アフィリエイト今後は今更、人には聞けません。と思っている人もいると思います。私も同じような気持ちから色々な意見をWebで調べた結果と私の思うところを今回のブログ記事に書こうと思います。

ところで、私のブログ歴は7年目ぐらいで、途中・・ブログを休んだりサイト名を変えたりアフェリエイトはやっていないので信用できない方々も多いと思います。私は多分中級者ぐらいの実力です。この前しらべたら、トップアマチュアクラスでした。GRCで調べた結果のうち公表出来る最低限が下部の画像です。

アフィリエイト 今後のイメージ画像

副業や収入の柱を目指して始めたアフェリエイトブログの今後の動向や展望は誰でも気になりますし、最近は「ブログはオワコン」という噂もチョクチョク聞きます。また、来年2022年からはグーグルがクロームブラウザでのサードパーティクッキーの規制を強化してクッキーの廃止がはじまります。

 Cookie(クッキー)とは以下のようなことを実現するためのプログラムコードです。

▶訪問者がそのページに何度訪問したのか記録して表示をする。
▶通常モード、フレームモードなど、訪問者の好みを記録して次回からの訪問時にその好みのモードで表示する。
▶掲示板やチャットで入力したユーザー名を記録し、次回からの訪問時にユーザー名の入力を省略する機能。
▶ユーザーや訪問者のログインによるセッションを維持する機能。

▶要は自分の名前や好みの嗜好や商品を記憶して再表示する機能。(よくWegサーフィンしてる時の)あるある。・・・かなり、鬱陶しい!

どうして?グーグルがCookieの廃止方向に向かったかというと、アップル社のブラウザであるSafari 11に搭載されたITP(Intelligent Tracking Prevention)という仕組みでサードパーティクッキーが制御されて広告配信が制限されたのが切っ掛けですが、これは今後の経営戦略としてアップルが仕掛けたという噂です。・・そもそもクッキー(HTTP Cookie)とはRFC 6265という文書に定められている「HTTPにおける状態管理の仕組み」です。RFC 6265という文書はhttps://tools.ietf.org/html/rfc6265で公開されています。

アップルが仕掛けたという噂ですが、これに先立ち、ネット業界では個人のプライバシー(個人情報)の侵害か著しく肥大化し、多くの方面から危惧する声が上がっていた。それを切っ掛けに将来の広告収入の戦略を図ったアップルを筆頭にグーグルが追随して2022年からネット業界ではサードパーティクッキーを廃止する方向に舵をきり、これにより「Safari」「Chrome」のブラウザを使っているネットユーザーは徐々にリマーケティング広告の鬱陶しさから解放され、個人情報が守られる様になるという仕組なのですが、結局のところ、「Apple」「Google」がネット世界で生き残るということです。・・ついでに「Apple」と「Google」のブラウザである「Safari」と「Chrome」にはサードパーティクッキーとフィンガープリント(指紋認証)を制限すするITP(Intelligent Tracking Prevention)というというプログラムコードが記載されて広告配信が上手くいかなくなるようです。つまり、ネット広告を出している企業や広告配信を取扱う代理店は売上が下がり、苦しい思いをすると思いきや「Apple」と「Google」はITPや FLoCというAIを用いた技を開発して、今迄の個人にIDを付与するのではなく多数の個人を一括りにしてIDを付与するという方法で個から群にリマーケティング広告を打つことで企業や広告配信を取扱う代理店の不安えお解消するようです。(

アップルが仕掛けたという噂ですが、これに先立ち、ネット業界では個人のプライバシー(個人情報)の侵害か著しく肥大化し、多くの方面から危惧する声が上がっていた。それを切っ掛けに将来の広告収入の戦略を図ったアップルを筆頭にグーグルが追随して2022年からネット業界ではサードパーティクッキーを廃止する方向に舵をきり、これにより「Safari」「Chrome」のブラウザを使っているネットユーザーは徐々にリマーケティング広告の鬱陶しさから解放され、個人情報が守られる様になるという仕組なのですが、結局のところ、「Apple」「Google」がネット世界で生き残るということです。・・ついでに「Apple」と「Google」のブラウザである「Safari」と「Chrome」にはサードパーティクッキーとフィンガープリント(指紋認証)を制限すするITP(Intelligent Tracking Prevention)というというプログラムコードが記載されて広告配信が上手くいかなくなるようです。つまり、ネット広告を出している企業や広告配信を取扱う代理店は売上が下がり、苦しい思いをすると思いきや「Apple」と「Google」はITPや FLoCというAIを用いた技を開発して、今迄の個人にIDを付与するのではなく多数の個人を一括りにしてIDを付与するという方法で個から群にリマーケティング広告を打つことで企業や広告配信を取扱う代理店の不安えお解消するようです。(Google本社の責任者が告白 クッキー代替技術「FLoC」開発の裏側より)

ちなみに、「FLoC」とはFederated Leaning of Cohortsの頭文字を取ったコトバです。

アフェリエイト 今後のイメージ画像

 

アフィリエイトの今後は今更、人には聞けません。

アフィリエイトの今後は上記から予想されるように企業や広告配信を取扱う代理店のような分野では多少、売り上げの下方修正が予想されますが、アフェリエイトを行う個人ブロガーには、あまり影響は無いのでは無いかと思います。何故なら活字が有る限り、活字を読む人達と活字を扱うメディアは存在し続けるからです。人間の意思疎通に活字が利用される以上、アフェリエイトという個人広告は消えることは無く、単に集客方法が変化や枝分かれするだけの事です。アフェリエイトという個人広告の集客方法については当ブログの各記事にも、これからブログの集客方法について皆さんの参考になる様な扱い記事や画像がありますので、良ければ参考にして下さい。

また、「活字媒体は終わった」だの「ブログはオワコン」というように人間の不安心理を煽るような書込みや意見がありますが、実際には「活字媒体」も「ブログ」も市場の拡大を続けています。当ブログの「snsとブログを使ったおすすめの訴求方法の仕組みがアナタを成功させる」では、主要SNSの日本での対象年齢層とおおよその人口数や拡散具合を記載したので皆さんの参考にして下さい。

確かに動画の情報量は多いし、伝達速度も速いですが、詳しく説明できるのは活字です。

動画編集のイメージ画像

以前、私は動画制作のプロドューサーとして活動していた時によく動画の編集作業を経験しましたが、かなり根気と集中力が必要です。その上、汎用の編集ソフトでも使い勝手の良いモノは、それなりの価格がします。因みに、当時は「Abekas」という会社に勤めていた会社が動画編集の為に一式の設備を会社が依頼したそうですが、その料金が3億もしたそうでビビりました。丁度、左の画像のようでした。

私自身が、物事の訴求に一番…最適なのは動画だと思います。・・が、ブログ記事を書いて判ったのが、物事の詳細で丁寧な描写や説明には文字が最適だということです。動画はどうしてもスピーディーでなけれがテンポが間延びしてしまいます。・・その点、文字で物事の訴求や物事の概要を伝えることは、受け手に大変、親切で優しい情報伝達の方法だということです。

アフェリエイ 今後のイメージ画像

 

兎にも角にもアフェリエイトのブログを書くなら基本は「E-A-T」です。

Google検索エンジン最適化スターターガイドを読んで下さい。アフェリエイトで本当に初心者さんや後発組の皆さんは先ず、文字を書くことに熟れる【慣れる】ことが最も大事です。文字を書くことに熟れれば、作業時間も短縮できるし、その分・・余裕が生まれます。そしてアフェリエイトやブログを書く上でGoogleが一番大切にしている要点は【検索seoでブログ表示で上位になる仕組みとは】に書かれている「E-A-T」とYMYLです。これを知らないと ほぼ、上位表示は不可能です。何故なら「E-A-T」とYMYLはGoogleの企業としての基本方針だからです。また、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)に馴染みのない人達や、検索ユーザーや検索エンジンの両方に適したサイトを構築しようとしている執筆者や管理者の方々に役立つ内容が公開されています。
検索エンジン(検索ロボット)からクロールされやすく、グーグルからインデックスされやすいサイトを構築するヒントがGoogle検索エンジン最適化スターターガイドには書いてあります。