株 初心者 のイメージ画像

 

株の初心者さんに注ぎます。欧米の大手テクノロジー企業は、お終いです。とは、情報弱者の方は未だお気づきではないかもしれませんが、グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン などの大手テクノロジー新興企業が反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴されています。私は以前に知ったのですが、WebテクノロジーではCookie(クッキー)という技術があります。判り易く説明するとインターネットの世界では、個人情報・・(データ)(嗜好や趣味)を企業戦略として他のサイトやブラウザでも勝手に共有されています。例えば、そのサイトへ初めての訪問するユーザーの個人情報(データ)は保管されている状態なのです。保管し、マネタイズ化しているのがグーグルやアップルなどアメリカの大手テクノロジー新興企業の仕業で、米国でも個人情報の漏洩問題になり告訴され大きな話題になりました。

ビジネスの初期世界や業界では「情報」は「自由であるべきだ」とする意見が尊重され、「情報」の扱いが今よりもずっと規制が緩やかでした。加えて新しい技術や技術者への投資が盛んな時代があり、今のIT企業やガーファが存在しているのです。

しかし、2019年以降の今後の社会では世界中で個人生活のプライバシーは守られ、企業の独占的な市場への介入は反発を生み、阻止される動きが強くなるようです。そのよいが例が中国の「アリババ」というIT企業がよい例です。アリババは業界のトップになるはずでしたが、中国政府がそれをキラいアリババに介入し、事業を降下させ、企業ランキングを落としました。

何故?このようなことが起きたかと云えば、こんなことは世界では当たり前で、日本という国が特別なのですが、基本はscrap and buildスクラップアンドビルド)なのです。つまりは、既存の体制は壊して新しく作り直すことで、新しい世代が既存の体制を踏襲して、もっと合理的で洗練された体制が生まれるわけです。世界の国では必要に応じてこの様な一つの企業が「一人勝ち」する社会よりも複数の会社が市場を分け合った方が市場競争と進化が広がり易いと考えています。その最たる国がアメリカです。

株 初心者のイメージ画像

 

しかし、ブログというメディアは無くならないでしょう。

何故なら、今やブログというメディアは個人が自由に情報を低単価で発信できる媒体だからです。また個人によってはブログというメディアは備忘録やストレス発散に役立つツールであり、収入を得るのに欠かせないものになっているからです。

しかし、当ブログ記事の「Googleの検索seo対策でブログ順位が上位になるやり方とは」の下部に明記されている部分を把握して守ればほぼ、どんな会社が管理しているブログに検索エンジンにも対応が利きます。

株の初心者に注ぐGAFA(ガーファ)大手テクノロジー企業はお終いです。とは

GAFA(ガーファ)大手テクノロジー企業はお終いです。とは…早くも多くのトレーダー達は先を見ているということです、次の大化けする銘柄探しは始まっています。これからは地球規模でテクノロジーや思考は動きます。分野で考えればエネルギーや、それを消費して需要を呼び起こすものや生存に関わる産業などが次の成長株であり狙い目でしょう。

例えばテスラモーターズは今やアメリカを代表するEV自動車会社ですが、結局EV自動車は大量の電気を消費するわけで、その都度…対価を何処かの電力会社に払わなければなりません。しかし、トヨタ自動車が開発した「MIRAI」という自動車は水素を燃料にして、それを電気に変えて走る。完全自立型の自動車で、車から出るモノは水だけです。地球環境への負担が無く、未来の地球環境を真剣に考えればシフトするのは地球環境に優しい方でしょう。また現代の若い人達に「ビーガン」が多いようですが、この先は動物性たんぱく質が枯渇する可能性も高く、大豆を原料にした人口肉はたんぱく質が豊富です。味や調理法も豊富で作付け面積さえ確保すれば食料の心配は必要ありません。