結局、ブログは記事タイトルとseoと共起語が集客の数と順位を決める鍵なのです。これを真剣に考えないと、いつまで経っても上位表示は望めません。 「共起語」とは検索キーワードと一緒に使われることが多いコトバで、検索エンジンにブログ記事の内容を伝える手がかりになるコトバです。共起語を使うメリットは、タイトルにも書いているように、サイトやブログコンテンツを検索上位に引き上げる助けが出来るという点です。「共起語」の共起とはキーワードを連想させるコトバを指し、検索キーワードと共に検索キーワードを連想させるコトバのことです。ですから共に起きる語句なのです。

共起語はキーワードと一緒に文中に使われることで検索SEOとしての効果が高く発揮されることは色々なブログに書かれている通りです。
当ブログではキーワードと共起語が一度に探せる「ラッコキーワード」をオススメしますが、上位のブロガーやプロのブロガーさんも「ラッコキーワード」をよく使っているそうです。

ブログ 記事 タイトルのイメージ画像

 

ブログ記事タイトルと検索seoが集客の数と順位を決める鍵です。

ブログ記事のSEO対策は2020年から少し変わったようです。
検索エンジンに対する考え方は、より、タイトル文字とキーワードの関係が重要になり、キーワードの付け方で検索表示の順位 も大きく上下します。

後は当ブログ記事の「【初心者】ブログアフェリエイトを行っていて検索順位を上げたいなら、この知識は必ず身に付けよう。」や「ブログ初心者が検索されるまでの11項目の必須条件と+α」や「検索seoでブログ表示で上位になる仕組みとは」などのコンテンツにも詳しく記載しています。

ブログの記事を更新するときはタイトルは同じ方が良いでしょう。

その考え方を示したブログの記事のタイトルが「ブログの更新や記事を書くのが面倒だ」というコンテンツですが皆さんの参考になれば幸いです。

取り敢えず、このブログ記事はここまでとしますが、後日改めて記事を更新するつもりです。