seo のイメージ画像

 

今回の記事テーマは「google(グーグル)キーワードとサーチseoのセオリー」なのですが、google(グーグル)と云えばGAFA(ガーファ)を思い浮かべてしまいます。
(ガーファ)とは、アメリカ(米国)の主要なT企業であるGoogle(グーグル)・Amazon(アマゾン)・Facebook(フェイスブック)・Apple(アップル)・・4社の頭文字を取った略称です。
この(ガーファ)4社の株価の時価総額と日本の「東証一部の社数は2,170社です。」が、(ガーファ)4社の株価の時価総額は東証一部の社数は2,170社よりも大きいそうです。
ガーファは、アメリカの企業であるGoogle(グーグル)、Amazon(アマゾン)、Facebook(フェイスブック)、Apple(アップル)、4社ですが、この4社にMicrosoftを追加したものとをGAFMA(ガーファム)または(ガフマ)と言われています。

ところで、グーグルの親会社である「アルファベット」の時価総額が初めて1兆ドル(約110兆円)を超えたそうです。アメリカのウォール街ではテクノロジー関連のインターネット株で、グーグルが支配的な地位を強固にしたようだと囁かれています。

と、まぁ~・・私のような庶民には「雲の上」のハナシですが、ブログ運営を行っている上ではグーグルという企業の情報には自然に高い注目と感心が向いてしまいます。また、Webの動画サイトでは(ガーファ)や(ファング)や(ガーファム)などをテーマにインフルエンサーが動画を挙げています。

googleのキーワードとサーチの関係ですが、検索表示で表されるサイトやブログには明確な基準が存在しています。それは、当ブログ記事の「googleのseo対策とは」に書かれているE-A-TYMYLYour Money or Your Life)という略語で、グーグルという企業が決めているブログページの品質の評価基準です。また、セオリー(theory)とは物事の因果関係や法則性を体系的・合理的に説明するための知識・思考・見解、などの意味で用いられ日本語では、理論学説文脈 によっては「~論」などの「○○理論」や「○○の学説」などというふうに用いられることが多いようです。

google のイメージ画像

 

googleのキーワードとサーチいわゆるseoのセオリーとは

検索品質評価ガイドラインに明記されいる内容は、意外な記述ではなくて、良い検索結果をもたらす為には、どのような記事内容が読者が抱えている問題を考えた際に納得できるのか、というような評価方針明記されています。
記事では、検索品質評価ガイドラインから示されるGoogleの意図を要約して、SEO対策にどのように生かして書けばいいのかも解説してます。
ガイドラインの更新があった「場合は更新内容について追記を行っています。定期的に訪れて、どのような更新があるのかもチェックして下さ。

検索品質評価ガイドラインGeneral Guidelines ※英語文書

※英語文書のほうが2020と幾分新しいですが下のアイレップ日本語版と意味はかわりません。

このグーグルの検索品質評価ガイドライン (PDF日本語版)です。

seoのセオリーとは

初心者が身に付けるべきSEOのセオリーは読者や検索クリエの思考を本気で「想像」する。ということです。これはグーグル社という企業に取ってもとなる企業姿勢です。検索行為とは読者やユーザーが抱えている疑問や問題に対して専門性信頼性権威性のある回答やヒントが書いてある文章(理論学説文脈 によっては「~論」などの「○○理論」や「○○の学説」)をサイトやブログから瞬時に見つけて表示することを意味し、システム化することで、今の社会的な地位を築き上げた企業です。

また、サイトやブログを利用して副業や収入を得ることを目指す初心者や後発組の人が、必ず直面する「面倒・時間が無い」という思いからサイトやブログ運営を止めたくなる時に役立つ、「ブログ更新が面倒なときの対処方法」やネットビジネスの必ず身に付ける必要がある「ブログ初心者が検索されるまでの9項目の必須条件と+αと「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。は是非とも呼んで下さい。損をするような情報は記載していません。

と、まぁ~・・ガーファやファングやガーファムは今や世界も企業をリードしていますが、この企業群もアチラ、コチラから公訴を興され、「ヤバい」状況です。これらの企業群も最初の株価が今の400/1というのですか。10万円分も最初に買っておけば「かなり膨らんだ」でしょう。・・てな具合で。そろそろ次のガーファやファングやガーファムの候補企業を探す気配があるようです。ぶっちゃけ、日本の企業の何社かは、その候補に挙がっているというよりもかなり、有力なようです。

っま、日本は先進素材の開発や代替えエネルギーの利用や開発力は凄まじい底力がありますからね。



Google検索で上位表示を目指すSEO対策の重要性は誰もが認識している。検索エンジン最適化は明確で有効な手法です。
しかし、運営するサイトやブログを複数のユーザーや読者から必要とされ、人気の存在にする為にはGoogleの検索で1位や上位に記載されない限りは誰にも認知されず、目的をはたせないようです。
検索エンジン最適化で効果的とされる最適で最大の方法は「E-A-T」と云われる検索品質評価ガイドラインに登場する要点を大量の文章にして記載することです。
しかしながら、ほとんどのネットビジネス初心者や後発組の方はseoの内容やseoのセオリーを知ることも無く運営するサイトやブログの更新に疲れて、止めてしまいます。
更新とは新しいコンテンツを加えるだけではなく、既存の記事やコンテンツをリライトすることも含まれています。
その中には、metaタグやdescriptionの見直しや削除も含まれ、ユーザーのニーズに応える文章の説明が重要です。
更にユーザーや読者が求めるのは、適切な解説と適切な社会状況の判断力やマーケティング力です。 具体的で実行可能な提案力はユーザーからの信頼性を高めます。


GoogleやWebサイトに点在するSNSやユーザーや読者からの好評価や推奨されるような信頼性を得るには、なにはともあれ検索エンジンの最適化(SEO)を行うことが一般的です。
また、上部にも書いてある検索結果で1位や上位に、サイトやブログを表示されなければなりません。 1位や上位に表示されれば、月間のクリック数やPV率やコンバージョン率も上がり、集客数も大きく伸びます。
くわえて、他コンテンツからもチェックや分析され、多数のサイトやブログから興味やライバル視され、非常に注目される可能性が出てきます。
Webサイトの業界で評価される存在になれば企業や他業界からも評価され、具体性ある依頼やメリットのある関係も生まれ、ビジネスに発展したりWebの世界でも影響力が伸び順位がアップします。
ユーザーが関心があるのは、サイトやブログの評判よりも、「如何に」自身が抱えている悩みや問題を解決できる「答」や通じるヒントを明示しているか…です。
その点から「googleのキーワードとサーチいわゆるseoのセオリー」を把握したり「検索クリエ」を考えることは意味があり、一番検討が必要で重視すべき「成功」への手段であり、要素でしょう。
検索エンジン最適化(SEO)こそ「成功」への方法なのです。
アナタのサイトやブログを向上させることができる適切で無料な方法(ホワイトハットSEO)は本当の検索エンジン最適化という作業です。