ブログ アフェリエイト のイメージ画像

NB初心者がブログアフィリエイトや副業でアフィリエイトを始めた人達はPV数やオーガニックKWからの流入や集客が上手く行かずに悩んでいる人が多いと思います。
アフェリエイトを行い収益を上げるにはある程度の知識と経験が必要です。
闇雲に、ただ文章だけを書いても、興味が無い人が読んでくれるハズは無いし、アフィリエイトブログの存在もURLも知りもしません。
だからこそ、ブログ記事を書いて収益が上がる為には何が必要か?を…真剣に考えることが必要です。
そ~です。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」です。 数撃ちゃ当たるとは数が多いほど可能性が高いということです。
また、ブログ記事は更新を続けてこそ…なんぼです。
更新をせず、ただただ記事を上げ続けていては絶対に収益が増えることはありません。
記事を挙げ続けて古い記事を見直して改善した記事を更新することでグーグルは記事の評価を上げてくれます。
また、記事を書くことに時間が掛かり、終には面倒臭いと思うようになった人には
チョ~楽で簡単な記事を書く方法を…この記事を読んだ人だけが知ることができます。まぁ~・・、シンガポールあたりの国で富裕層の間では当たり前ですけど。
それは音声入力という方法ですが、現在の技術の向上が有ればこそです。
では、その方法ですが、下記の通りに「Googleアカウント」を用意して下さい。

当ブログ記事の「ブログの更新や記事を書くのが面倒だ」にもブログの更新が比較的ラクになる方法が書いてありますので参考になれば幸いです。

▶まず、Googleアカウントで任意のアカウントを作る。
▶同じアカウント名で Google アプリの「Keep」をスマホとパソコンにDLする。
▶スマホの「Keep」を起動して思い付いたコトバを音声入力する。
▶音声入力したコトバをスマホの「Keep」画面で確認する。そして、スマホ画面にあった、スマホの「Keep」画面にあるコトバにコトバを付け加えて下さい。
▶そして、パソコンの「Keep」画面でもスマホ画面にあった、スマホの「Keep」を起動して同じコトバがあれば成功です。
▶後は試行錯誤を繰り返して、自分のアプリにして下さい。

後にWindows10に組み込まれている 音声入力 機能を試したのですが、私のように滑舌が悪い方にはオススメできません。 つまりは、コトバから活字への変換時に誤字脱字が多いように私は感じました。

アフィリエイト 知識のイメージ画像

 

【初心者】アフェリエイトブログを行っていて検索順位を上げたいなら、この知識は必ず身に付けよう。

最も大切なことは2020年を境に「検索SEO」対策に若干の変更があったようです。



今解っている検索SEOに必要な知識は以下の通りです。

ネットビジネス初心者が検索順位を上げる為の知識

▶検索KWは必ず記事タイトルに含める。
▶リード文章は900~1,000字にして、必ず検索KW語句を含める。
▶文章は(h2・h3・h4・h5)と見出しを付けて分けて書くようにする。
▶文章の補足としての画像やグラフは著作権フリーのモノを使う。
▶画像やグラフはピクセル数を確認してページの表示速度の負担にならないようにする。(alt=”” には必ず検索KWを含む語句を入れる)
▶内部リンクな必ず貼る。言葉の意味を補足する「ウイキペディア」へのリンクは貼ってもイイ。
▶文字数は3,000字程度が目安です。
▶記事文章には検索KWを含めると共に 検索KW の共起語も含める。
▶「E–A–T」とYMYLを意識する。(この章は2項目とします)
▶スニペット文章には必ず検索KWを含める。
▶記事タイトルで推測できる内容以上の+αな記事で「読者満足度」を高める。

また、「文字数は3,000字程度が目安です。」と書きましたがグーグルのブログ記事では文字数制限はしていませんが、検索上位に表示されるサイト&ブログのほとんどは3,000文字以上書かれていました。(場合よっては1万文字を越している場合もあります。)しかしながら、たったの254文字でグーグルから高い評価を得ているサイトがあります。つまりは、このサイトがユーザー満足度を実現しているということです。当ブログ記事の「googleのアルゴリズムのアップデートとは」で、そのサイトをご覧いただけます。

今の社会ではスマホにより何処でも直ぐに老若男女を問わず誰でもネット検索やSNSが一種の社交場のような新しい情報の発信と獲得の場になっています。 スマートフォン一つ有れば、もはやIT関連の職業でない限り、パソコンなどは所有する必要が無いようです。そして、5Gも売り出し始めて益々、情報伝達の速度は早くなりました。今は、昔のレコードで聞くポップスや歌謡曲や同様の情報も大衆から選別・消費されるような状況が待っているばかりか、その入れ替わるスピードも早くなって来ています。

しかし、本当の情報メディアはある程度の期間は生き残るでしょう。それはプロダクトベースでは無く、コンシューマーインテリジェンスとして尊重され価値有る情報メディアとしてスノッブな人々から支持され、貴重で高価格な価値有るモノとして取引される対象にもなるのでしょう。

生きるスピード自体が早くなり、そんな環境で育った人達がブログ記事を書くのが面倒臭くなり、しまいには止めてしまっては、ブログを書き続けることで生まれる価値が解らないのは当然です。差別的な表現ですが、そんな「ぼんくらアタマ」では頭脳労働は無理ですから、早く止めて正解です。

「E–A–T」やYMYLって何?・・

Googleという会社はblog(ブログコンテンツ)での読者満足度を呼び起こす「E-A-T」を重視しています。
EA-Tとは検索品質評価ガイドラインに登場する用語で、Expertise(専門性) Authoritativeness(権威性) Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。
EA-Tとは 世界的グローバル企業である「Google」が執筆者や管理者が読むべきガイドラインの1ページ目に挙げる重要な blogの要素(核・指針)です!。同様にYMYLは「Your Money or Your Life」の頭文字を取った略語で、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」を表します。
このコンテンツに関連する記事や文章のブログサイトは検索キーワードはグーグルに取り上げられることは無く、表示もされません。

電通DIGTAL(2019年9月版/検索品質評価ガイドライン…翻訳版)

EA-Tを詳しく解説したブログ記事がありますので良ければお読みください。

YMYL に関しては解釈が難しいのですが、 健康、経済的 事柄に関しては・・かなりの権威の裏付けが無い限り、コンテンツとして取り上げることは危険です。 NB初心者さんがネタにするには不適当です、圏外に飛ばされてしまいますので、 ネタにしないことが無難です。 

まぁ~・・、余談ですが、ブログ記事で病気関連や「死」 関連 の ブログ記事 なんて、あまり読む気にもなれません。つまりは、「負」よりも「楽・得」的な内容の記事に惹かれてしまう事が多く、「暇つぶしユーザー」が読むなら、先ず・・ 「楽・得」的な内容の記事に 吸い寄せられるでしょうから、 YMYL は避けるべきです。