さて今回は「html・html5とは」というテーマですが私が知る限り、ブログを介して副業に挑む場合にこれだけは知らないと文章を書くのに時間が掛かったり、無駄な苦労をしなくて済む最低限の知識について説明します。
それがhtml・html5です。
(エイチ・ティー・エム・エル)html・html5とは代表的なマークアップ言語です。
マークアップ言語とは(Markup Language:英) 文章を構造化するための言語です。

記事執筆者のイメージ画像

≪注意≫しかし、HTMLだけがマークアップ言語ではありません。(最下部に記載)


例えば、ソフトウェアにとって単純なテキストデータは文字が端から端まで一列に並んだ文字の1行に過ぎませんが・・
マークアップ言語は文字列の一部を見出しや段落の開始や終了地点を指示し、文字色などの見栄えを設定したりもできてしまいます。
つまりは、 情報をデータの中に埋め込んで、文書のデータにすることができるワケです。


皆さんがPCを利用する時は、何らかのプログラミング言語で作成されたソフトウェアやアプリが必要不可欠です。
このため、「コンピューターで使用する言語」というと全てプログラミング言語・・・
であるかのように誤解をしている人達が沢山おみえのようです。



html・html5を含むプログラミング言語とは

これは、私が感じた、あくまでもこれまでの経験上の意見です。

html・html5CSSなどのマークアップ言語を判っていればプログラミング言語で組み込み機器や処理速度が求められるシステムに利用されることが多い下に書いた
C/C++PHPJavaScriptは解析できるし、SQLC#PHPなどは。ある程度は理解できます。
それに今、人気のあるPythonなどは機械学習や計算処理などのライブラリーやフレームワークが豊富に用意されているので独学には有利です。
独学するにもプログラミングスクールに通うも、それなりに参考書籍代は結構必要ですが、プログラマーやエンジニアやSEを目指さないんであれば私は独学で十分だと思います。プログラミングスクールの費用は無駄で、少し高いように思えてしまいます。(っま、知ってしまえば・・こそですが。)
何故なら、一度、ITの裏側を知れば言語の勉強は一生付いて回ります。
それに、独立したくなるほど自分の時間を社員という立場でははもてませんからね。(社員は死ぬほど忙しいい)ですし、休日返上はザラです。
余談ですが・・・お金よりも自由の方が大切です。

プログラマーやエンジニアやSEはカッコイイ

やはり、IT関連の職業…特にプログラマーやエンジニアやSEの名刺はカッコイイです。
ちょっとハイソな立場や気分を味わえますが、精々・・入社1ヶ月後にはタフな人間以外はボロボロになります。
「出社拒否」や「鬱」などは当たり前です。
そりゃ~・・大手一流企業に入れればラッキーですが・・・私の知っている渋谷の駅前でドカンと構えていた会社の従業員の皆さんは、若いくせに、何か汗臭く・・・ヲタク臭がプンプンでした。っま、若い人達(20歳代中頃まで)では自分の「姿」など想像しないし、その余裕も無いでしょうから。 
まぁ~・・、無理もないハナシです。


プログラミングコードを知りたいなら、クリックした先に記載されている本が役に立ちます。



独学で勉強してみようかなという方へ



マークアップ言語の種類と特徴

SGML
SGML(Standard Generalized Markup Language)は、印刷で使用される組版文書のやり取りを便利にするために作られた言語です。
SGMLは、各種マニュアルなどを電子化する為に役立ち、マークアップ言語の基礎を築きました。
しかし、構造が複雑であり、またインターネット上でそのまま利用するには不自由な部分も多いことから、インターネットに特化したマークアップ言語が必要とされるようになりました。
その結果誕生したのが後述するHTMLです。


XML
HTMLと並んで、今日世界中で広く利用されているマークアップ言語です。
ベースはSGMLですが、インターネットを経由して複数のアプリケーション間でデータをやり取りするのに適した構造を持っています。
このため、膨大なコンテンツの中から一定のルールに基づいて情報を抽出したり、複数のWebサービスを組み合わせたアプリを制作したりする際に非常に便利です。


XHTML
「Extensible HyperText Markup Language」の略語です。
HTMLとXMLの中間的な性質を持ちながらXMLの文法に従うという特徴があります。
XMLのメリットであるモジュール化が可能なため、HTMLよりも拡張性が高いというメリットがあります。
また、MathMLやSVGといったXML文書を埋め込むことも可能となっています。
但し、HTMLに比べて文法がきっちりと厳密である点では注意が必要です。


HTML5
HTMLで実に14年ぶりの仕様改訂となったのが「HTML5」です。
この間にWeb技術は長足の進歩を遂げました。
今ではインターネットは世界的に欠かせない情報インフラに成長しました。
インターネットの利用方にも大きな変化があり、映像や動画コンテンツ、データベースなどと連動した動的ページの需要が高まり、これらの機能をブラウザの拡張機能に頼らずHTMLのみで供給できる仕組みも今では普通です。


今後の世界は未来がそこまで来ている

5Gや6Gがこれからの流れでは当然、拡大され、一般的広がることが予想されます。
そのプラットフォームであるスマホやタブレット端末の主要な言語がHTML5やJavaScriptやCSSです


HTML5やJavaScriptやCSSは独学でも十分に習得が可能な技術です。これは私の経験からくる助言ですがHTML5やJavaScriptやCSSの技術は、依頼企業への営業は
大手も個人ベースの零細中小企業もフリーランスの提案でも内容やそれに掛かる個人エンジニアの負担は同じです。
提案される側は営業担当者が誰であろうとかまいませんが、一貫して同じ人間だと非常に安心します。
まして、営業担当者がエンジニアであれば、レスポンスが早いので喜びます。
プラスして、その営業担当者がエンジニアでフリーランサーであれは、製作費が低く抑えられると考え、もっと喜びます。
但し、提案することは大手企業にならぶような仕様でなければいけません。
っま、大手企業もフリーランスの個人営業の提案も、開発を担当するのは、最終的には一人の人間が責任を負うワケです。


だからこそ、HTML・HTML5やJavaScriptやCSSなどの基本が重要なのです。
基本さえ、しっかりマスターすれは、後は「野となれ山となれ」です。
プログラミング関連のスクールに通うか、独学を貫こうが、それは自由です。

当ブログでも記事で、「オックスフォード大学も認定した10年後(未来)の職業とは?」の中で取り上げていました、近い将来に生き残れる資格として将来性を感じる資格や経験がWebサイト・Webサービスの開発です。
というワケで、Webサイト・Webサービスの開発について学んでみたいという方もいらっしゃるでしょう。

当ブログはプログラミングスクールを否定するものではありません。 私はたまたま、独学でやって来ましたが、孤独は辛いです。・・もし、スクール出身で、相談できる人間がいれば、どんなに良かっただろうと思います。