お金 は 得 られるイネージ画像

 

誰でも収入は年齢性別に関係なく、老若男女 問わず沢山欲しいし、必要に応じて金を得られる(ある)ことにこしたことはありません。 べつに贅沢や他人よりイイ物が欲しいわけでもなく、只…お金を沢山もっていれば何はともあれ安心だと思えるのが、私を含めた多くの人の思いではないでしょうか。私が累計で6年間、費やして知った方法は年齢や性別に関係なく誰でも、お金を得られる方法ですが、意外と簡単な割に、「いいかげん」な人は失敗すると思います。 何故なら、この方法の要所・要所は「いいかげん」な作業では、結局・・徒労に終わる確率が高いからです。 人生を60年以上、経験して得た「教訓」は要(かなめ)と思えるところでは、しっかり作業を行う!・・ということです。

誰でもお金を沢山得られる可能性はあります。ましてや、金額の上限に関係なく融資やカードローンや銀行や金融機関からの借金でもはなく、消費者金融やクレジットカードのローンでもなく、勿論、アルバイトや日雇い仕事でももありません。
審査や審査基準や保証人も収入証明書も信用情報も運転免許証も必要ない方法です。
当然、信用情報とか利用限度額とかは「何だ?それ」です。
つまり、どこかに借入れするのでは無く、自分自身の「思考」だけでお金を稼ぎ出すだけです。

30年前では無理でも日本の現代社会では不可ではなく可能で、負担も少なく法律にも抵触しない方法です。 ましてや、「コロナ渦」や「引きこもり」で、不安を抱えている人こそ、率先して行うべきお金を得る方法です。
使う道具はパソコンでも、安く買える非力なモノでかなわないし、ネットに接続できる環境さえあれば年齢や性別に関係なくリスク無く出来てしまう方法でもあるのです。

お金 は 得 られるイメージ画像

 

ましてや、私も含めて「貧乏人」が成功者に成れる安心んで危険の無い方法がブログ初心者でもできるアフェリエイトという方法です。アフェリエイトはネットビジネスに属しているので、「詐欺」「胡散臭い」と感じる人が多いと思います。
私も数年前まではネットビジネスの情報商材の評価ブログを運営していたのでネットビジネス界の詐欺師の多さは身を持って体験し、知っていますし、詐欺行為は軽蔑しています。
只、アフェリエイトという方法は、広告の世界では当たり前の販売促進方法です。テレビのコマーシャルでは有名人が笑顔で「私も使っています。」的な仕組みがありますが、それを・・もっと一般庶民の方々に詳細な商品情報として伝えて、商品の売上の手数料(インセンティブ)を自分の収入にする・・個人が利益を得る方法です。
この方法は広告業界では一般的ですが、今迄は広告代理店に勤めるクリエイターやコピーライターがする仕事でしたが、インターネットの普及と共にサイトやブログの数も爆発的に膨大になり、従来のようなクリエイターやコピーライターがする仕事も膨大になり、手が回らなくなりました。終いにはサイトやブログの数をこなせなくなり、Web企業のグーグルが代表して、以前は広告代理店のクリエイターやコピーライターがする仕事を一般人でも出来るように門戸を開放した結果が今の状況なのです。

但し、アフェリエイトの方法は簡単でも魔法の様にパっと結果が出ることはありません。

アフィリエイト 成功報酬型広告とは

方法やコツを知れば信じられないような額のお金を稼ぎ出すことも可能です。一般的には多少イイ暮らしが出来る程度の収入は毎月、得られますが、アフェリエイトを続けるには「商い」と同じで、毎日コツコツとアフェリエイトを更新することです。そーして、アフェリエイトを続ければ、約10年程でアフェリエイトを続けているサイトやブログは「資産」に変わります。また、アフェリエイトで検索の上位や1~2位を取れるスキルは「価値あるスキル」として評価され、人脈も自然に増えて行きます。

年齢に関係なく誰でもお金は得られる

上のバックカラーがグレー色の上に書かれているテキストは嘘ではありませんが、ライバルや企業サイトや検索キーワードで「高」が付く検索キーワードを使い勝負したところで適う相手ではありません。そもそもドメインパワーが違いすぎます。「ドメインパワー」とはサイトのURLに含まれる独自ドメインを利用したサイトアドレスを指します。具体的にはドメインの運営連数や被リンク数と検索ロボット(Web Crawler)が収集したデータとインデックスされた情報の数の多さに比例します。ですから、初心者や後発組の人はベテラン運営者や企業サイトの様に財力と人力を備えた同業他社(社)とは勝負にならない場合が殆どです。しかしながら、現在・・個人で活躍しているブロガーさんのはとんどが「諦めない」姿勢を持ち、トライ&エラーを繰り返して、Webサイトやブログを上位表示させる仕組みを身に付けたことでしょう。

お金 は

ブログ停止をしめない為に思考をチェンジしよう。

ブログ更新がウザイとかとダルイと感じる人達の多くは執筆時の作業効率が悪いようです。情報収集に手間ヒマがかかってしまったり、作業に時間を取られてしまうなどで、ブログは「シンドイ」と思うようになり、継続できない人が多いようです。
ブログ記事は、まとめて数日分を一度に書くやり方をお薦めします。 全ての作業を一日で済ませるのではなく、数日毎に、作業を区切って行うことで比較的楽にブログが継続できます。 普段はネタ集めや文章の構成などを考え、週末に一週間分の記事を書いて投稿します。 そこで・・・たとえば、【月曜と火曜はネタ集め(記事タイトルなどを大まかに決めておく)】、【水曜と木曜は文章の構成や見出しと文体の流れを考え】、 そして
【金曜日から週末にかけて一気に記事を書き、投稿する】のです。
今は予約投稿といった機能がブログサービスやWordPressにはありますから、この機能を使って週末に記事を書き上げたブログ記事を一日づつ、予約投稿をして行き、一週間分のブログ記事を毎日投稿しているように図ります。 一日でブログ記事を書き、投稿する作業をその日の内に済ませるというのは大変なことです。が、記事をまとめて書くことで、効率良く簡単にブログの作成や更新が可能になります。

ブログ初心者や後発組ブロガーさんの殆どの人達がブログが上位表示または思い通りの結果や収益が出る前までにブログを止めてしまうようです。主な原因はブログが面倒になったとかネタが尽きたが主なようです。

得 られる

ブログが面倒になった時のブログを早く書く方法

当ブログ記事の中には「ブログの執筆はモバイル機能の音声入力を使って時間短縮しよう。」という私も時々、実践している方法があります。この方法は場所も時間も関係なく思いついたらメモ代わりにスマホに思い付いた内容を記録させることができるので、非常に便利です。しかも、修正や校正も思いのままなのです。

年齢 に 関係 なく 誰 でも お金 は 得 られる

 

しかしながら、サイトやブログの中で表現するコンテンツには暗黙のルールが存在します。しれは、Googleが独自に設けたガイドラインの中にあります。
General Guidelines (Google 品質評価ガイドライン 英語版)
それを翻訳したのが、irepのグーグルの検索品質評価ガイドライン (PDF日本語版)です。
その核になるE–A–TYMYLを詳しく説明したにが当ブログ記事の「googleのseo対策とは」です。後は下部に書かれている各項目の内容を実践すれば、サイトやブログの上位表示は可能です。

▶検索 KW(キーワード語句)は必ず記事タイトルに含める。
▶リード文章は300~8・900字くらいにして、必ずKWを含める。
文章構成は(h2・h3・h4・h5)と見出しを付けて分けて書くようにする。
▶文章の補足としての画像やグラフは著作権フリーのモノを使う。
▶画像やグラフはピクセル数を確認してページの表示速度の負担にならないようにする。
▶内部リンクは必ず貼る。言葉の意味を補足する外部リンク「ウイキペディア」などへのリンクは貼ってもイイ。
▶文字数は3,000字程度が目安だが「網羅性」で多くなるのはかなわない。(2,000)文字程度での検索1位になれる時もある。
▶記事文章には検索KWを含めると共に共起語は必ず含める必要がある。
▶「E–A–T」とYMYLは常に意識する。
▶スニペット文章には必ず検索KWを含める。
▶記事タイトルで推測できる内容以上の+αな記事を書き「読者満足度」を高める。

上に書いた11の項目を詳しく説明していサイトが「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。」です。

ところで、大抵の個人は簡単な収入源として審査が無い、もしくはあまい条件の金融機関やカードローンに融資という借入を申込むか、事後承諾で申し込み、キャッシングという名の借金を借り入れて、状況にもよりますが毎月、金利という利息を負担して企業を養っているのです。

つまり、殆どの利用者、特にクレジットカードなどで決済をしている方々は何処かの金融機関という企業にお金を借りていることを自覚していないのです。
自分で支払いをしている錯覚をしているワケです。


クレジット決済は全国何処からでも申請すれば例えパート労働者や主婦や無職であっても信用情報機関のOKが重視されているので申請がされ、カード決済は通常一般的には銀行口座からの引き落としで済まされるのですが(まぁ~・・ほとんどは富裕層という、お金持ちの場合ですがね)

日本は個人の信用情報が出回っているので、各金融機関や消費者金融へ申し込みを行っても目的の限度を下回る借入れ限度枠が適用された審査結果が明示される場合もあります。


ともかく日本では、個人の信用情報が重視され・・各、金融機関や消費者金融も借り入れの判断や審査では利用者本人の確認も貸付には運転免許証の提示や保証人や何がしかのら証明書類の提出も必要とされます。

また、最近では借入金の手数料という名の負担金は法律で規制され、借入者からの申請や調査申込みがあれば、貸付契約はチェックされて、法定金利以上の利息を金融機関や消費者金融が受け取っている場合は原則、債務整理が行われます。

つまり、法定金利以上の利息を金融機関や消費者金融に債務者が支払っている場合は余分な振込分を計算されて債務者自身にお金が戻って来るようになりました。

ところで、皆さんは「収入」と「所得」の違いを知っていますか?‥私は起業するまでは違いを知りませんでした。会社の当座を作る時に当時の担当者の方に教えていただきました。

【収入】とは

会社から支給される給与(給料)や支払われアルバイト・パートさんへの賃金は【収入】です。  また、個人商店などの店舗などから得た売上げも【収入】になりますが、その収入から直接、住民税を計算することは認められていません。

【所得】とは

【収入】から諸々の必要経費を引いた金額が【所得】になります。【所得】とは【所得】を得る為に何らかの販売物を仕入れたり、販売物を売る為に掛かる人件費などの必要経費を【収入】から引いた残りの金額を【所得】とよびます。なので、住民税の計算は【所得】を基に計算されます。

【収入】【所得】の違いは当ブログ記事の「マイクロ法人を知ってから独立する個人事業主」や「知ってから独立する個人事業主の完璧な税金対策とは【有料級】」の記事の内容に大きな関わりがあります。

また、当ブログ記事の「働かないニートの末路は悲惨しかないゾ!。」にも書きましたが、ブログを利用したアフェリエイトの検索SEO対策としては検索順位で上位表示される可能性が非常に高い【検索SEOで最も大事な項目11+α】を実行すれば貧乏とはサヨナラできるでしょう。しかしながら、それにはドメインパワーが必要です。

当ブログ記事の「オーガニックなキーワードやseo方法で集客するとは」の中の【ドメインパワー とは ネットコンテンツ作りの経験の長さや、ちゃんとした被リンクを獲得しているか否かの実績のことです。】