当ブログでは検索上位表示になるための方法を書いてきましたが、今回は初心者や後発組さんにはチト、ショックかもしれない事実をお伝えします。「オーガニック検索」で読者さんやユーザーさんがサイト&ブログを表示するのは検索順位のトップ5位くらいまでしか目に映らないようです。つまり、ユーザーが確認するWebにあるサイト&ブログは精々、5つということです。Webサイト&ブログの検索者はアルゴリズムアップデートで変化した順位に関係無く、あくまでも検索目的のタイトルに近いサイト&ブログを探し表示します。それはランキングに関係なく検索キーワードという自身の目的を果たすためです。 ですから、検索意図に関係ない項目のタイトルのサイト&ブログには読まれる可能性などありません。

検索  順位のイメージ画像

 

但し、検索者の気まぐれで、原因不明・意味不明なクリックで不要な検索表示をしたりしますが、それは個人の思考や嗜好なので要因は判りません。通常の場合のオーガニック検索作業で計測された結果の項目には検索者の到達率(クリック率)は下記の通りです。この統計は少々古いですが検索表示に関しては、、ある意味では真実をものがたっています。

検索 順位のイメージ画像

このグラフはWebから探し出しました。https://tabibitojin.com/net_business_seo-2/より

画像を見て頂ければ判るのですが、1位と残りの2.3.4.5位との差は明白であり、それ以外の順位のWebサイト&ブログは存在しないのと同じです。ですから「検索SEO対策」のスキルは早く身に付けるべきです。また、Google(クローラーやロボット)に依存しない外部要因(SNS)などからの集客・流入を併せて図るのが集客の仕組みやランキングにはメリットが大きいでしょう。

キーワードの検索順位べつの到達率を知って検索順位を上げる

検索上位になるために検索順位を上げる施策とは

▶検索KWは必ず記事タイトルに含める。
▶記事タイトルに含まれる検索KWは必ず最初のコトバに近いようにする。(左始めなら、なるべく左側に・・・
▶画像や表はピクセル数を確認してページの表示速度の負担にならないようにする。(権威性が必要:alt=”” には必ずKWを含む語句を入れる)
▶内部リンクは必ず貼る。外部リンクは言葉の意味を補足する「ウイキペディア」へのリンクは貼ってもイイ。
▶文字数は3,000字程度が目安です。
▶記事文章には検索KWを含めると共に、必ず見出し(h2 h3 h4)と共起語も含める。
▶「E–A–T」とYMYLを意識する。(2項目分)
▶スニペット文章には必ず検索KWを含める。
▶記事タイトルで推測できる内容以上の+αな記事で「読者満足度」を高める。

 

書いたブログ記事は必ず更新して下さい。その期間は2~3ヶ月に1度が良いでしょう。但し、検索表示の上位のブログ記事を読んで、アナタのブログ記事に足りないと思われる部分をアナタのコトバに変えて追記して下さい。決してコピペはしてはいけません。行えば必ず後々、痛い目をみます。

自分が書いたブログ記事の順位は必ず把握しましょう。最初のうちは圏外ですが、必ず順位が付き、「検索上位になるために検索順位を上げる施策」を行えばサイトコンテンツやブログ記事の順位は上がります。当ブログ記事の数は37記事順位は上がりますが、当ブログ記事の(数えた当時)その内、検索1位は11記事です。残りの12記事は2位から19位で、後の14記事は圏外か順位の後ろの方です。・・が、1位から19位の記事はこのブログ記事に記載した方法でリライトと更新をくりかえしました。

検索上位になるために検索順位を上げる施策とは」の「E–A–T」とYMYLを詳しく説明した記事が「googleの検索seoでブログ表示が上位になる仕組みとは」にしっかりと明記されていますので、よければ参考にして下さい。

この時点この記事の文字数は「1605文字」でした。

検索エンジンのSEOはURLをチェックすることから検索表示の順位対策が始まりますが、本当に大切なことは…やはり、検索者の「満足度」でしょう。検索エンジンのSEO対策は重要であり必要不可欠ですが、最も効果があり、目的の上位表示に影響が出るのはユーザーの「満足度」です。Googleの検索キーワード対策や上位表示のための施策やアクセス数の多さではありません。小手先の方法より複数のユーザーの満足度を優先させ、いつ訪問しても「飽きない」ことが重要です。また、スマホなどのモバイル端末からのアクセスも多くなっている今の傾向ですから各画面のサイズと機能への配慮も大切です。PCのブラウザばかりがアクセス対象者ではないことを把握して下さい。

共起語を沢山入れてみました。

検索キーワードで順位向上や上位表示を狙うSEO対策を取るならキーワードが重要です。Googleの検索エンジンはアルゴリズムのアップデートを日々行います。個人ブロガーが、これに対応するにはGRCやWebにある無料の順位チェックツールなどを使い自分のサイトやブログのWebサイトのURLで、こまめに順位の変化を知っていることが必要です。検索キーワードでユーザーがアナタがタイトル付けたWebサイトにアクセスする事でGoogleの検索エンジンに分析と登録されて上位表示の可能性が生まれ、ランキング入りも夢ではありません。その為にはスマホなどのモバイル機器のブラウザ画面の仕組みや、大きさを理解し、ユーザーフレンドリーなWebサイトの構築は必須ですが、意味や意図が解らないサイト内部の構成や機能は不要です。

検索SEO対策や検索キーワードやWebサイトやブログの内部対策と記事自体の目的や項目と使用する画像やグラフを検討して選定することも大事です。また、一般に公開する前には競合するライバルのサイトやブログの比較や分析と評価も大切です。もし、改善点があればデータを改善し、真似出来る文章があれば、リライトしてGoogleやYahoo!のランキング対象に登録される姿勢も必要です。

検索 順位のイメージ画像

 

上位表示を狙うSEO対策には注意点が多いですが、基本は競合するライバルサイトよりもユーザー満足度を優先したWebサイトを作ることです。社会の傾向と検索ユーザーのコンテンツ満足度を把握して便利で解り易いコンテンツを心掛けて、読者やユーザーに負担や料金が掛からない無料の項目が多いコンテンツを作ることも大切です。

競合するライバルサイトの分析調査には時間が掛かります。合間時間にWebコンテンツを作るのは非常に時間の掛かる作業であり、通常作成とは比べものになりません。作業時間に制限のある法人組織のWebコンテンツ担当者の作りのほうがぶっちゃけラクなはずです。まして、Googleのガイドラインに沿ったコンテンツ作りは余分な気遣いも発生し、気軽なものづくりというワケにはいきません。当ブログ記事「googleの検索seoでブログ表示が上位になる仕組みとはにGoogleのガイドラインが貼ってあります。

ともかく、検索上位とは検索順位が10位までであり、そのカテゴリーの最初ページに登録される意味を持ちます。その効果は物理的なものよりも精神的にメリットが大きく個人ブロガーのモチベーションアップに大きな影響と効力を発揮します。また、そのメリットを計測・測定し、記録することも出来ませんが個人ブロガーの自信に繋がります。

この競合ライバルサイトの分析や調査はWeb業界に有る色々なツールやチェッカーなどの解説テキストなどを読むことで、パソコン(PC)などの扱いの幅も広くなり、色々な管理画面の操作にも応用が利く様になると有料の高価なツールにも対応出来る人になると思います。

文字数は3221文字でした。