記事執筆者のイメージ画像

当ブログでも近い将来に生き残れる資格として将来性を感じる資格や経験がWebサイト・Webサービスの開発、つまりプログラミングやITスキルを身に付けることです。
その為、Webサイト・Webサービスの開発について学んでみたいという方もいらっしゃるでしょう。初心者・後発組の方でコード開発やITスキルの習得は先ず、htmlをマスターしなければプログラミングは習得出来ません。
 というよりもプログラミング言語の習得が早くなります。


しかし、プログラミングの経験が全く無い方や「理数系」は不得意とか、カラダが拒否するという人もいると思います。


改めて、Webについて調べていると、HTML・PHPなどのキーワードが登場します。 では、HTMLとPHPの違いは何なのでしょうか。


そこでこの記事では、気になる「HTML」と「PHP」の違いについて、初心者さんにもわかりやすく解説します。
また、HTMLとPHPの特徴や学習手順についても紹介しますので、Web業界を目指す方はぜひ事前知識としてお読みてください。

先ず、htmlは(英:markup language)マークアップ言語と云い、「タグ<>」で囲む<>を書くことで表現し、構造を指定する言語です。構造を表現する目印の付け方やルールを表現しています。

PHPは他のプログラミング言語と比べると、比較的・・学習が容易です。
また、プログラマーの世界では開発に広く長く使われているので、教本やWeb上に参照できるサイトや情報が豊富にあります。
プログラミング言語としてはルールが緩めで、コードが多少曖昧でもブラウザ上では動作します。
プログラムを学習している初心者にとっては記述したコードが動作する様子が判るのでモチベーションアップに繋がり学習意欲が高まります。

また、PHPはWebサイトの開発に特化したプログラミング言語です。
Webサイトやシステムの開発に便利な機能やツールやフレームワークが豊富ですし、PHP言語を使えば、効率的で早いWebシステムの開発が行えるハズです。


WEBの世界では、よく使われるPHPやHTMLとCSSとJavaScriptというpc言語があります。いったい何が?どう?・・違うのかを記載していきます。
プログラミングの学習を行う前に、この違いを理解するとことは効率が上がります。 是非おさえてください。


Webページをパソコンの画面のブラウザに表示するための基本となる書き方やルールを書くのがhtmlというマークアップ言語です。
しかし、動的な表現はあまり無く「静的なWebページ」を表すのが得意です。
これに対して、パソコンの画面の表現に動きが加わるモノが、「PHP」や「JavaScript」や「CSS」で作られたものが「動的なWebページ」です。


「動的なWebページ」の解り易い例ととしていえるのがTwitterやFacebookなどです。  個々のユーザーや時間によって表示するコンテンツもカスタマイズできます。


さて、HTMLという言語は学習難易度が低く、初心者さんがプログラミング言語を学ぶべきか悩んだ際の、最初のステップにもオススメです。
最初に知っておいてほしいのですが、HTMLはプログラミング言語ではありません。
HTMLはWebページの構成を作るマークアップ言語といいます。
しかし、PHPはプログラミング言語です。

HTMLは、メモ帳とブラウザがあればすぐに学習を始められてしまいます。
メモ帳にHTMLを記述して、ソースコードの最後尾に拡張子の「.html」を付けてファイル名〇〇と書いて保存します。
次にChromeなどのブラウザでファイルをクリックして開けば、HTMLとして打ち込んだ「テキスト」が表示されます。

Webページを作成するためは最初にマークアップ言語でどのようなページであるか「宣言」を記載する必要があります。
「マークアップ」とは印を付けるという意味です。
HTMLタグで印をつけてページを構造化することからHTMLはマークアップ言語と呼ばれます。


HTMLタグは、下記のような機能を持ったタグです。

bタグ➡文字を太字にする時に使う。
imgタグ➡画像を挿入する時に使う。
aタグ➡リンクを設定する時に使う。
HTMLはWebページの骨組みを作る言語です。
HTMLだけでは、ブラウザ上での動的表現ができるWebページは作れないないので覚えておいて下さい。
HTMLはWebサイトの構築に必要で、必須の言語です。
シンプルに文字や画像リンクを表示するだけなら、HTMLのみの知識でも可能です。
但し、装飾や動き(動的表現)を表現するためには、CSSやJavaScriptやPHPも必要です。


知識がなくても学習しやすいマークアップ言語「HTML」の特徴。

上部にも書きましたが。メモ帳にHTMLを記述して、ソースコードの最後尾に拡張子の「.html」を付けてファイル名〇〇と書いて保存します。 しかし、HTMLは記述にミスがあると全く動いでくれないばかりか、表示されないこともあります。
ですので、初心者にとってはメモ帳での本格的なWebサイト製作はハードルが高いでしょう。


また、AtomSublime といったテキストエディタを利用すれば、難易度を下げてWebサイト製作が可能になるので、便利であり、テキストエディタの中には、タグの補完や自分好みのカスタマイズができるなど、幅広い機能を持ったものがあります。フリーテキストエディタ13選!初心者にもオススメです。



PHPの役割と特長

PHPは動的なWebページの製作に使われ、サーバーサイドのデータを利用した機能を開発できるプログラミング言語です。
また、PHPは20年以上の歴史を持つためPHPは多くのエンジニアに利用されてきました。
そのため、書店では有益な情報や解説書が見つけやすいです。またWebをググると有益なサイトも多くあります。
そして、歴史の長さも学びやすいといういわれる理由となっています。
PHPは、プログラムを実行する際には機械語に翻訳するコンパイルという操作が不要なスクリプト言語です。
そのため、プログラムのソースコードを記述したら、すぐ動かせるので開発を早く行えます。


サーバーサイドでのデータ処理が可能です。

ブラウザはユーザーの操作に従って、サーバーにデータを要求して表示します。
PHPはこのデータを提供するサーバーに、どのような種類のデータをどのように返すかといった操作が可能なワケです。
サーバーの中には、データが集まったデータベースがあります。
そのデータベースからPHPで書かれたプログラムコードが必要なデータを取得して、ブラウザ上で表現する時に最適な形に加工を行ってデータをHTMLに渡すといったことをPHPは可能にします。
PHPは、サーバーサイドでのデータ処理を可能にするプログラミング言語です。


JavaScriptとは何か?

多分、多くの人は知らないことですが、デスクトップのパソコンやスマホやスマートテレビや最新型モデルの車に至るまで、ほぼ全てのデバイスにJavaScriptが多く使われています。
私たちがウェブ検索をしたりコンピュータに囲まれた生活を送る上で、誰も気にする事無く物凄く役立っています。
このようにJavaScriptはほぼ、あらゆる場所に浸透していますが、アナタはそれでも・・「JavaScriptとは結局何なのだろう?」と疑問に思うかもしれません。
JavaScriptはユーザー側のWebブラウザと、Webサイトやウェブサービスの相互間のやりとりを、円滑にするために使われています。



【初心者・後発組】プログラミングはhtmlからだ。

プログラミング関連の話題は突っ込み処満載で、これ以上書けば、多分、チンプンカンプンで専門的な内容がワンサカ出て来ることになるので止めておきます。
只、マークアップ言語のhtmlやhtml5は基本中の基本なので、この部分は独学でも十分に理解できます。
独学出身のWebエンジニアだった私が云い切れるのは、此処までです。


しかしながら、いくら未来はプログラミングやITスキルが役に立つとはいえ、若干、年齢が高いミドル世代にはプログラミングは少々、ハードルが高いかもしれません。
そとでハードルがhtml言語ならますたーも可能です。

プログラミング初心者がhtmlyaソースコードを学べる本を紹介します。文化系の方でも解り易い教本です。

ITスキルの基本はhtmlというマークアップ言語が判ってないと何も始まりません。
このWordPressも「PHP」「html」で出来ています。
むしろ、動的表現を必要としないWordPressのブログでは「html」さえマスターしていれば、結構ー、ラクに扱えるのです。