ブログ 初心者 のイメージ画像 

 

今回のテーマは意外に知らないブログ初心者が知るべきスキル11選とはというタイトルです。

このブログ記事は2021年5月1日に書かれた記事ですが、2022年6月14日にリンク切れの為に更新しましたが、ブログ初心者が知るべきスキルは現在、13+αになっていますが、11選の部分に間違いはありません。

ネット副業でブログ初心者が稼ぐ(収入を得る)為の最低条件はブログのPV数を多く得る必要があるということです。
ブログのPV数が多いということは、ブログに書いてある文章が多くの読者さんやユーザーさんに読んでもらえているということです。
ネット副業でブログ初心者が稼ぐ為には、アフェリエイト手法が用いられますが、ブログというコンテンツの中でアフェリエイトのライティング手法でお金を稼ぐ為にはアフェリエイト手法の分母である読者数・閲覧者(PV数)が大きくなければなりません。 その為にはオーガニック検索で上位表示されることは絶対条件です。

Webサイトやブログがオーガニック検索で上位に表示されるには、幾つかの条件があります。
ブログアフェリエイトの初心者さんや後発組の人は殆ど、その条件を見つける前にウェブサイトやブログの更新などの作業や必要以上に時間掛かる事が面倒くさくなり、サイトやブログの更新を止めてしまいます。
当ブログ記事のブログの更新や記事を書くのが面倒だでは更新作業が面倒では無くなる考え方と、解決に導く方法が書いてあります。
また、ブログ更新が面倒なときの対処方法ブログの執筆はモバイル機能の音声入力を使って時間短縮しよう。にはサイトやブログの更新作業を短時間で済ます為のスマホのアプリケーション「google krrp(音声入力機能)」の使い方や使用するまでの手順を詳しく説明しています。

Webやネットでの副業はブログの初心者でも副業のスキルや経験が無くてもアフィリエイトは誰でも簡単にできる方法であるかのように謳われ、その方法が書籍やネットで気軽で失敗しない方法として公開され販売されています。
やり方(対策)はどうあれ、文章をお金という収益に変える方法であるアフィリエイトの仕組みや方法、スキルなどを発信して読者や初心者ブロガーさんを集め、企業や組織の収入に変えるのは「いかがなものか」と思います。

ブログを利用してお金を得るということはGoogleが定めたルールや検索評価項目に従うということです。
何故ならば、今やGoogleやappleという企業が開発したプログラミングコードやシステムはインターネットの基準であり機能で、Web世界やSNSとかASPを管理運用している最大の技術だからです。
最近では「SDGs」というコトバが独り歩きしているようです。そのせいもあり、Googleもappleも米国では提訴されており、色々と改善の為の改革案を発表していますが、結局はGoogleもappleも業界での座は明け渡さないようです。
その状況を顕著にあらわしているのがCookies(クッキー)というパソコンユーザーの好みを記憶し、そのパソコンのオーナーである、メインユーザーの好みを他サイト間でも、やり取りがスムーズかつ効率的に行えるようなシステムです。
しかしながら、Cookies(クッキー)という機能を開発し、、Web世界に浸透させのはGoogleですから、手を変え品を変え生残りを図っています。

ネット副業でブログ初心者が検索上位になる為の条件11選の方法

▶検索 KW(キーワード語句)は必ず記事タイトルに含める。文字数は27文字迄です。
▶リード文章は900~1,000字にして、必ずKWを含める。
▶文章構成の見出しには(h2・h3・h4・h5)と小見出しを付けて分けて、内容文章は別に書くようにする。
▶文章の補足としての画像やグラフは著作権フリーのモノを使い必ず(alt=””には画像やグラフの説明とKWを入れ、できればKWが良い)。
▶画像やグラフはピクセル数を確認してページの表示速度の負担にならないようにする。モバイルフレンドリーにする。
▶内部リンクは必ず貼る。言葉の意味を補足する外部リンク「ウイキペディア」などへのリンクは貼ってもイイ。
▶ブログの文字数は3,000字程度が目安だが「網羅性」で多くなるのはかなわない。(ブログ文字数に制限は無く、例え250文字程度でタイトル通りなら良い)とグーグルは判断している。▶記事文章には検索KWを含めると共に検索上位を狙うなら、タイトルに合った共起語は必ず含める(必要)がある。
▶「E–A–T」とYMYLは常に意識する。
▶スニペット文章には必ず検索KWを含める。但し、160文字程度にする。
▶記事タイトルで検査クリエが推測できる内容以上の+αな記事を書き「読者満足度」を高める。

それからブログの文字数なのですが、Googleはサイトやブログの文字数に基準を設けていません。
つまり、ブログの文字数に規制は無いというのが本当のところなのですが、実際には検索表示で上位表示される殆どのサイトやブログの文字数はほとんどが3,000文字を超えています。
2022年の初頭に取り壊されましたが、アメリカ海軍The U.S. Naval Observatory (USNO)のWebサイトの文字数はたったの254文字数でした。くわえて、、毎月1,000回以上のオーガニックなトラフィックが発生していました。

で、最もブログにとって大切な「E–A–T」とYMYLなのですが、E–A–T」とは、検索品質評価ガイドラインに登場する用語で、Expertise(専門性) Authoritativeness(権威性) Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。
また、YMYLとはYour Money or Your Lifeの略語で、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」のことです。
このYMYL(Your Money or Your Life)の内容に関連する記事や文章のブログサイトは、ほぼ上位表示されることはありません。

補足として書きますが、リード文章は検索行為をする、ほぼ全てのユーザーが本文を「読む」・「読まない」を決めるために目を通します。1,000文字以内であれば5分程度の時間があれば誰でも簡単に読めます。ですから、「勝負」はリード文章(前書き)と考えた方がPV数に大きく影響します。ですから、(前書き)「掴みはOK」的なキャッチコピーを入れることも大事です。

最も大切な「E–A–T」とYMYLはグーグルの検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)で読むことができますが、全編英語で書いてありましす。この(General Guidelines)を日本語版にしたものが下のリンクカードですが、最も解り易く説明したのがgoogleのseo対策とはです。

検索品質評価ガイドライン

ブログアフェリエイトの手法で報酬を得る行為は楽ではありません。
大抵の人間は挫折して、その可能性を諦めてしまうか、ブログ自体を止めてしまいます。
文章の書き方や集客の方法やツールさえ知らないとか実践経験の無い、ほぼ素人同然の初心者さんに基本的にオススメ出来ないテクニックを複数ほど説明して対価を得る会社や組織や個人が多すぎます。まるで携帯電話会社の販売手口と同じです。

インターネットを利用した世界は本当に詐欺まがいの行為が大手を振って歩いています。
ですから、インターネットを利用する初心者さんや後発組の人は独学で得た知識や理解できたスキルだけで、耳ざわりのイイ言葉や具体的ではない感覚的やイメージ的な「コツ」などは無視してください。
本質的なスキルや文章力とか構成力は基礎が大切です。
本気で成功したい人は疑問もあるでしょうが、1年は執筆に拘ってください。
1年間、継続して悩みつづけれる興味は最終的には問題を解決できる能力が自身に備わっているということです。
色々な経験や失敗を繰り返して改善策や得たノウハウはアナタの「力」そのものです。
プラスにはなってもマイナスになることなどはありません。
ネットビジネスの副業で「魔法」はありません。