ブラック企業とは、一般的な企業に比べて、極端な長時間勤務やサービス残業(労働)や過剰なノルマなどの他、残業代や給与なの賃金の不払、ハラスメント行為の常態化や横行するなど、コンプライアンス(企業の法令遵守)意識が低く、離職率が高く、若者世代や従業員の「使い捨て」が疑われる企業や組織の総称です。

令和2年版の厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える・・より転載

技術による暮らしの変化
(平成の30年間に、移動通信とインターネットが広く普及した)
平成の30年間の暮らしの変化を技術の面から特徴づけるものとして、携帯電話をはじ
めとする移動通信とインターネットの普及が挙げられる。
移動通信については、1980年代までのポケットベルを中心とした一方向のコミュニ
ケーションの時代から、1990年代に入って携帯電話やPHSが普及し、双方向のコミュニ
ケーションの時代へと移り変わった。その後、携帯電話の小型化、多機能化とともに料金
の低廉化により、普及が進んでいった。
インターネットについては、商業利用が1993(平成5)年に開始されて以降、1995
(平成7)年のMicrosoft社によるWindows95の発売、1999(平成11)年のADSLの
商用化などによって、一般に普及してきた。家庭、個人の生活面で見ると、2人以上世帯
の世帯におけるパソコンの保有割合、個人でみたインターネットの利用状況はいずれも
2000年代後半に7割を超えた(図表1-4-1)。また、こうしたインターネットの普及は高
齢者層においてもみられ、2010年代半ばには65~69歳の約7割、70~79歳の約5割ま
で利用が広がっている(図表1-4-2)。
その後、2010年代に入ってスマートフォンの普及などにより、インターネット利用の
中心はパソコンからモバイル端末へと移行した。また、ソーシャル・ネットワーキング・
サービス(Social Networking Service:SNS)の登場により、コミュニケーション手段
は電話や電子メール以外にも多様化した。これらを支えるのがモバイルネットワークの進
化であり、通信の高速化、大容量化が実現され、動画を含めた様々な情報のやりとりが容
易になっている。

また、「コロナ渦」の影響で個人の働き方も変わって来ています。そのことについては当ブログ記事の「個人のシン働き方改革」のブログ記事の中でも触れていますが、「オックスフォード大学も認定した10年後の未来に無くなる職業とは」の英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン工学部機械学習准教授が考える未来の駆逐される可能性の高い職業など、生活を変化させてしまう未来の雇用形態についで記載します。

精神 衛生

以前に私の会社に、そこそこ出来の良い妻子持ちの男と超大手企業から転職して来た従業員がいました。二人は社内の評判も良く、積極的に営業企画案を出すなどの意識のある将来性の見込みがある職長の座に成りました。‥後から判ったことですが、あるていど自由が利く立場になると会社の指定病院ではなく、二人とも小さな個人開業医の街の病院に通っていたおり、精神内科だったとのことでした。・・・何故か二人か結託して、会社のカードで飲食をしたり、備品を購入して会社に損害と信用失墜という害を齎し、そのことが発覚すると会社を提訴すると社長である私に文書通達してきましたが、非は提訴してきた二人にあるので、顧問弁護士と相関の上、法廷闘争の準備に入りましたが、結果は火を見るよりも明らかで、当然あちら側が敗訴という結果で、余りにも 敗訴 した二人がショぼくれいたので、裁判官の立会の下、損害賠償請求だけの話し合いで双方が解決する段取りにまりました。

二人共に前にいた会社の勤務環境が著しく過酷だったようで、鬱病を患ったようです。どこか精神が病んでいたようで、・・もう、20年以上も前の出来事ですが、未だに 、裁判所 で会った二人の姿が忘れられませんし、会社を提訴した結果は最初から想像がつくはずなのに意味が解りません。ただ悲しい記憶だけが残っています。

その後は私達、夫婦も大病を患い、今では早期リタイア組として、世間の時間の流れや思考とは少し違う流れ方で日々を過ごしていますが、「ストレス」を受けない感じないを合言葉に毎日を過ごしています。

健康

 

ブラック企業で健康を害すより精神衛生を保つ方が大切です

当ブログ記事に「大富豪に成ることや金を得ることは、そんなに重要ですか?というブログ記事がりますが、今の時代や、これから先の時代では従来の価値観や意義が変わり始めています。ぶっちゃけると、法人という存在や税金が有る限り、日本という国は、どうにか成長を続けることが可能です。内需だけで経済収支は維持できるので、何処かの国のように外需に頼る必要はないのです。(そのかわり、国としての成長はしません。)ですから、最悪でも、最終的には国民は国から生活に必要なお金を最低限は支給される仕組は確保されていますが、公表はされません。

てなワケですから、上部にも書いたよように個人の価値観や意義が変わり始めて・・・従来、存在していた「勝組」「仕事に追われるスタイル」はカッコイイわるい・「ゆとり」が無いなどの低評価で、それを提供する側も受け入れる側の人間も社会的には カッコイイわるい 人なのです。

今は正に時代の過渡期なのではないでしょうか?「令和」から未来が始まり、広がり、色々な認識が変わり始めるような雰囲気が世界中から「聞こえて来ます」。私はオッサンですが、暇人なので、社会人の初心者さんや日々忙しく働いている方々よりは情報を早く受け取れるスタンスが整っています。

労働者は会社に月毎に雇われて決まった時間の間だけ労働を提供して社員として守られる社員です

っと、・・考える思考は今では時代おくれです。‥この考え方は、経営側の人間か、古い思考を良しとする生真面目で、思考の堅い古い人間でしょう。柔軟な思考でなければ新しいアイデアや改革・改善は生れることも無く、その組織は衰退弱体化して行くことでしょう。

このブログ記事に述べている対象が10代後半・203代・35歳までの方、限定です。年齢が 35歳 を過ぎると世間の風当たりも強く、成ると同時に一般的にはスキルの獲得は独学の道しか残されていません。かなりの意志の強さがなければ スキルの獲得は 無理です。

また、私は個人でお金を稼ぐ方法についてはアフェリエイトが最適だと信じていますが、魔法の様に簡単で誰でも楽に直ぐ稼げるとは思っていのません。よく、そのようなハナシで広告を出して生徒を募集している方をチラホラ見かけますが、広告を出すことの意味を考えると「多く稼ぐ・利益を上げる」という本質が必ず隠れています。ですので、ホイホイ、無料の勧誘広告の罠にハマって稼げない!詐欺だ!という方もいますが、・・・そんな簡単にお金を稼げるほど世の中は甘くはありません。そんな人は基本的に人生を舐めています。・・と、私は考えています。

ネットビジネス超初心者向けて、アフィリエイトの始め方を簡単に解説します。

【ブログアフィリエイトの始め方】

手順と流れ

独自ドメインを作る(見つける)

レンタルサーバー契約(共用サーバー で十分)

ワードプレス(WordPress)の設定

一般的に云われているブログ記事を100記事程度は書く
※:但し、50記事程度でも良いが、時分が書ける範囲で時間を作って書くことをする。
これは文字や文章を作る事の練習です。
必ず、疑問やHow to?が生れます。

アフェリエイトは最終的には各ASPら提供される広告やテキストリンクを貼るのですが、広告を貼るためには仲介してくれる会社「ASP」にアナタがアフィリエイターとしてのアカウント登録をしなければなりません。・・が、 登録を を断られる事も有りますがクサらずに時間を空けて再度、申請することも大事です。

【アフェリエイトの手法】

アフィリエイト手法には物販系・情報系・アドセンス系・オプトイン系 の手法があります。


集客方法・媒体別

SEO・PPC・YouTube・SNS・ブログ・サイト・メールマガジンなどを利用して集客する。


記事ネタ・内容 別 訴求

トレンドネタ・特化(パワー)・雑記(ニュースのように個別の話題性の大きい記事)