示を狙った方が早くブログを理解できると思います。また、ブログ記事を書く時の執筆者の心得として「検索seoでブログ表示で上位になる仕組みとは」は知っていて損はありません。