記事執筆者のイメージ画像

殆ど趣味で検索順位やseoのことを調べているのですが
グーグルのガイドラインを読むと、「検索キーワード」はもはやグーグルは検索順位の考察対象にはしないと明記しています。 つまり、検索seoは新しい評価方法で運営されているようです。
そこで、ブログの初心者や後発組は新しい評価方法の基準に沿った方法にすべきで
今後に注目すべきはスぺニットと呼ばれる【記事内容の説明文】です。

最近の当ブログ記事で・・・

「副業 ブログの始め方と稼ぎ方」の中のH2タグ見出し、「副業 ブログの稼ぎ方」の文章と「ブログで上位を狙うならスニペットが重要」の中にスぺニット「description」タグのことが詳しく書かれています。

descriptionタグ「スニペット」とは・・

スぺニットを説明した画像


【ブログ初心者・後発組必読】今後のGoogleSEOと検索順位

今後の検索SEOは・・・
スぺニット「description」タグに書かれている内容と記事タイトルの内容が一致していることが重要視されます。
勿論、コンテンツ内容も記事タイトルやスぺニット「description」タグに書かれている内容との整合性が重要です。
そして、
当然、検索キーワードもキーワードに含まれている語句がコンテンツ及び記事タイトルとスぺニット「description」タグにも含まれていることが望ましいようです。

内部対策や勿論、被リンクも重要です。

内部対策で最も重要なのが内部リンクです。
リンクを張るためのは記事の充実が最重要ですが
「魂は細部に宿る」ような記事が全てに出来るワケではありませんので
無駄なリンクや無理なリンクは行うべきではありません。 ですから、集中できる記事にはトコトン細部まで神経(気)を使い良い充実したコンテンツ作りを行って下さい。
そうすれば「被リンク」も徐々に増えてきます。


【まとめ】
今後の検索SEO対策


■:スぺニット「description」タグには細心の配慮をしよう。
■:記事タイトルとコンテンツとスぺニットにかキーワード語句を入れる。
■:内部対策の内部リンクを無駄に張らない。
■:記事コンテンツには、トコトン細部まで神経(気)を使い充実を図る。


【補 足】

スニペットにはリッチスニペットと強調スニペットの3種類がある

■:スニペット(snippet)とは英語で「切れ端」という意味です。
ウエブマーケティングにおいて、検索結果として表示されるページの短い説明文です。
検索エンジンが自動で抽出した情報か、あるいはウェブマスターが設定したmeta descriptionと呼ばれるmetaタグにのある情報が検索表示されます。

■:既に上部画像で示したような一般的なスニペットの他にも、リッチスニペットと強調スニペットと呼ばれるものがあります。
リッチスニペットとは、画像や店舗への他者の評価が示されたスニペットのことです。
レシピやレストランを検索した際に料理の画像やレビューサイトの評価が示されれば、ユーザが内容を理解する助けとなります

■:リッチスニペットが文章だけのスニペットに情報を加えたものであるのに対して
強調スニペットは若干、意味合いが違ます。
それは。ユーザからの質問クエリに対して「具体的な回答」として検索結果の最上部に表示されるというものです。
通常のスニペットがページの内容を説明する文章であるのに対し、強調スニペットは回答形式になっており、それだけで完成した情報だと云えます。


上部の2コのリンクカードはスぺニットの意味と重要性を明記しています。