私が知っている、IT(it)エンジニアとは、ズバリ!仕事の出来る人のことです。
現実社会では、プログラミングスクールを出た新人など、何の戦力にもなりません。
言ってみれば、但の「お荷物」です。
私が名刺に「Webエンジニア」という専門職名を入れた最大の理由は仕事を早く済ます為にはクライアントの希望と指示を一元管理でき、クライアント側の担当者との打ち合わせがスムーズで余計な情報が入らないからです。
勿論そうなれば仕事量は5倍ぐらい増えますが、一つの案件に対して責任が持て、案件の管理もスムーズですし、報酬額も大きくなります。


若いシステムエンジニア(SE)は知識としての方法や仕事内容の流れは理解しているのでしょうが、ベテランが経験で得た要領には敵いません。
確かに日を増す毎に、多くの職種で専門性の知識を持つ技術者をWeb業界は必要とします。
また、プログラミングの世界は仕事内容が多岐に渡り専門的なスキルも当たり前のように要求されます。


コンピューターを扱うIT系の仕事は最初のうちは引く手あまたの成長産業でしたが、「平成」時代に入ると業界は様変わりしてしまい、ブラック企業が蔓延る荒んだ業界へと様変わりしました。 私も起業して、利益率中心の企業姿勢になり、パソコンスクールの運営やシステム開発など、利益率の高い業務を好んで事業化していきました。
しまいには精神に障害を持つ方々にコンピューターの操作スキルを教えると日本のお役所から補助金が交付される制度まで業務範囲に入っていました。


と、まぁ~・・多数の要望に応えるビジネスを展開している時に頭がパンクして社会と会社からリタイアしたのですが最近の社会や会社の有り様に触れるとオジサンである私は少々困惑してしまいます。
そのイイ例が、当ブログ記事の「好きを人質に取る社会とは」に書いた内容です。


「好き」を人質に取るとは、言い換えれば「足元を見る」とか「人の弱みに付け込む」という強者が弱者から○○を搾取する方法をオブラートで包んでぼやかした「料金」のことを示しています。法外な金額を当たり前のように装うには、少々知恵が必要ですが今の社会では上記のような行為が当たり前の行為となり、売り手も買い手も、それが普通の行為として受け止められているようです。(何都!格好いいスーツを着た貧乏人が多いことか。外見ばかり装う若い人が多いのにはガッカリします。)

https://www.uncle-blog.com/?p=5134

当ブログの記事に「プログラミングスクールの闇でドツボにハマるという記事がありますが、簡単に言えば、スクール側の人間と受講側の人間との知識とスキルの違いから生まれる思考の違いです。
各プログラミングスクールには、よく謳い文句に「マンツーマン指導でよく解る」などと謳っていますが、特にマンツーマン指導の場合にはよく誤解が生まれるようです。受講生はずっと一緒の先生が指導してくれると思いがちですが、先生となるスクール側の人間は殆ど、クライアントや企業プロジェクトを抱えた現役です。また、出向などの仕事で急な展開や要請があった場合はサブの先生とバトンタッチするのが当たり前です。そして、そんな展開をいちいち、受講生に説明する義務もありません。
殆どのプログラミングスクールでは最初から勉強する言語は決まっているのです。受講生が他言語のスキルを必要としても他言語を教えることはありません。 つまりは、自分で勉強するほかはないのです。ここに知識とスキルの違いから生まれるプログラミングスクールの闇が生まれるワケです。

私が知っている、IT(it)エンジニアとは、ズバリ!仕事の出来る人こことです。
プログラミングスクールを出た新人など、何の戦力にもなりません。
言ってみれば、但の「お荷物」です。
私が名刺に「IT(Web)エンジニア」という役職名を入れた最大の理由は仕事を早く済ます為にはクライアントの希望と指示を一元管理でき、クライアント側の担当者との打ち合わせがスムーズで余計な情報が入らないからです。
勿論そうなれば仕事量は5倍ぐらい増えますが、一つの案件に対して責任が持て、管理のスムーズですし、報酬額も大きくなります。
若いシステムエンジニアは知識としての方法や仕事内容の流れは理解しているのでしょうが、経験で得た要領には敵いません。
確かに日を増す毎に、多くの職種の専門性がある技術者をWeb業界は必要とします。
また、プログラミングの世界は仕事内容が多岐に渡り専門的なスキルも当たり前のように要求されます。
コンピューターを扱うIT系の仕事は最初のうちは引く手あまたの成長産業でしたが、「平成」時代に入ると業界は様変わりしてしまいブラック企業が蔓延る荒んだ業界へと様変わりしました。
私も起業して、利益率中心の企業姿勢になり、パソコンスクールの運営やシステム開発など、利益率の高い業務を好んで事業化していきました。
しまいには精神に障害を持つ方々にコンピューターの操作スキルを教えると日本のお役所から補助金が交付される制度まで業務範囲に入っていました。
と、まぁ~・・多数の要望き応えるビジネスを展開している時に頭がパンクして社会と会社からリタイアしたのですが最近の社会や会社の有り様に触れるとオジサンである私は少々困惑してしまいます。
しもいい例が当ブログ記事の「好きを人質に取る社会とは」に書いた内容です。
「好き」を人質に取るとは、言い換えれば「足元を見る」とか「人の弱みに付け込む」という強者が弱者から○○を搾取する方法をオブラートで包んでぼやかした「料金」のことを示しています。法外な金額を当たり前のように装うには、少々知恵が必要ですが今の社会では上記のような行為が当たり前の行為となり、売り手も買い手も、それが普通の行為として受け止められているようです。(何都!格好いいスーツを着た貧乏人が多いことか。外見ばかり装う若い人が多いのにはガッカリします。)
当ブログの記事に「プログラミングスクールの闇でドツボにハマるという記事がありますが、簡単に言えば、スクール側の人間と受講側の人間との知識とスキルの違いから生まれる思考の違いです。
各プログラミングスクールには、よく謳い文句に「マンツーマン指導でよく解る」などと謳っていますが、特にマンツーマン指導の場合にはよく誤解が生まれるようです。受講生はずっと一緒の先生が指導してくれると思いがちですが、先生となるスクール側の人間は殆ど、クライアントや企業プロジェクトを抱えた現役です。また、出向などの仕事で急な展開や要請があった場合はサブの先生とバトンタッチするのが当たり前です。そして、そんな展開をいちいち、受講生に説明する義務もありません。
殆どのプログラミングスクールでは最初から勉強する言語は決まっているのです。受講生が他言語のスキルを必要としても他言語を教えることはありません。 つまりは、自分で勉強するほかはないのです。ここに知識とスキルの違いから生まれるプログラミングスクールの闇が生まれるワケです。

求人エージェントと称して転職先や就職先を提案するコンサルタント系の転職エージェントが20代の人や転職先を探す方々に人気があり、重宝されているようですが、これからの時代はもっと自由に生きてもイイのではないかと私は経験を経て思うようになりました。

求人エージェントや転職エージェントは言い換えれば「人材紹介会社」です。本当に自分のしたい事ややりたい仕事が有る人は派遣社員や正社員となって自分の希望する職種を経験して上を目指すのもイイでしょう。しかし、お金や自由を求める未だ若い世代の人にはたとえ失敗しても時間があります。・・正直言って私はデザイン関連とイベント関連と広告関連とIT関連の仕事を学ぶ時間を併せると15年位になりますが、一つの仕事であれがば5~8年も有れば、一人前になれると感じますし、「検索SEO対策」の仕組やその為のスキルを身に付けるだけなら5~6年もあれば十分に人様に教えれるスキルは身に付きます。

これからの日本や時代は「右にならえ」や「何とかなる」や「無能」では人生は悔しいことばかりです。当然ですが、政治や国や他人様はアナタを助けてはくれません。頼りは自分だけです。  ぶっちゃけて云いますが、「検索SEO対策」の仕組や、その為のスキルを身に付けれれば、そこら辺のサラリーマンで新人を経て35歳位までの年齢には、キャッシュで一戸建て住宅なんて簡単に買えてしまいます。

現実は甘くはありませんが、現代はどんな人でもチャンスを掴めるだけの環境があります。但し、自分や人に甘えてばかりの人!はチャンスを作ることも・・気が付かないようです。

プログラミングスクールを出たIT(it)エンジニアとは

プログラミングスクールを出たitエンジニアとは普通はSEになり、各企業や専門系の人材派遣会社に就職するようですが、私が知っている会社のSEの人達は、そこそこの給料のために、新しいプログラムを開発して大きな会社とプログラム使用許諾契約を交わしたようです。プログラムの開発は新人のSEが二人で作り上げたと。その会社の社長さんが自慢気に言っていました。但し、そのプログラムはiOSに特化したプログラムでAndroidのプログラムは私が7年ほど前には開発していました。その会社とはプロの球団も持っているカリスマ経営者が率いる大企業です。

何が云いたいかというと。組織に雇われているエンジニアは、どんなにスゴイ画期的な仕組みを作り上げても、その著作権や製造権は雇われている組織に帰属しているということです。つまり、一旦、組織で働くエンジニアという職業の人間は独立して、個人事業主やマイクロカンパニーを設立して代表にならない限りは、只の労働者でしかありません。

上部にも明記しましたが、《「検索SEO対策」の仕組や、その為のスキルを身に付けれれば、そこら辺のサラリーマンで新人を経て35歳位までの年齢には、キャッシュで一戸建て住宅なんて簡単に買えてしまいます。》や当ブログ記事の「マイクロ法人を知ってから独立する個人事業主」や「知ってから独立する個人事業主の完璧な税金対策とは【有料級】」など、「稼げなくて破綻したらどうしよう」ということへの不安が、転職や今の職場にある不満を我慢して今の仕事を続けることを選ぶことになっている選択肢の少ない人達への提案記事です。

私はもう直ぐ63歳になるジジイで、お金を沢山稼いで、その分…発生する煩わしい物事に関わるより、穏やかで適度に「しやわせ」だと感じる今の生活に満足しているので、あくせく働いて上を目指す生活には「ウンザリ」で、もう前のような生活には戻りたくありません。

お金を稼ぐということ

沢山、お金を稼ぐ人間は3通りタイプがあると思います。一つは仕事として、組織の中でそれなりの立場になり、それなりの報酬を取る人間です。例えば技術者やシステムエンジニアやプログラマーなどのプロジェクトリーダーやチーム長やプロジェクトマネージャーです。また、一方は役員や組織の責任者などの代表です。そして最後の一つは投資化などの資産家です。

資産家を除く残りの2のタイプは厳密には労働者です。何故なら、それなりの報酬を得る為に、何がしかの作業を行い、その対価として、それなりの報酬を得ているからです。

投資家や資産家は自身が保有する金融資産が勝手に稼ぎ、結果的に資産を増やす仕組みですから、明らかに上に挙げた2のタイプとは違い、お金がお金を稼ぐ仕組みです。つまりは、何がしかの作業を行う必要は全くありません。

投資家や資産家になる方法

投資家や資産形成に成るためにはある程度の現金が必要です 。ある程度の現金というのは5万円から20万円程度です。ケチな私は例え1万円でもなくなるのが嫌でたまりません。

ですから、 お金がかからずに現金を作れるアフリエイトブログは私にとっては好都合です。それにコツさえわかってしまえば大きな金額を稼ぐことはそんなに難しいことではありません。 例え何年かかっても SEO の仕組みをか解明して、その仕組みをスキルとして身につければ後は野となれ山となれです。

私は以前の仕事で日本の富裕層を相手に仕事してきました。大手銀行や大手証券会社には富裕層を定義づける定義があります。とりあえず 、それは、億の単位を超える 金融資産を保有していなければお金持ちとは認めてもらえません。ま、大抵は5億円を超えるぐらいの金額の金融資産を指します。 

てな具合で金融資産を持つのは結構、限られた少数の人間です。‥が、優良銘柄の株式投資を繰り返せば、金融資産は勝手に膨らんでくれます。ただそれを何年も繰り返せば気が付くとお金持ちになっているという具合です。

金融資産は勝手に膨らんでくれる生活には・・投資生活とは別に生活に必要なランニングコストやイニシャルコストなどを確保できる マネタイズになる仕組みを持っている必要があります。それが アフリエイトブログです。その生活を長い間、続けるコツは「足るを知る」ことです。本当は「足るを知る者は富む」という中国の賢人【老子】のコトバです。

当ブログ記事に「普通でいる勇気とは」というタイトルの記事がありますが、簡単に内容を説明すれば、適当な収入で満足できる生活こそが「幸福」であるということを説明しています。

金融投資を繰り返しながら人並みな生活を送るにはアフリエイトブログというマネタイズを止めるワケにはいきません。ですから、気が付いたら「お金持ち」になっていたという時の為に私が知った「SEO」の仕組みや効果的な方法のブログ記事、「ブログアフェリエイトで収入を得る為に初心者が身に付けるべき基礎知識。」を当ブログで公開し、検索表示の上位になるには欠かせない「googleのseo対策とは」も公開します。ついでに・・・

E-A-Tとは
検索品質評価ガイドラインに登場する用語で、Expertise(専門性) Authoritativeness(権威性) Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。